きょうのできごと a day on the planet

劇場公開日

13%
31%
48%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「GO」「ロックンロールミシン」の行定勲監督が、柴崎友香の同名小説を映画化した青春群像劇。京都の大学院に進学する友人の引越し祝いに集まった仲間たち。その周辺で起きるちょっと奇妙な出来事を通して、日常のかけがえのなさを暖かな眼差しで描く。出演は、「東京マリーゴールド」の田中麗奈、「ジョゼと虎と魚たち」の妻夫木聡をはじめ、伊藤歩、柏原収史、三浦誠己、池脇千鶴ら。

2003年製作/111分/日本
配給:コムストック

ストーリー

深夜、高槻のサービスエリアで休憩する中沢(妻夫木聡)とけいと(伊藤歩)。車の後部座席には中沢の恋人の真紀(田中麗奈)が寝ている。三人は中沢の友達で大学院に入るため京都に移り住んだ正道(柏原収史)の引越し祝いの飲み会のため、京都に行った帰りである。正道の新居は京都の古い町家で、その日の夕方、中沢たちが訪れたときには、同級生の西山(三浦誠己)や坂本(石野敦士)、後輩のかわち(松尾敏伸)らも駆けつけていた。七人はそれぞれの想いを胸に抱えつつも心地よく酔い、自由気ままに楽しい時間を過ごす。真紀は酔ったまま西山のロン毛を短く刈り込み、恋人のいないけいとは中沢に無理を言って呼び出してもらった美青年のかわちにしつこくつきまとう。かたや坂本が見ているテレビに映し出されるのは、ビルの壁と壁の間に挟まった男のニュース。その日の昼間、働いていた賭博喫茶に警察が入ったため窓から逃げようとして失敗したこの男こそ、実は中沢とけいとの幼馴染で中学時代、不良たちの憧れであり二人のヒーローでもあった哲(大倉孝二)その人であった。今や彼の味方はまじめな救助隊員(津田寛治)ひとりのみである。夜の十二時頃、中沢と真紀とけいとが帰ったあと、次にテレビに映し出されたのは、女子高生とサーファーが夕方見つけた座礁クジラ。自分たちの知らない間に世の中でいろいろなできごとが起きていることにあたらめて感慨にふける正道たち。そんな中、酔って寝ていた西山は、起きて初めて散髪を失敗されたことに気づき、かわちに八つ当たりする。気弱なかわちは西山にいじめられながらも、その日の昼間、動物園で怒って去ったままの恋人ちよ(池脇千鶴)のことが気になって仕方がない。他人の目を気にしすぎるが故に街頭アンケートに答えてしまってデートに遅刻しただけでなく、自分を置いて京都に行くと言うかわちに、ちよは腹が立ってならなかった。すっかりみんなのホスト役にまわっていた正道は、やっとなだめた西山に頼まれ、深夜のコンビニに自転車を走らせる。その道中、偶然にも旧友の山田と再会するも、正道の身にアクシデントが……。そして、鴨川のほとり、大阪に住む彼女が正道のケータイを鳴らす。やがて、彼らは導かれるように座礁クジラのいる浜へと集い、同じ朝日を浴びながらちよの元へ走るかわち……。たった一日だけれど、ひとりひとりが胸の中にたくさんの思いを抱え、たくさんのできごとや感情に出会っている。そして夜は更け、また次の日の朝を迎える。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0テレビが情報発信基地

kossyさん
2019年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

  よく出来た群像劇と言えばよいのだろうか。引越し祝いの飲み会のシーンが中心で、誰もが経験していそうなこじんまりとした宴会の雰囲気が心地よい。小さな宴会も終わり、朝が近づいて「さぁドライブに行こう!」なんてノリは自分の大学生活とオーバーラップしてしまい、懐かしさを誘う。

 しかし、これだけ懐かしさを感じさせる良作ながら、心に訴えるものがない。人間関係や一人一人の心の描写が浅いのだろうか。時制を前後させる手法も、今日と明日の境目を描くためのものだとしたら意味がないような気がする。『クジラの島の少女』を観た後のせいもあるが、クジラにがっかり。

・見所は、ケータイ燃やし合戦の末焼け爛れた携帯電話!こんなに強いケータイが欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5スーパー日常

2019年4月27日
iPhoneアプリから投稿

動物園のシーンになって2回目の鑑賞だったことに気づいた…
池脇千鶴が一番輝いてる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
齋藤直紀

5.0超日常感

ankさん
2018年4月17日
Androidアプリから投稿

日常感を求める人にはたまらない。
スリリングを求める人には恐ろしく不向き。

どこかで起こっているひととき。

日常に大きな動きばかりは中々起こらない。
でも、目を凝らしてみると、小さな出来事はたくさん起こっている。それをどう捉えるか。

時間がある時にゆっくり観て、思考をリフレッシュさせたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ank

3.0No.1じゃない人達の一日。

Noriさん
2014年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

原作もそうなんですけど、メインの登場人物達にはスペシャルなことが起こる訳ではない。皆で集まり一夜を過ごし散会する。

本当にささやかな、普通の若者達の日常。
でも、誰の日常にも、それぞれの物語が紡がれていて。

その普通の若者達の物語を観ていると、凡人である自分にも人知れず物語は付随しているんだよなぁ、と思う。

ただただ過ごす日常にある種の尊さを感じる作品。

惜しいのは、言葉(方言)が上滑りな感じがすることかな。
池脇千鶴さんが一番作品にマッチしていたと思います。
オール関西人でキャスティングすれば良かったのに、と少し感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Nori
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「きょうのできごと a day on the planet」以外にこんな作品をCheck-inしています。