man-hole マンホール

劇場公開日

8%
25%
67%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北海道で人気の鈴井貴之が、札幌を舞台に製作した異色のファンタジー・ドラマ。かつて鈴井が主宰していた劇団“オーパーツ”のために書き下ろした戯曲が原案となっている。主演は、地元北海道出身の新人、安田顕。共演に三輪明日美、本田博太郎、北村一輝。

2000年製作/日本
配給:アースライズ

ストーリー

北海道札幌市。17歳の女子高生・希は、同じ高校で教師をしている父と専業主婦の母との3人暮らし。最近は家族の会話もなく、一家の心は離れかけていた。希は両親には内緒で、ススキノにある女子高生専門のコンパニオンクラブでアルバイトしていた。しかし援助交際とは違い、客と一緒に食事して、カラオケに付き合って話をするだけだ。ある日、常連客の妻がコンパニオンクラブに押し掛け、刃傷沙汰を起こしてしまう。それがきっかけで希は勤勉実直な交番巡査の小林と出会う。一方その頃、女子高生たちの間では“夢のマンホール”の噂が広まっていた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5豪華出演陣にびっくり!

2018年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

幸せ

愛知藩士の私も娘を持つ父
心配で仕方ない時もあります
ただね、何の根拠もないんだけど信じている
息子もいますがなぜか娘のことは無条件で信じれるんですよ
何だろね、そりゃ〜バカなことだってやるだろうしつまらない男を好きになるかもしれないけど根本で信じれる
親バカですよ
だからあえてああしろこうしろとも言わない
母親のお腹に宿った時から「個」なのだから
今の時代だからこそできることを自分で進んで行けばいいなってね

この映画を見て驚いたのは出演者の豪華なこと
作られた時は洋ちゃんもヤスケンも全国区じゃないっしょ
ヤスケン若々しい、洋ちゃんはある意味天才なのかも
私の大好きな中本賢さんも出ていたなんて
『下町ロケット』が初共演かと思ったらこんなに前にヤスケンさんお世話になってたんですね〜

色々な人々の苦悩や辛さや軽い生き方や夢や
今の世にも通ずるものがあり見て良かった
我らがMr.鈴井も苦悩して作ったんだろうな〜〜
この映画好きだな〜〜

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カルヴェロ1952ll

3.0北海道発

コウジさん
2015年8月5日
Androidアプリから投稿

北海道発での映画
この時の時代背景などなど色々と感じさせる映画です。
それは現在にも繋がる部分があるなと感じ、親と子の距離感がはかれるいい作品です。
余談ではありますが、完全エキストラで友人も出てます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コウジ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る