シナリオライター・松本マリコの課題

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
0%
0%
0%
100%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

30代の駆け出しシナリオライターの女性の悩みや夢を、等身大の感覚で切り取ったヒューマンドラマ。オセロの松嶋尚美が、映画初主演ながら等身大の主人公を好演。監督は、第5回インディーズ・ムービー・フェスティバルでグランプリを受賞した中村拓。

2005年製作/96分/日本
配給:ミューズ・シネマ

ストーリー

横浜の山手に、父親と二人で穏やかに暮らす少し妄想癖のある新人シナリオライターの松本マリコ(松嶋尚美)。このほど初の地上波レギュラードラマとなる『ヨコハマ・チェーンソー』の放映が決まり、それなりに充実した日々を送っているはずなのだが、マリコは何か物足りない。その日、マリコはいつものように行きつけのカフェでシナリオを書き、家にもどってからパソコンを開くと、なんとそれは見知らぬ他人のパソコンだった。カフェでマリコはうっかりして、他人のパソコンを持ってきてしまったのだ。その日から、マリコとそのパソコンの持ち主である見知らぬ相手との、奇妙な関係が始まった。次第にその姿の見えない男に、マリコは少しずつ惹かれていく。そして全ての謎が解き明かされた時、マリコの頬にひとすじの涙が伝うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シナリオライター・松本マリコの課題」以外にこんな作品をCheck-inしています。