226

劇場公開日:

解説

昭和11年2月26日に皇道派の青年将校が決起し、元老、重臣らを襲った二・二六事件を描く。原作・脚本は「肉体の門(1988)」の笠原和夫、監督は同作の五社英雄、撮影は同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

1989年製作/114分/日本
配給:松竹富士

ストーリー

昭和8年、満州への武力進出が問題となり日本は国際連盟を脱退し、国際的に孤立していった。国内でも経済不況と農村恐慌が重なって国民の不満と怒りは頂点に達していた。その頃、陸軍の若手将校たちが集まって昭和維新の計画を立てていた。それはこのような窮状を打開するために天皇を取り巻く元老や重臣を排除し、陛下の大御心を直接国政に反映させるしかないというものだった。野中大尉、安藤大尉、河野大尉、香田大尉、栗原中尉、中橋中尉、磯部元陸軍一等主計、村中元陸軍大尉の8人は、昭和11年2月26日未明、雪の降る中昭和維新を決行。22名の青年将校に率いられた1500名にも及ぶ決起部隊はそれぞれ連隊の営門を出発した。栗原隊は首相官邸を襲撃し、岡田総理を殺害したが実は身代わりの松尾秘書だった。坂井隊は斉藤内大臣、渡辺教育監督を射殺。中橋隊は高橋蔵相を射殺。安藤隊は鈴木侍従長を襲撃したが、結果的に命はとりとめることとなった。丹生隊は陸相官邸を占拠し、野中隊は警視庁を占拠。河野隊は湯河原で牧野伯爵を襲撃するが、河野は被弾し牧野に逃げられてしまう。河野はそのまま陸軍病院に収容された。陸相官邸では香田と磯部が川島陸相と真崎大将ら高級将校に決起趣旨を述べ今回の行動について陛下の御聖断を要求した。皇居では緊急の軍事参議会議が開かれ、決起を認めるかのような陸軍大臣告示が発表された。しかし、宮中では湯浅宮内大臣、木戸秘書館長、広幡侍従次長らの会合の結果、戒厳令の御裁可が杉山参謀本部次長に下され、決起部隊も戒厳部隊に編入された。翌27日には香椎戒厳令司令官から奉勅命令が発表され、決起部隊に原隊への復帰が勧告された。当初決起部隊へ同調していた真崎らの力も及ばず事態は次第に皇道派青年将校達の不利な方向へ傾いていった。原隊からは食料の供給を絶たれ兵達は疲れを見せ始めていた。安藤隊は赤坂の山王ホテルに立て篭もるが、ラジオやビラを使っての原隊復帰の勧告も始まった。青年将校たちの脳裏にも残してきた妻子の顔が浮かぶようになった。一方、入院中の河野の元へは兄が見舞いに来ていたが、腹を切りたいので果物ナイフを用意してくれ、という弟の言葉に愕然としたのだった。陸相官邸では一早く坂井が隊員たちに原隊復帰を促していた。山王ホテルでは村中らが兵を帰して軍法会義で戦おうと提案するが、安藤はあくまで抵抗した。野中は安藤に兵たちの命と名誉を守ってやろうと説得。初め決起に乗り気でなかった自分を促したのは野中だっただけに、安藤には無念だった。そしてホテルから青年将校一人一人が野中と安藤に敬礼しながら出ていった。安藤も野中に別れを告げ、兵達には自分達のやったことは正しいのだから胸を張って行けと、言葉を残した。安藤は拳銃で自決を図るが未遂に終わった。陸相官邸で野中は安藤から返された決起を謳ったハンカチを燃やし、拳銃で自決。また、河野も熱海の岸壁で自決していた。29日宮中では事変の鎮圧が上奏された。捕らえられた決起部隊の青年将校ら19人は軍法会議にかけられ、7月12日、全員が銃殺刑に処せられた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
監修
河野司
脚本
笠原和夫
原作
笠原和夫
製作
奥山和由
松竹富士
プロデューサー
西岡善信
プロデューサー補
市山尚三
撮影
森田富士郎
美術
西岡善信
音楽
千住明
音楽プロデューサー
相川知治
録音
大谷巖
照明
中岡源権
編集
市田勇
助監督
鈴木秀雄
スチール
小山田幸生
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5歴史の勉強に良い

2023年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

教科書で習った程度の事件であったが、じっさいにはそこに至るまでの青年たちの思いや情熱があったと知る作品。
五社監督ならもっと毒があるかと思ってたけれどそれは抑え気味。
映画として面白いかは微妙だけれど、青年たちの純粋すぎた悲しみに思いをはせて、二度と同じ事態が起きないようにしなくてはならないと感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こまめぞう

4.0「日本のいちばん長い日」の226事件版を撮ろうとしたのだと思います

2022年1月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何故、本作を五社英雄監督が撮ったのでしょうか?
もし本作を他の監督が撮っていたならどうだったでしょうか?
もし岡本喜八監督が撮っていたなら?
もし深作欣二監督が撮っていたなら?
そんな思いに捕らわれてしまいます

226事件の映画は幾つもあるようですが、やはり高倉健と吉永小百合が主演した「動乱」がまず思いだされます
東宝の森谷司郎監督が1980年に東映で撮った作品です

しかしその内容は皇道派の青年将校達の狂気と利用されただけの哀れさを描いて反戦映画とするのか?
その中で運命に翻弄される男女のメロドラマなのか?
226事変のドキュメントをリアルに描くのか?
全部やろうとしてみんな中途半端に終わってしまっていました
ハイライトたる肝心の226事件そのものもほんの少しで全くもの足らないものでした
興行成績も二大スーパースターを配していながらあまり冴えないものでした
挙げ句の果てには、軍国主義を美化しているとまでむちゃくちゃな難癖をつけられてしまうのです

