かもめ食堂

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。監督は、「バーバー吉野」の荻上直子。出演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。「過去のない男」のマルック・ペルトラが共演。

あらすじ

夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた。その日の夕方、サチエは書店のカフェで、難しい顔をして『ムーミン谷の夏まつり』を読んでいる日本人女性ミドリ(片桐はいり)に声をかける。フィンランドは初めてというミドリの話に何かを感じたサチエは、自分の家に泊まるようすすめる。そして、ミドリはかもめ食堂を手伝い始める。ある日、サチエがひとりで店番をしているかもめ食堂に、ひとりの中年男(マルック・ペルトラ)がふらりと入ってきた。訳ありげな佇まいの男は、美味しいコーヒーを入れるコツをサチエに伝授すると、またふらりと出て行く。そんな頃、またひとり、訳ありげな女性、マサコ(もたいまさこ)がヘルシンキのヴァンター空港に降り立った。スーツケースが運ばれてこないために、毎日空港へ確認に行かなければいけないマサコもまた、かもめ食堂を手伝うようになる。かもめ食堂は次第に人気が出はじめ、日々は穏やかに過ぎてゆくのだった。

2005年製作/102分/日本
原題:Kamome Diner
配給:メディア・スーツ

スタッフ・キャスト

監督
脚本
荻上直子
原作
群ようこ
企画
霞澤花子
プロデューサー
前川えんま
天野眞弓
撮影
トゥオモ・ヴィルタネン
美術
アンニカ・ビョルクマン
音楽
近藤達郎
エンディングテーマ
井上陽水
録音
テロ・マルムベリ
照明
ヴィッレ・ペンッティラ
編集
普嶋信一
スタイリスト
掘越絹衣
ヘアメイク
宮崎智子
アソシエイトプロデューサー
森下圭子
ラインプロデューサー
ティーナ・ブッテール
スクリプター
山縣有希子
写真
高橋ヨーコ
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
大島満
石原正康
小室秀一
木幡久美
整音
林大輔
フードスタイリスト
飯島奈美
コミュニケーションデザイン
太田恵美
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5心を整えたいときに見る。

ひかるさん
2019年10月14日
iPhoneアプリから投稿

大きなドラマが起きるわけでもありません。
フィンランドで過ごす日本人女性たちの
日常が描かれているだけです。
しかし流れる空気が優しく、癒されるので
この映画には中毒性がありますね。

普段仕事で忙殺されてる私にとって
彼女たちのフィンランドの暮らしはとても憧れです。
もちろん彼女たちの人生はきっと良いことばかり
では無かったと思うけど、映画では暗い過去や
悪い人が一切映ってこないので、だから見ていて
癒されました。

平和っていいな。ゆっくりとした時間の流れっていいな。

色んなことがある人生で平和だけを求めて生きるのは
難しいことだけど、出会う人との接し方だったり
考え方だったりを変えていって、心の落ち着き
が得られる暮らしを見つけたい。

心を整えたいときに見る、私にとって薬のような映画です。DVDを部屋に飾りたい。笑

ご飯の美味しそうなシーンも魅力です。
ぷりぷりの焼き鮭、生姜焼き、手作りシナモンロール。。。
そして小林聡美さんが握るおにぎりの美味しそうなこと。

ちなみに舞台となっているヘルシンキのかもめ食堂は過去にいったことがあります。とても美味しかったですがおにぎりはなかった気がします。笑

女優さんたちが醸し出す独特なまったりとした空気感も含めて楽しめる映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひかる

4.5ぼーっとしたい。

いつこさん
2019年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

二度目の鑑賞。ヘルシンキという舞台、景色、料理、エンディング、全ていい。ぼーっとするシーン、好きだなぁ。私もしたい。したことないかも?そもそもできる場がないかも?美味しいもの食べて、景色がいいところでぼーっとしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

4.0他人の言葉に耳を貸すのって大事

2019年8月30日
スマートフォンから投稿

幸せ

お客が全然来なくても毎日のお店の準備を丁寧にこなす主人公、立ち居振舞いや言葉の端々で困難な人生を真面目に歩んできた忍耐強い人物なのだとうかがえる
と同時に少し頑固になっている部分もあるのかなと、
主人公の料理を食べてもらいたくて工夫するよう提案した言葉を受け入れてシナモンロールを作ったりおにぎりの具を考えるシーンが良い
最後にお店が繁盛しはじめるのも、
少し心の硬くなった人たちが他人のちょっとしたお節介で少しだけ生きやすくなるような話
ただただリアルなだけでなく、時々不思議なことがおこるのも日本から遠いフィンランドの持つ異国情緒や憧憬と合わさっておとぎ話のような雰囲気を出している
片桐はいりの「トンミヒルトネン」がクセになる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バスト・ラー

5.0咲いたばかりの蓮の花

yonda?さん
2019年8月17日
PCから投稿

笑わせようとしていないような、本気の顔が面白いみたいな笑いがいくつもある。
睨んでくるオバサンが店に入ってコスケンコルヴァを注文し、もたいまさこがそれを受けるシーンが自分の中ではピーク。言葉以外の部分でみせるのでラストまで飽きがこない。

メッセージもいろいろ入ってるけれど全然押し付けがましくないし、人がどうやって生きていくのなんか人それぞれ。考えるな、感じろ。な映画。こんなに良い作品は2作と出来ないと思う。傑作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「かもめ食堂」以外にこんな作品をCheck-inしています。