廃市

劇場公開日

28%
44%
22%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

古びた運河の町のある旧家を舞台に、そこを訪れた青年の一夏の出来事を描く。かつて一度も映画になったことのない福永武彦原作の同名小説の映画化で、脚本は「女猫」の内藤誠と同作の桂千穂の共同執筆、監督は「時をかける少女(1983)」の大林宣彦、撮影も同作の阪本善尚がそれぞれ担当。

1984年製作/105分/日本
配給:ATG

ストーリー

江口は大学生の頃、卒論を書くために、一夏をある古びた運河の町で過ごした。そして、月日が流れ、その町が火事で焼けたことを知った彼は回想をはじめる。江口が親戚から紹介された宿泊先、貝原家を訪れると出迎えたのはまだ少女の面影を残す娘・安子だった。その夜、寝つかれぬまま彼は、波の音、櫓の音、そして女のすすり泣きを耳にする。次の日、江口は安子の祖母・志乃に紹介されるが、一緒に暮らしているはずの安子の姉・郁代は姿を見せない。ある日、貝原家から農業学校に通っている青年・三郎の漕ぐ舟で江口は安子と出かけた。町がすっかり気に入ったという彼に、「この町はもう死んでいるのよ」といつも快活な安子が、暗い微笑を浮かべるのだった。その帰り、江口は郁代の夫・直之を紹介された。安子の母の十三回忌が行なわれた。江口はその席で、直之からもこの町が死んでいるという言葉を聞く。その夜、彼は直之と安子がひっそりと話しているのを見た。次の日、母親の墓参りに出かけるという安子に付き合った江口は、その寺で郁代に出会う。安子の話だと、郁代が寺に移ってから直之も他に家を持ち、秀という女と暮らしているとのことだった。何故、郁代が家を出たのかは安子は話したがらない。水神様のお祭りの日、江口は直之からその理由を知った。郁代は直之が他の女を愛していると思って、自分から逃げて行ってしまった。直之は郁代を今でも愛しているという。そして八月の末、ある事件が起こった。直之が秀と心中をはかったのだ。通夜の席で、郁代は直之が愛していたのは安子だったことを知る。二人を幸福にしてやりたいから、尼寺に入るつもりで寺に入ったと告げる。しかし、安子は兄さんは姉さんを愛していたというのだった。郁代は「あんたが好いとったのは誰やった?」と泣きくずれる。夏も終わりに近づき、卒論を仕上げた江口は、安子と三郎に見送られて列車に乗り込んだ。別れ際、三郎の言葉で江口は安子を愛していたことに気づくが、今ではもうおそかった。そして彼は町が崩れていく音を聴いたように思うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0うっとり魅了するような柳川の美しい景色が主人公

2022年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

3.5廃市に郷愁と愛を込めて

近大さん
2021年4月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

大林宣彦監督1983年の作品。

古い歴史を持つ小さな運河の田舎町が火事で焼けたというニュースを聞き、一人の男が思い出す。かつてその町で過ごしたひと夏の事、出会った美しい姉妹の事、抱いた淡い想いの事を…。

劇中では“架空の町”とされているが、撮影は福岡県柳川市で敢行。
スタッフと共に夏休みで訪れたこの町の美しさに魅了され、僅か2週間で撮影したという。
本当にそれも頷ける。劇中でも例えられていたが、日本のベニス。
ロケーションや名カメラマン・阪本善尚による映像に陶酔させられる。
水の町。劇中ほぼ終始流れる水の音が心地よい。
ユニークであったり、独特であったりの印象がある大林演出だが、本作ではシンプルかつ詩情豊かに。
登場人物たちの心情も繊細に綴る。
ナレーションも大林監督自ら務め、何処となく主人公とリンク。
ノスタルジーに浸れる作品こそ、大林監督の真骨頂。

10数年前、卒論執筆の為、この町を訪れた大学生時代の江口。一軒の旧家にお世話になる。
広い家には美しい娘・安子、祖母、お手伝い、若い船渡し、そして姉夫婦が住んでいたが、姉・郁代の姿は見えず…。
ある夜、女性の泣く声が…。

暫くしてやっと会った郁代。夫との関係不和に傷付き、身を隠していた。古風な性格。
郁代の夫・直之は他に女性が。しかし、郁代の事を深く愛している。
明るく魅力的な安子。そんな彼女に江口は次第に…。
が、安子がずっと想いを抱く相手は…。
4人の男女の複雑な感情が交錯。
新人の山下規介を小林聡美、根岸季衣、峰岸徹ら大林作品常連キャストがバックアップ。3人がさすがの名演、体現。
尾身としのりも印象的に好助演。

美しい芸術性の高い作品。
その一方、死や廃れゆく陰も。
日本にはどれほどあるのだろう。死んでいった町が。
ほとんどの人が存在すら知らないだろう。
が、あの町で生き、暮らし、僅かでも過ごした日々やそこで触れた淡い想いは永遠に忘れない。
廃市に郷愁を込めて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0プクッと膨れるもち

Kjさん
2020年11月30日
iPhoneアプリから投稿

と拗ねる小林聡美の対比にニヤリ。静かな作品で、ゆっくりと過ぎる柳川の時間。後半に大きな展開を迎え、心のすれ違いと人間模様を描き出す。終始、マークに徹した尾美としのりの最後の捲り。自分の心を大切にしたいもの。
入江母娘が再登場。母たか子の貫禄に魅入られる。娘若葉はまだ若い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

