愛と追憶の日々

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
愛と追憶の日々
16%
45%
31%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

母と娘の30数年間に及ぶ愛情関係を描くドラマ。TV出身で、かつて「結婚ゲーム」(79)を脚色し製作に当ったジェームズ・L・ブルックスが製作・監督・脚本を手掛けている。共同製作者はペニー・フィンケルマンとマーティン・ジュロー。原作はラリー・マクマートリーの同名小説。撮影はアンジェイ・バートコウィアク、音楽はマイケル・ゴア、編集はリチャード・マークスが担当。出演はデブラ・ウィンガー、シャーリー・マクレーン、ジャック・ニコルソン、ジェフ・ダニエルズなど。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

1983年製作/アメリカ
原題:Terms of Endearment
配給:パラマウント映画=CIC

ストーリー

テキサス州ヒューストン。48年、赤ん坊のエマを心配そうにみる母親のオーロラ(シャーリー・マクレーン)。56年、夫が死亡し、心細くなったオーロラはエマのベッドにもぐり込む。64年、隣家に宇宙飛行士のギャレット・ブリードラヴ(ジャック・ニコルソン)が、引越して来た。69年、エマ(デブラ・ウィンガー)は自室で親友のパッツィーと一緒にマリファナをふかしている。明日はエマが結婚する日だ。だがオーロラは娘の夫となるフラップ・ホートン(ジェフ・ダニエルズ)が気にくわない。「大学教師では先が知れている。娘の人生はこれで台なしになってしまう」というのだ。ついにオーロラは結婚式にも出席しなかった。結婚式の翌日、娘にそむかれたという思いのオーロラが、窓から覗くと、隣のギャレットが女をつれて家の中に入って行った。パーティでエマは妊娠したことを告げるが、オーロラは喜ばない。70年、フラップはアイオワ州デ・モインの大学に迎えられることになり、エマはオーロラ、パッツィーに別れを告げる。ヒューストンでは、オーロラがふとしたことから、ギャレットと会話をかわし、昼食に誘われた。78年、エマは3度目の妊娠で家計が苦しくなり、オーロラに少し金を貸してくれないかと頼むが、オーロラは拒否する。5歳になった次男のテディが、パパが帰って来たと告げる。今日も朝帰りだ。図書館でいねむりしたと弁解するフラップに、くってかかるエマ。スーパーのレジで金が足りず、恥かしい思いをしでいるエマに中年男のサム(ジョン・リスゴー)が助け舟を出してくれた。サムは銀行の貸付け係であった。ヒューストンでは、オーロラが8年前の昼食の誘いを受け入れ、デートする。やがて、エマはサムと、オーロラはギャレットと浮気をした。フラップはネブラスカ州リンカーンにあるカーニー州立大の英文学部長の職をオファーされた。エマは大学のキャンパスで、夫が女子大生と親しそうに話をしているのを見て怒りを爆発させ、長男のトミー、次男のテディ、長女のメラニーをつれてオーロラのところへもどった。しかし、夫の電話でエマは帰り、一家はリンカーンに移る。エマは医者の診察を受け、悪性の腫瘍とわかった。パッツィーはエマをニューヨークにつれて行き、ニューヨーク見物をさせた。リンカーンにもどって病院に入るエマ。病状が悪化し、息子2人に別れを告げたエマは、間もなく死亡した。トミー、テディ、メラニーは祖母であるオーロラが育てることになった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第8回 日本アカデミー賞(1985年)

ノミネート

外国作品賞  

第41回 ゴールデングローブ賞(1984年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) シャーリー・マクレーン
最優秀助演男優賞 ジャック・ニコルソン
最優秀脚本賞 ジェームズ・L・ブルックス

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) デブラ・ウィンガー
最優秀監督賞 ジェームズ・L・ブルックス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

Photo:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

0.5邦題は良いのだが

2019年10月11日
PCから投稿

他のでも、愛と青春の旅立ち、みたいに中味が全然違うのでだまされること多いですが、これもそれです。
スカみたいな映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0シャーリー・マクレーン好演。

2019年6月6日
Androidアプリから投稿

シャーリー・マクレーン好演。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0 母娘の電話の声は、あたかも向かい合って話しているように工夫がなさ...

kossyさん
2018年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 母娘の電話の声は、あたかも向かい合って話しているように工夫がなされていないが、それ以外の電話は相手の会話が聞こえない。こんなに些細な演出も母と娘の友達のような関係を表現している。

 俳優がみんな素晴らしかったです。子役ももちろん上手くて、特に次男テディの今にも泣きそうな顔が良かったです。ジョン・リスゴーがデブラ・ウィンガーにキスするシーンだけはイマイチでしたが・・・残念なことに、演技ばかりが目立ってしまって、ストーリーの流れがポンポンと飛んでいたことに多少とまどいが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0後半はめちゃくちゃ良かったけど前半はいかにも女性向け映画といった感...

2018年9月29日
iPhoneアプリから投稿

後半はめちゃくちゃ良かったけど前半はいかにも女性向け映画といった感じだし、ウザいキャラクターばかりで見るのが辛かった。でも後半の良さは前半のおかげの部分もあるのでしょうがないかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る