晩春(1949)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
30%
51%
17%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第一回の坂本武のプロデュースで、広津和郎原作の「父と娘」より「女性の勝利」の野田高梧と「風の中の牝鶏」小津安二郎が協同脚色して、小津安二郎が監督に当る。キャメラは「風の中の牝鶏」と同様に厚田雄春が撮影に当る。主演には「森の石松(1949)」の笠智衆「青い山脈(1949)」「お嬢さん乾杯!」の原節子の他に、「朱唇いまだ消えず」の杉村春子、「君待てども」の宇佐美淳、「深夜の告白」の三宅邦子「恋の十三夜」の月丘夢路、「君待てども」の三島雅夫をはじめ、坪内美子、桂木洋子らがそれぞれ助演する。

1949年製作/108分/日本
原題:All's Well
配給:松竹

ストーリー

曽宮周吉は大学教授をしながら鎌倉に娘の紀子と二人で住んでいた。周吉は早くから妻を亡くし、その上戦争中に無理した娘の紀子が身体を害したため長い間父と娘は、どうしても離れられなかった。そのために二七歳の年を今でも父につくし、父は娘の面倒を何にくれとなくみてやっていた。周吉の実妹、田口まさも曽宮家に出入りして彼等の不自由な生活の一部に気をくばっていた。このごろでは紀子も元気になり、同級生であり友達でもある北川アヤと行来していた。アヤは一たん結婚したが、夫の悪どい仕打ちに会い今では出もどりという処。また周吉の助手をしている服部昌一も近々結婚するという。気が気でないまさは、何んとかして紀子を結婚させようとするが、紀子は首を縦にふらなかった。一度は助手の服部と紀子を結ばせようと考えていた周吉とまさは、服部にはすでに許婚があると聞いて思い直し、新に候補者をすすめるのであった。一方周吉と昔から親友である小野寺は、京都の大学教授をやっていた。たまたま上京した際、紀子に後妻をもらったと言って、不潔であると言われた。紀子はそれから父の動きをそれとなく伺っていた。叔母のまさは茶会で知った三輪秋子という美しい未亡人を心の中で兄の周吉にと考えていた、それを紀子に、彼女の結婚を進めながら話してみたが、紀子は自分の結婚よりも父の再婚に気をとられていた。紀子はそれからというものはなんとなく変っていった。北川アヤには結婚しなさいと言われても、気がますますいらだってくる。ある日紀子は父に再婚の意志を聞き正してみた。父は再婚するという返事たっだ。紀子はこのまま父と二人で暮したかったが、自分の気持がだんだん弱くなって行くのを知った。叔母のまさに承諾を与えた紀子は、最後の旅行を父と共に京都に赴いた。京都では小野寺一家の暖い家庭のフンイ気につつまれて、紀子がいつか小野寺の叔父に言った「不潔」と言う言葉を取り消した。京都から帰った紀子はすぐ結婚式をあげた。周吉は娘の紀子を新婚旅行に送ったあと、北川アヤに再婚するのと聞かれ、「ああでも言わなければ紀子は結婚せんからね」と答えるのであった。彼は一人五十六歳の身を今はさびしい鎌倉の吾が家にがっかりした様にいつまでも身を横たえていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0幸せは築き上げるもの

2020年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

父が心配だから結婚に気乗りしないという心理の底には、父との関係を維持していたい、子供のままでいたいという気持ちがあるのではないかと思った。

結婚=幸せではない。
結婚をして親子とは違う夫婦という関係を築いていくこと、幸せというものも築き上げるもの。
結婚は、人間社会の通過儀礼のようのもの。
京都での父と紀子の会話は考えさせられた。

結婚や幸せ、人と人との関係性の構築…など現代の考え方と比較して考えてしまう作品だった。
みる人の年齢によっても感じ方が異なると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゅーる

5.0素晴らしい余韻が残る、日本の最良の部分を残すことが同時に世界的に普遍性のある物語にまで昇華している

あき240さん
2019年10月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1949年昭和24年
同年公開の黒澤明監督の野良犬、前年公開の酔いどれ天使に登場する東京とは全く違う世界が描かれています
左翼からは当時の困窮混迷した社会情勢に背を向けた鼻持ちならない極めてプチブルジョワジー的な映画だと批判されもしたようです

しかしその批判は当たらないと思います
小津監督の視線は日本の現状をしっかりと見つめており、だからこそこのような日本の最良の社会の在り方を残そうと懸命に記録しているとも言えると思うのです

序盤の横須賀線の走行シーンを長々と挿入しているのは何故でしょうか?
馴染みのある横須賀線カラーではない、昔の茶色い塗装の電車が遠景で映ります
一両だけ白い帯が横にはいった車輌が列車の真ん中にあります
グリーン車ではありません
米軍専用車輌なのです

紀子と服部が自転車で葉山から茅ヶ崎まで海岸を走るシーンでは道路標識は英語でマイル表記なのです

つまり監督は占領下の日本の行く末
その社会の構造、人間の機微
そういった日本の本当に美しいものが壊されてはなるものか
そのような強い意志をもって本作を撮影しているのだと思うのです

冒頭に茶会のシーンを置くなどだけでなく、本作のテーマそのものや、登場人物達のものの捉え方、行動、立ち振舞い
そういったものを飲み込まれてはならないものとして映画に刻みつけようとしているのだと思うのです