5.0廃市とは今や日本中に広がっているのです

あき240さん
2020年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大林宣彦監督の叙情性を煮詰めたような傑作です

冒頭とラストシーンで古びたローカル鉄道が登場して、主人公は外界からこの時の止まったような街にやって来て、去って行きます

彼は腕時計では無く懐中時計で時刻を確かめます
しかしこの街では時の流れが変なのか、動いているのか確かめに何度か耳に当てます
これは幕末太陽傳からのオマージュだと思います

時代を示すものが徹底的に排されています
戦後のいつか、1983年から振り返る少し昔としかわかりません
時折入る大林宣彦監督自らのナレーションでそれが分かります

九州柳川、水郷の街
美しい過去の日本の姿を留めています
それはつまり時が止まっていると言うことです
映画の中では柳川であるとは説明されません
最後の駅のシーンの片隅に写り込む、見逃してしまうぐらい小さな駅票でわかるだけです
あくまで、どこかの遠い古い街であるという設定です

その街を16ミリの粗い画質のフィルムが捉えて、古い街と古い記憶であることを強調する効果を挙げています

本作の公開は1983年ですが、映画の物語はその10年以上昔のこと、いつとはわからない昭和40年代頃のイメージのようにみせています
現代でありながら時代から取り残されつつある街なのです

だから本作には自動車は画面には出てきません
型式から年代のわかるものは注意深くカメラから遠ざけられています

さらにラジオは登場しますがテレビは出てきません
そのラジオも時刻を確かめようとスイッチを入れた際に聞こえた時報の知らせの一瞬だけです
外界から切り離されたように演出されているのです

時折、ピーンと音がします
何の音でしょう?なんで鳴るのでしょう?
あれは琴線の鳴る音なのだと思います
登場人物達の心に何かが響いた音なのです

水郷の水音が絶えずします
安子はそれを、街が死んでいく音なのよと言います
いいえ、今でももう死んでいるのよ
この街何の活気もない
クラシックなお仕事を持った人達が昔通りの商売をして、だんだんに歳をとって死に絶えていくの
若い人達はどんどん飛び出していきます
後に残ったのは年寄りばかり
いずれこんな街は完全に無くなるんだわ
私達も死んでいるのよ
ちっぽけな街に縛られて
私達の気持ちお分かりにならないわ
あなたみたいな他からいらした方には

また貝原直之はこうもいいます
水郷の掘割りは退廃的なものだと
街の者は本質的に退廃しとるです
生気というものが無か
ただ時間を使い果たしているだけですたい

そして、こうもいいます

人間も街も滅びていくとですねえ
廃市、ここはつまりそれですたい

柳川の寂れていく街の様
それは戦後の繁栄から取り残された街の象徴です
尾道は柳川ほど取り残されてはいませんが、日本の古い姿が残されている街でした

そして21世紀の日本
柳川は日本中の地方都市の姿になってしまったのかも知れません
廃市とは今や日本中に広がっているのです
だから大林宣彦監督は街おこしの映画を撮ったのです

美しい街並みは残しつつ、時代に沿った進歩と繁栄もしなければなりません
さもなければ日本が廃市どころか廃国になってしまいます

コロナウイルス禍という国難の果てにそうなってしまってはなりません
滅びの美学に酔ってしまえば、直之と秀のようになるばかりです
姉の郁代のように逃げていてはならないのです
安子のように花火のようには燃えないのとか諦めていてはいけないのです

主人公の江口は、直之を死に追いやったことに無自覚でした

彼がこの廃市に現れて直之と出逢わなければ、直之は、ただただ無為に時を使い果たしていっただけだったはずです

結局、彼はそれに思い至りはしないのです
直之の遺書を駅で読まされた時も、その遺書の言外の意味も汲み取れはしなかったのです

高校生の三郎君が動きだした列車に駆け寄って叫びます
直之さん、それにあんたも安子さん好いとる!
そう言われて初めて彼は自分の恋愛感情に気づかされて愕然としているのです

そして街をでて行く列車の中で、動き出した懐中時計の音に気づきそれを耳に当てます

そうしてやっと彼は、遺書の言外の意味を知り、
駅での安子の会話の意味を知るのです

ラストシーンの走りさる列車を背景にこんな独白がつづきます

しかし安子さんを愛しているからといって、もう一度この夏をやり直すことはできはしない

そしてその時僕は街が崩れ、取り返しのつかない時間が過ぎていく音を心の中を流れる川の音のように聞いているのだった

つまり、その時ようやく彼は、自分が直之の死の引き金を弾いたことに初めて思い至ったのです
そう自分には思えます

そして、この街の様々な音が悲鳴のように鳴り響くのです
まるで水妖セイレーンの叫びのように
それはこの街の死に行く音でもあり、江口の悲鳴でもあったのだと思います

深い余韻がいつまで続きます

薄幸の女性秀さん、入江若葉の40歳の姿でした
1961年の名作宮本武蔵のお通さんを演じた人です
もう若くは無いけれどハッとする可憐な美しさは面影が濃くあります

安子の祖母は入江たか子が演じていました
母娘共演だったのですね!
さすが元子爵の娘です
上品な旧家の老女の佇まいでした

素人歌舞伎の演目は「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」
その名場面での台詞「播州姫路の~」は宮本武蔵の出身地です
その宮本武蔵の映画でお通さんだった入江若葉がこれから登場しますよという前フリだったのですね

そしてもう一つ意味がありました
つまりその歌舞伎の演目の筋とは運命の出逢いが悲劇を生むということです
その伏線でもあったのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る