浪人街(1957)

劇場公開日

4.00
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

剣の魅力の真髄を描いた山上伊太郎原作の映画化。村上元三と「純情部隊」のマキノ雅弘が共同脚色、同じくマキノ雅弘が監督する剣と情艶の波乱篇。撮影は「おしどりの間」の三村明。主な出演者は、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の近衛十四郎、「大番」の河津清三郎、「海の三等兵」の藤田進、ほかに北上弥太朗、水原真知子、山鳩くるみ、高峰三枝子など。

1957年製作/91分/日本
配給:松竹

ストーリー

人出に賑う浅草で浪人赤牛弥五右衛門は、通り合せた旗本愚連隊小幡伝太夫、弟七郎右門らと衝突したが、土地の用心棒母衣権兵衛の出現でおさまり、その夜居酒屋で浪人荒牧源内と大喧嘩を始めたが再び権兵衛の手で落着する。源内は巾着切りの女房お新に貢がせて放蕩している。赤牛の住む長屋には土居孫八郎という一徹の浪人が帰参を夢みて妹おぶんと暮しているが、帰参に必要な若殿拝領の短刀まで手離す。世をすねた彼は、小幡兄弟の暴力にさらされたおぶんを訳もさかず叩き出してしまう。おぶんは浅草の水茶屋で、お仙の許で働く。その頃、孫八郎の所へ国許から帰参成就の吉報がくる。彼は赤牛に十両の報酬で短刀の探索を頼むが、居合わせた母衣は源内の腰の短刀を思い出して赤牛に告げる。数日後、三社境内で源内と出会った赤牛は好機到来と彼に挑戦し勝負の最中、群衆の中に小幡兄弟を見つけ二人の鉾先は一転、源内はお新を人質に逃亡、赤牛は七郎右門と意気投合し酒の振舞いと仕官の望みにかりたてられ小幡の食客となった。源内をおびき出すため、兄弟は両替商近江屋の献策で、お新を裸にして子恋の森で牛裂きの極刑に処することに決め旗本衆に触れを出すと共に、過日捕えたおぶんを赤牛の言で放免する。決行の当夜、源内は丹前風呂で湯女小芳の苦言もよそに「女に呉れてやる命はないわ」とうそぶいていたが、駈けこんできたおぶんのしらせに決然、「俺のかたみだ!」と例の短刀をおぶんに渡すや、大地を蹴って子恋の森へと急ぐ。お新の危機迫ったとき、源内と孫八郎それに新たに味方する赤石の活躍で見事旗本一味を倒すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る