晩春という題名
確かに冒頭の北鎌倉は桜も終わった明るい陽光に満ち溢れています
服部が紀子を誘った東京劇場のバイオリンの演奏会は4月28日開催でした
服部が婚約者が在りながら自分を誘ったことになんとも不潔だと紀子が怖い顔で歩くシーンはその前の切れない沢庵問答の時の笑顔との落差が効いています
能の演目は杜若(かきつばた)
つまり初夏の花です
紀子が途中で三輪秋子に気付いてからみるみる不機嫌になるシーンは心に残りました
終盤の京都の清水寺には修学旅行とおぼしき女学生達が冬服で散策しています
紀子は半袖ですが、周吉はカーディガンを着ています
つまり父娘の京都旅行は初秋頃です
ラストシーンでは父周吉が独りリンゴの皮をむきますから、紀子の結婚式は晩秋から初冬だろうと思われます

では何故本作は晩春という題名なのでしょうか?
それは劇中の季節を指しているのではなく、紀子の事を指しているのだと思います
遅い春がようやく彼女にも訪れたという意味なのだと思います

上野の料理屋の多喜川の主人が西片町にお住まいの頃云々と話ます
その地名は東大前と本郷の間にありますから、周吉は東大の教授なのでしょう

京都の旅館で明日帰るという夜
父娘は布団を並べて眠ります
その時床の間の壺が意味ありげに長く撮されます

色々な解釈がされているようです
ユング的には壺は女性を象徴しています
その空洞の内部に全てを呑み込み、そして産み出す存在なのです
つまりエディプスコンプレックスを説明しています

果たして翌朝、彼女は結婚したくない、周吉といつまでも暮らしていたいと言い出すのです
この時初めて周吉は雄弁に彼女に話しかけるのです
今までになかったことです
こんなことはできない人物です
なのにこんなにも話すのです
それがラストシーンとの対比を強めているとおもいます
周吉は独りの家に戻り暗い台所でリンゴの皮をナイフで剥きはじめます
そんな事は紀子がしてくれることで、危なっかしい手つきです
彼は慟哭はしません
周吉とはそんな男ではないのです
これで良かったのだと言い聞かせているのです

結婚式に向かうシーンで杉村春子がバックを二つもって退場しようとしてまた戻って忘れ物がないかぐるりと部屋を一周してから階段を下りていくのです
素晴らしい小技で参りました

エンドマークは鎌倉の夜の海が写されます
寄せては返す波
それははるか昔から同じ光景であり
周吉と紀子のような嫁に行かせる話はその波のように太古から繰り返し繰り返し同じことがあったことなのです

素晴らしい余韻が残る、日本の最良の部分を残すことが同時に世界的に普遍性のある物語にまで昇華しています

本作の12年後小津監督の遺作秋刀魚の味が撮影されます
ほとんど本作のセルフリメイクと言える内容です
本作をより整理して父が嫁に行かせる物語により焦点を絞りこんでいます
監督の本作への再挑戦だと思います

是非合わせてご覧下さい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5とても美しくて切ない。日本の美学

MOTTOさん
2019年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MOTTO

4.5諸行無常な世の中で、今ある幸せを大切に噛み締める

2019年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

小津安二郎監督作品初鑑賞。

主人公の紀子は父親とのふたり暮らし。母親が他界していることもあり父親の身の回りの世話は紀子がしている。そのせいか紀子の父親への愛情は人一倍強い。紀子は20代後半でとうに結婚適齢期を迎えている。しかし結婚には興味を示さない。そんな紀子を心配して父親や周りの人たちはお見合いを勧める。しかし当の本人の紀子は父親がひとりになることを心配するのと、父親との生活が楽しく現状に満足しているためお嫁に行こうとしない。
この作品はそんな紀子が父との別れを受け入れお嫁に行くまでの話を描いている。

一見平凡な内容の作品だが、日常的に起こる喜怒哀楽や何気ない幸せが奥深く表現されている、素晴らしい傑作だと思った。とても味わい深い感動があり、今内容を思い返してもグッとくるものがある。

諸行無常感がなんとも切なく印象的な作品だった。人生とは一定の所に留まり続けることは出来ず常に変化していくもの。今ある幸せな場所にもいつか終わりが来て、また新たなステージへ進まなければならない。その先で自分なりの幸せを再構築していく。そんな人生に対する小津監督のメッセージを感じた。

必要以上は説明せず多くは語らない作品なので、一方ではエレクトラコンプレックスを描いた作品だという見解もある。小津監督の実際の真意は分からないが、多くは語らずに受け手の想像力を掻き立てる作風は、芸術的で日本的な奥深さがあり素晴らしいと思った。

紀子を演じた原節子も素晴らしかったが、父親を演じた笠智衆がとても印象的だった。笠智衆の演技はお世辞にも上手いとは言えないが内から溢れ出る優しさや存在感が素晴らしく唯一無二の奥深さのある俳優だと思った。京都の旅館での「幸せになるんだよ」と言うシーンはとても印象的だった。

初めての小津監督作品だったが、心に残る作品になった。日常的で普遍的な事柄を、映画という作品にすることだけでも凄いのに、ここまでの傑作に仕上げてしまうのだから本当に凄いと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アントキのバンデラス
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「晩春(1949)」以外にこんな作品をCheck-inしています。