野獣死すべし(1980/村川透監督)

劇場公開日:

解説

戦地を渡り歩いた通信社の元カメラマンが、翻訳の仕事に身を隠しながら、一匹の野獣となって、管理社会の安穏とした生活に犯罪で挑む姿を描く。原作は大藪春彦の同名の小説で、昭和三十四年に白坂依志夫脚本、須川栄三監督、仲代達矢主演で一度映画化されている。脚本は「翔んだカップル」の丸山昇一、監督は「薔薇の標的(1980)」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。

1980年製作/119分/日本
配給:東映
劇場公開日:1980年10月4日

ストーリー

ある夜、警視庁捜査一課の岡田警部補が殺害され、拳銃が奪われた。数日後、秘密賭博場が襲われ、暴力団三人が射殺され、テラ銭三千万円が奪われた。使われた拳銃は奪われたものだった。伊達邦彦は、通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど血と硝煙の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。戦場でめざめた野獣の血、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主だ。岡田警部補の部下だった柏木は、執念深く事件を追い、長身、ガッチリとし体の男という容疑者像を割り出した。そして、伊達の尾行を始める。柏木の尾行をよそに、伊達はコンサート会場で華田令子に接近したり、優雅な日々を送っている。暫くして、伊達は次の行動に移った。高級宝石店の店員を支払いをするからと銀行に呼び出した。店員が預金カウンターに近づくと、伊達は係の男に、前にいる男に金を渡せと電話をした。係員の防犯の合言葉で、何も知らない宝石店の男は、組み伏せられ、一分三十秒後にパトカーが到着した。これは銀行の防犯体勢を調べる伊達の実験だ。大学の同窓会に出席した伊達は、そこで、自分と同じ野獣の血を感じた真田と出会い、彼を仲間に入れる。伊豆山中での拳銃の練習。真田はアッという間に腕を上げた。同行した恋人、雪絵が邪魔になった真田は、伊達に促され動く標的として、彼女に銃口を向けた。銀行襲撃は決行された。巧妙に逃走する伊達と真田。追う柏木。銀行に居合わせた令子も射殺して、伊達は野獣のみちを突き進んでいく……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)KADOKAWA 1980

映画レビュー

3.0いわくつきのラストシーンだけが。。

2024年4月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

難しい

1976年公開の『犬神家の一族』以降、
当時としては画期的・圧倒的・立体的なメディア戦略で次々とヒット映画と新しいスターを生み出した角川映画。

本作は(同時公開の『ニッポン警視庁の恥といわれた二人刑事珍道中』と併せて)、『復活の日』の後、『スローなブギにしてくれ』の前に公開された。1980年公開となっている。

絶好調の角川映画に乗ろうとしたのか、東映とのタイアップで製作されているが、実質的には角川春樹の一連の作品のひとつであることに変わりはない。

◆角川文庫が推していたハードボイルド作家、大藪春彦
◆本作のために10kg減量+4本抜歯した松田優作
◆「日本映画ではなく『角川映画』だ」の角川春樹

こんな時に限って?、興行的にはコケるんですね笑

ギリギリ1億円プラスと言われているので、たぶん、内情は赤字で終わったのでしょう。

松田優作は、妖気漂う独自の世界を完成の域に近付ける熱演をしたし、
鹿賀丈史も爪痕どころかしっかり記憶に残る迫真の演技を見せた。

ただ、松田優作が提案したとされる、ラストシーンの脚本書き換えによって、コメント不能な作品に仕上がってしまった感は否めない。

作中では、松田優作演じる伊達邦彦は、戦場記者として世界各地で ″地獄″ を見続けたことが示唆され、
予定外に華田令子(演:小林麻美)を殺してしまい、
完全に精神破綻もしくは闇堕ちした伊達邦彦は、現実なのか幻想なのか、演じていた松田優作本人がわからなくなったのかもしれない。

ただ、個人的には、
あのラストは唐突すぎる。
前段になんの伏線もないので、「撮っている最中に、気が変わったのか」くらいしか解釈しようがなかった。

と言いつつも、
松田優作はどこまでもカッコいいので、☆3.0

コメントする 1件)
共感した! 1件)
Haihai

4.5おもしろい

2024年3月24日
iPhoneアプリから投稿

松田優作ももちろんいいけど、室田日出男(a.k.a早川英男)がいい。

豪快に人質も撃ってくのが新鮮。大量虐殺。こんなディア・ハンターみたいな話だったのね〜。1980年の浮かれた東京で戦場PTSDはなかなか目の付け所がよいのでは。

制作角川春樹、プロデューサーは黒澤満。

銀行も窓口にたくさん人がいて余裕のある時代だなあ。この時代の映画はなんとなく底抜けな陽気さといい加減さがあるのがいい。

これ当時ヒットしたのかな??

映画のあと、思わず日比谷公会堂に聖地巡礼しちゃいました。日本橋あたりうろうろしてるのもいいね。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
hyvaayota26

3.0まさに狂気

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
プライア

3.0戦場カメラマン

2023年12月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2023年12月9日
映画 #野獣死すべし(1980年)鑑賞

難解なラストシーンについて、製作の #角川春樹 は激怒し、初日の舞台挨拶後に #松田優作 を拉致して渋谷のガード下に連行するよう、角川書店の武闘派社員2人に命じていたが、劇場内が満員だったと聞いて矛を収め未遂に終わったらしい

角川春樹怖いな

コメントする (0件)
共感した! 1件)
とし
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「野獣死すべし(1980/村川透監督)」以外にこんな作品をCheck-inしています。