同窓會(2004)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「GOING WEST 西へ…」において人間の記憶という問題を提起、「故郷」において高齢者の体力という問題をとりあげ高齢者をテーマにした向井寛監督の3部作最終章。本作「同窓會」では生活をしているなかでの、孤独の感情を埋める”集合”が描かれ、戦後の混乱の中で日本を捨て海外へと渡ったのち、人生の終わりを日本で迎えるため60年ぶりに帰郷した一人の男が、かつての親友と青春の日々を取り戻す旅に出る。

2004年製作/100分/日本
配給:向井プロダクション

ストーリー

親友たちは戦地で散っていったのに自分だけが生き残ってしまった罪悪感から、戦争終結後、逃げるようにペルーへ渡った俊作。そんな俊作が、実に60年ぶりに故郷・鹿児島へ帰ってくる。俊作はかつて旧制高等学校七高ナインで一緒に白球を追いかけていた、同級生の勝洋に再会する。ふらりとさまようように九州を旅する俊作を「一人にしてはいけない」と感じた勝洋は、どこまでも俊作について行こうと決意する。こうして、二人の珍道中が始まった。七高野球部の同窓生たちが二人を捜す中、月光写真家・正子(川原亜矢子)や伊集院(コロッケ)など様々な人々と出会い、生きる喜び、生命の尊さを秀作は全身で感じていく……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る