震える舌

劇場公開日

11%
53%
32%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

郊外の団地で平穏に暮す親娘の三人家族の娘が、テタナス(破傷風菌)に取りつかれ、伝染の恐怖におののく家族を描く。芥川賞作家、三木卓の同名の小説を映画化したもので脚本は「わるいやつら」の井手雅人、監督も同作の野村芳太郎、撮影も高作の川又昂がそれぞれ担当。

1980年製作/114分/日本
原題:Writhing Tongue
配給:松竹

ストーリー

東京のベッド・タウンである千葉郊外の団地に三好昭と妻の邦江、娘の昌子の三人家族は住んでいる。その付近には、まだ葦の繁みがあり、昌子は湿地の泥の中を蝶を追って捕虫網をふりまわしていた。一人っ子の昌子はおとなしく、無口な少女だ。昌子はすんでのところで珍しい蝶を取り逃がしてしまった。その晩、昌子は夢を見た。蝶がぐんぐん自分に迫り、目の中に飛び込んで来た。「こわいよ」と叫ぶ昌子。かけつけてきた昭は、ぞっとする何かを感じ、身震いするのだった。数日後、母の邦江は昌子の小さな異常に気づいた。食事中、昌子は食物をポロポロこぼし、トイレに立った後姿は鵞鳥のような歩き方をしている。風邪かなと邦江は心配した。しかし、その直後、昌子は絶叫をあげて倒れた。白い歯の間に小さな赤い舌がはさまってもがいていた。邦江は舌をはずそうとするが、昌子の顎はけいれんして動かない。昭はとっさに箸をくわえさせた。救急車で病院へ運ばれる途中も、昌子の発作は続いた。舌を噛まないように差し込んだ昭の指はくい破られ、血が吹きだしていた。大学病院で、昌子は医師団に裸にされ、何時間も調べられた。「テタナスだ!」と叫ぶ医師たち。テタナスとは、幾億年も昔、まだ人類などいない頃、地球に存在した微生物だ。酸素を嫌うこの微生物は、その後絶滅したかに思われたが、湿地の泥の中や鉄のサビの中など、酸素の少ない場所にじっとひそんでいたのだ。テタナスは、ほんの僅かな傷口から人間の体内に侵入し、二〇グラムで日本を絶滅させるという。そのテタナスが昌子の体の中に凄みついたのだ。テタナスに対抗するためには光と音を遮断することが絶対に必要であるという。昌子は暗い病室の中でビニールの酸素テントをかぶされ、ベッドの枠に手足を縛りつけられている。噛み合った歯はへし折れ、金属のエア・ウェイがくわえさせられている。担当女医の能勢は、テキパキと合理的な処置を下すが、近代医学はテタナスを打ち破ることが出来るのか。昌子はうめき声をあげ、体を弓なりに反らせる。これ以上反ったら、背骨が折れてしまう。昭、邦江、能勢の不眠の数日が続く。もうろうとする昭の頭に「昌子に噛まれた指の傷から、奴等が入り込んだのでは」という恐怖が生まれた。邦江も「わたし、うつっちゃった。死んでしまうんだわ」と妄想に取りつかれた。今、三人の親娘は完全にテタナスのとりことなっていた。平和な家庭は、一転して、底知れぬ地獄の中に投げこまれてしまったのだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

ノミネート

監督賞 野村芳太郎
主演男優賞 渡瀬恒彦
助演女優賞 中野良子
音楽賞 芥川也寸志
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.0破傷風がテーマ

ちかさん
2021年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あまり馴染みのない破傷風について
罹患した幼児の闘病と、両親の看病を描いた物語。

大きな起伏はなく、淡々と進んでいくうえ
薄暗い画面が続き気持ちが滅入る。

あらすじを読むのと実際鑑賞することでは
得るものに大差ない感覚だが
時代を感じる作り自体が新鮮で面白さはあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちか

4.0【破傷風菌の怖さを嫌と言う程、思い知らされた作品。娘の苦しむ姿のリアルさと憔悴し切って行く夫婦の姿に戦慄した作品でもある。】

NOBUさん
2021年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

幸せ

ー この作品の存在自体、知らなかった。
  だが、町山智浩氏の映画エッセーの”映画史上最悪のホラー”と言う言葉を読み、恐る恐る鑑賞。野村芳太郎監督だし・・。ー

■結論
・”子供が小さい時に観なくて、本当に良かった・・。”

■感想
冒頭女の子が泥沼で遊んでいるシーンから、全編に流れるバッハのチェロ組曲。

・破傷風菌に侵されていく女の子が”開口障害”により舌を自ら噛みきり、血まみれになる多数のシーン。

・ショックを与えないため、光を遮断した病室での凄まじいシーンの数々。例えば、乳歯抜歯のシーンや、”もう見たくない”海老ぞりになって絶叫する数々のシーン。

・どんどん、憔悴していく夫婦(渡瀬恒彦・十朱幸代)
 錯乱した妻が口にする
 ”もうダメでしょう・・、死んじゃうんでしょう・・、産まなきゃ良かった・・”

・娘の髪を遺髪の様に切り取る妻の姿。自らの髪も・・。

・時間経過ごとに生存率が上がる破傷風。
それを意識して、頻繁に文字で出る“3日目 午後10時”と言う時間経過を見せる手法。

・自分達も破傷風にかかっていると思い込んでいく夫婦の姿。

・人類よりも先に存在したという破傷風菌と、夫との幻想的なシーンも効果的である。

◆劇中の唯一の救い
・主治医を演じた、宇野重吉さんと、中野良子さんがどんなシーンでも常に冷静で、特に中野良子さんの笑顔を浮かべながら、あの凄い女の子の状態に対応する姿には、救われた。

<野村芳太郎監督のホラー映画を作る手腕を舐めていました・・。
精々、「八つ墓村」(十分、怖い・・)くらいかと思っていたら・・。
一度で十分です。
今作は二度と観ない・・。

渡瀬恒彦さんが演じる夫が、”娘が破傷風菌との壮絶な戦いに勝ち、助かった・・”と分かった時に時に崩れ落ちながら泣く姿は、心に沁みたなあ・・。>

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5❝音を立てたら即死亡!❞みたいな、観るのに結構気力を使う映画

2021年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
野球十兵衛

4.0筋肉が疲れる映画

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

急病を治す日々を追っただけの物語なんですが、最後まで退屈しません。
というか退屈させてくれません。

まだ会話もたどたどしい少女の号泣、息づかい、吐血の演技を見る度に、こちらの筋肉が硬直し、観終わったときの疲労感たるや…。

一日に何度も痙攣がおきてしまう演技はエクソシストさながらで、毎回新たな症状や対処法が出てくるので、「どうなっちゃうんだ」と毎度毎度戦慄が走ります。

欲を言えば、ヤマを越えてから回復に向かってるあたりで、心情が変化する様子をもう一つほしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジンクス
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る