本作はその「動乱」を反面教師にして出発したように感じます

前半はいきなり226事件が始まり、事件の推移をまるでドキュメンタリーのように克明に映像化していきます
あまりにもリアルです
首相官邸、山王ホテルなどのセット、衣装、小道具、エキストラの兵士達の動きも何もかもリアルです
実物大で実際にキャタピラで走行する3台の戦車はなんちゃっての形状ですが、それらしさは十分に備えており白けてしまうようなものではありません

名カメラマン森田富士郎の撮影も雪の冷たさを感じる色温度での映像が見事です

つまりドキュメンタリー的な実録映画を志向したのです

なのに反乱が失敗してからの後半はぐだぐだになります
集中力は失われて焦点はぼやけてしまうのです

五社監督は結局一体何を撮りたかったのでしょうか?
テーマは何だったのでしょうか?
226事件の実像をリアルに描こうとしたはずではなかったのか?
ならば後半で、なぜ妻や子供との回想シーンをそれぞれにとってつけたようなっているのでしょうか?

決起した青年将校達とその妻、病気で決起に参加出来ない男とその兄を取り巻く感動的なドラマが本当は予定されていたように思えてなりません

しかし、五社監督はそんなセンチメンタルなもの撮りたくなかったのだと思います
いや撮ろうとして止めたのだと思います
そんなものなんの意味があるのか?と
実録的映画に傾斜して、ドラマは一瞬の回想のみとしたのだと思えてなりません

そもそも主人公は一体誰だったのでょうか?
まるで岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」のようです
本作はその226事件版を撮ろうとしたのだと思います

冒頭の白黒映像の人物のアップ映像は、いきなりそれを宣言していたシーンだと思います
前半は「日本のいちばん長い日」に習って、事件の推移を事実にこだわって撮られています

そしてぐだぐだのようにみえる後半こそ、五社監督が撮りたかった本作の主題であったのだと思います

反乱軍側の主張とか、皇道派とか統制派だとかそんなことは監督にとっては大して関心はないのです
どうでもいいと映像に言わせているように感じます

反乱が失敗に終わったことが明らかになったのに、兵を引こうとしない青年将校達が苛立ち、あがき、放心し、諦観する姿を描くこと

それこそが、本作における監督の目的であったと思うのです

そしてその姿は「日本のいちばん長い日」での終戦を認めようとしない青年将校達と、226事件が潰えた時の青年将校達の姿は相似形をしている
そう主張している映画に見えるのです

この反乱事件は1936年のことです
その9年半後、東京は焼け野原になり日本は敗戦したのです
226事件は、敗戦を予告していたのだということを描こうとしたのだと思うのです

そして226事件の鎮圧と、太平洋戦争の敗戦は、どちらも天皇陛下の決断によってしか誰も収拾とできなかったのも同じ
226事件の首謀者の軍法会議と、太平洋戦争の東京裁判も相似形です
そのことも指摘しようとしているように感じます

本作は1989年6月公開です
昭和天皇が崩御されたのはこの年の1月7日
つまり本作は昭和がもうすぐ終わるであろう事を見越して製作されたのです

監督は本作をもって昭和を総括しようとしたのだと思います
その意欲たるや素晴らしいことです

しかし、それで結局何を伝えようとしたのでしょうか?
監督のメッセージとは何だったのでょうか?
不明瞭のまま映画は終わってしまうのです

結局のところ「動乱」と同じく、あれもこれもやろうとして失敗したのだと思います

そもそもメッセージがあったとしても、観客はそれを五社監督に期待などしていないのです

それはあなたが撮るべき映画であるのか?
そう思うのです

国民の為だと自分勝手な大義を掲げて、国民が望んでもいない騒乱を起こし、結局国民から見放されたかっての学生運動にも似ているように、自分には見えました
さらに1972年2月18日から28日に起こった連合赤軍のあさま山荘事件は、戦後に起こされた226事件のように自分には思えてくるのです

今は2022年
226事件から86年
あさま山荘事件から50年ちょうど
その日はもうすぐです

新たな226事件など起こしてはなるものか
そのメッセージだけは確実に伝わりました

令和の時代に、左右どちらからも226事件を起こさせない
それは私達の責任なのです
天皇陛下に収拾してもらうなんて情けなく恥ずかしいことです
国民主権なのですから

コメントする (0件)
共感した! 3件)
あき240

1.0 アーカイブの白黒写真と密談する将校たちの白黒映像から徐々にカラー...

2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 アーカイブの白黒写真と密談する将校たちの白黒映像から徐々にカラーと変わってゆくオープニングはとても映画らしい。安藤、野中たちの部隊がそれぞれ要人のもとへ向かい暗殺を企て、岡田総理大臣たちを銃殺。緊迫するシーンだが、後の回想で「夫を殺すなら私を先に殺しなさい」とすがる妻たちの姿が印象的・・・そして、天皇に認められなかったことで悩む青年将校たちの苦悩が真に迫る。

 最初の緊迫したクーデターこそ緊張感あるものだったけど、史実に基づき淡々と描いているため途中からは精神論の世界になってくる。貧しい農民のためなどという言葉を聞くとゲバラの映画も思い出してしまうが、昭和維新の思想は皇道派の影響を受け、天皇が絶対の存在としているため、脆さが顕れてくるんだろうな。

 意外とオールスターキャストなのがビックリ。だけど個性を消して軍人らしい演技をすることでつまらなくなってる。最後に「天皇陛下万歳」でしめくくるというのも・・・

コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy

3.5今はなかなか出来ない

2020年5月31日
Androidアプリから投稿

いい役者がたくさん
でも本質は見えにくい

コメントする (0件)
共感した! 2件)
jamjam
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る