青い青い海

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カスピ海を舞台に、恋と友情が描かれる青春映画。監督は「諜報員」のボリス・バルネット、脚本はクリメンティ・ミンツ、撮影は「国境の町」のミハイル・キリロフ、音楽はS・ポトッキーが担当。

1935年製作/71分/ソ連
原題:U Samovo Sinevo Morya
配給:シネセゾン

ストーリー

大嵐のカスピ海で船が難破し、乗っていた2人の若者、アリョーシャ(ニコライ・クリューチコフ)とユスフ(レフ・スヴェルドリン)は、小島のコルホーズの漁師たちに助けられる。島で働き始めた2人は、美しい娘マーシャ(エレーナ・クジミナ)と出会い、一目惚れしてしまう。2人は恋のライバルとなり、マーシャと話し合おうと海へ出るが、嵐が起こり、大波がマーシャをさらってしまう。彼女の葬式が行われているところへ、生き延びたマーシャが現れる。今度こそはっきりとした答えをもらおうと、2人はマーシャに問うが、彼女の心は太平洋艦隊に勤務している男のものだった。ふられた2人は仲直りし、次の漁場へと去っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る