かもめ食堂

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
25%
53%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。監督は、「バーバー吉野」の荻上直子。出演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。「過去のない男」のマルック・ペルトラが共演。

2005年製作/102分/日本
原題:Kamome Diner
配給:メディア・スーツ

ストーリー

夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた。その日の夕方、サチエは書店のカフェで、難しい顔をして『ムーミン谷の夏まつり』を読んでいる日本人女性ミドリ(片桐はいり)に声をかける。フィンランドは初めてというミドリの話に何かを感じたサチエは、自分の家に泊まるようすすめる。そして、ミドリはかもめ食堂を手伝い始める。ある日、サチエがひとりで店番をしているかもめ食堂に、ひとりの中年男(マルック・ペルトラ)がふらりと入ってきた。訳ありげな佇まいの男は、美味しいコーヒーを入れるコツをサチエに伝授すると、またふらりと出て行く。そんな頃、またひとり、訳ありげな女性、マサコ(もたいまさこ)がヘルシンキのヴァンター空港に降り立った。スーツケースが運ばれてこないために、毎日空港へ確認に行かなければいけないマサコもまた、かもめ食堂を手伝うようになる。かもめ食堂は次第に人気が出はじめ、日々は穏やかに過ぎてゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
荻上直子
原作
群ようこ
企画
霞澤花子
プロデューサー
前川えんま
天野眞弓
撮影
トゥオモ・ヴィルタネン
美術
アンニカ・ビョルクマン
音楽
近藤達郎
エンディングテーマ
井上陽水
録音
テロ・マルムベリ
照明
ヴィッレ・ペンッティラ
編集
普嶋信一
スタイリスト
掘越絹衣
ヘアメイク
宮崎智子
アソシエイトプロデューサー
森下圭子
ラインプロデューサー
ティーナ・ブッテール
スクリプター
山縣有希子
写真
高橋ヨーコ
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
大島満
石原正康
小室秀一
木幡久美
整音
林大輔
フードスタイリスト
飯島奈美
コミュニケーションデザイン
太田恵美
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.545点

2020年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

映画評価:45点

主人公の雰囲気が
まんま小林聡美さん!

もう本当にフィンランドでかもめ食堂やってそうだし、これはドキュメンタリーで良いと思います(笑)

最初は見向きもされなかった店が
主人公の性格やこだわりで
どんどん人が集まってくるというもの

その人柄が商売をする上で
非現実的だけど、とても魅力的だ

不思議な縁って本当にあるけど
その縁は、その人が呼び起こしているんだなぁと
実感しますね

きっとアナタの近くにいる人は
どこかアナタとシンパシーしていたのかも
しれませんよ?

自分も商売をしていますが
色々な人と出合うのって
本当に不思議な縁だと思います

観ていて、気持ち良かった
ありがとうございました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

1.0脳内お花畑映画

2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿

起承転結のないストーリーかつ、主人公がなんの努力もしないのに勝手に幸せな方向に人生が進みお店が成功する幸福宗教に入った映画で、わたしには合わなかった。

ぼーっと映画を見たい人や、ノルウェーの森が好きな人、北欧の家具、食べ物を見たい人、雰囲気で映画を見たい人にはおすすめ

また、俳優さんの小林聡美、片桐はいり、もたいまさこのお三方が個性的で面白味のあるいい演技をなさっていたので、ファンの方は楽しめると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
秋野咲良

5.0とても良かった

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画の良さを伝える語彙能力を持ち合わせてなくて残念。
とりあえず、なんかいい。
空気感や、生き方や、人との関わりや、全てが静かで優しくて凛としていていい。

小林聡美さんを失礼ながら美人な女優さんだと思ったことはなかったのだけれど、
この映画の中の彼女はとても美しい。
真ん中にスーッと一本筋が通った雰囲気が見ていて清々しく
何度もその美しさに目を奪われた。

明日から私も「コピ・ルアック」と唱えてコーヒーを淹れよう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
つぶちょこ

5.0小林聡美が料理しているところが好き!

うさぎさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

サチエは、フィンランドで食堂はじめたが、
お客さんが誰も来ない。
記念すべき第1号のお客さんは、
日本かぶれのフィンランド人の青年だった。

しばらくして、日本から来たミドリと出会い、
一緒に暮らさないかと誘う。
また、しばらくして、
スーツケースをなくしたマサコと出会い、
いつしか、3人でかもめ食堂を切り盛りする。

次第に、地元フィンランド人との
触れ合いもありながら、
少しずつ、お客さんが増えていく。

フィンランドの長閑な風景に癒されます。
キャラの全く違う3人が働く姿もいいですね!

おすすめメニューは、おにぎり!
なんだか食べたくなってきた!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全76件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「かもめ食堂」以外にこんな作品をCheck-inしています。