マルサの女2

劇場公開日

マルサの女2
10%
33%
52%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マルサ(国税局査察部)の地上げ屋や宗教法人に対する戦いを描く。「マルサの女」シリーズの第二弾で、脚本・監督は同作の伊丹十三、撮影は「いとしのエリー」の前田米造がそれぞれ担当。

1988年製作/127分/日本
原題:A Taxing Woman's Return
配給:東宝

ストーリー

マルサこと国税局査察部査察官・板倉亮子に、東京大学を卒業したばかりという部下がついた。亮子はある地上げ屋の脱税を追求していたが、その裏にはもっと大きな力がうごめいていた。それはヤクザであり、宗教法人であり、さらに大物政治家までもが絡んでいた。宗教法人というのはいくらお金をもうけても税金はかからない。そこに目をつけた悪人たちは、宗教法人を隠れミノに金儲けを企む。亮子たちは地上げ屋を繰る鬼沢鉄平という天の道教団の代表に目をつけ調査を始めるが、なかなかシッポをつかまえることができない。亮子らはあるとき税務署員を装い教団へと潜入するが、教徒らによって追い出されてしまった。地上げ屋のマンションの住人や大衆食堂に対する横暴が続く中で、何億円という巨額な金が動いていた。しかし、亮子たちが証拠をつかもうとすると、次々にトカゲのシッポを切るように人が殺されていく。いよいよ脱税の確信をつかんだ査察部は、天の道教団へ乗り込み、証拠書類を押収。鬼沢鉄平を取り調べまで追い込んだ。しかし、最後まで鬼沢は口を割らず挙句の果てに自ら顔を壁にぶつけて血だらけになりながら、「国税局は納税者を拷問にかけるのか」とすごむ始末。しかし、そんなとき取り調べ室まで狙撃された。鬼沢までトカゲのシッポでしかなかったのか。やがて鬼沢の腹心・猫田が死体となって発見され、鬼沢は身重の愛人と巨額の財産を隠していた自分の墓に逃げ込み高笑いし続ける。鬼沢の地上げした土地ではビルの着工を前に地鎮祭が行われ、鬼沢を背後で操って自らは手を汚すことなく利益を得た大臣・代議士・企業幹部が談笑する。その姿を少数の同僚とともにフェンス越しに隠れて見つめていた亮子は、やりきれなさに唇を噛む。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

ノミネート

監督賞 伊丹十三
脚本賞 伊丹十三
主演女優賞 宮本信子
音楽賞 本多俊之
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • プラネット・テラー in グラインドハウス
  • デス・プルーフ in グラインドハウス
  • 極道兵器
  • デッドボール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • 血を吸う粘土
  • ホーンズ 容疑者と告白の角
  • クラウン
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0バブル狂騒の喜劇で且つ悲劇。大好きだ。

2021年2月4日
iPhoneアプリから投稿

再々…見。
その面白さゆえ悪側ばかりを撮りマルサ側が霞むバランスの欠如を買う。
取調室で畳み掛ける終盤、水ごときで痛烈に怒鳴る大地康雄、泣き落しの津川、心理戦の三國と宮本。
1988年、バブル狂騒の喜劇に見えて、誰も幸せにはならない悲劇。
不破万作チビ政の死。
大好きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きねまっきい

3.0天の道教団

kossyさん
2020年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 前回、名前だけ出てきた漆原という名前。地上げ屋と新興宗教が話題になっている時期でもあったし、かなりタイムリーな内容。加藤治子のヌードまで登場する。

 前作よりコメディ度、アクション度がかなりアップしている。写真週刊誌カメラマンがヤクザの指を数えて「4千5百万か」というところは大笑い。暗証番号が「マルサコワイヨ」も!ヤクザの嫌がらせ・脅しよりも、三國連太郎のほうが上手い。

 洞口依子はじめ、脱いでる女優さんが多い。また、三國連太郎のロリコン風スケベ親父の雰囲気がいい。亮子に東大卒の部下(益岡徹)がつくのですが、このキャラはあまり笑えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.5お金に執着する日本人の醜さを風刺する伊丹十三監督の映画手腕

Gustavさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

伊丹十三監督が手堅く各個性派俳優を駆使して、新興宗教と地上げ屋の内情に切り込み興味深く、また大胆に描いた会心の社会派娯楽映画。第一作の面白さには及ばないものの、お金に執着した日本人の醜い姿を客観視する冷静さと、それを皮肉り同情する作家としての立場で、映画としてのひとつの使命を果たしている。映画監督伊丹十三の一連の創作は、これまで何のケチも付けられない。役者では、三國連太郎が役柄になり切っての凄みが本物で、存在感が流石に立派。やくざの上田耕一とチンピラ役の不破万作が、いいキャラクターを出していて、とても好感持てた。
  1988年 1月19日  宇都宮東宝

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav

4.0ヒット映画2作目の難しさ

よしさん
2020年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

国税庁査察部の面々が、地上げの黒幕となった宗教法人に迫る物語。

邦画私的評価の1位「マルサの女」の続編です。ただし、本作の評価は4にしました。
理由はただ1点。カタルシスを得にくいラストだったこと。これに尽きます。
映画全体としては、前作に引き続き高評価です。地上げの様子、脱税のテクニック等をテンポ良く織り交ぜクライマックスに雪崩込みます。第2弾ということもあり、敵役が無理に巨大化した印象を受けました。宗教法人、暴力団、地上げ屋。
ただ、カタルシスを得られないラストの為、巨大な敵の不愉快さだけが残り、とても後味が悪くなりました。
伊丹監督。少し拘り過ぎましたかね?

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「マルサの女」シリーズ関連作品