trancemission

劇場公開日

trancemission

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

何者かに洗脳された男を見舞う不思議な出来事を、スタイリッシュな映像で描くSFドラマ。監督は様々なアーティストのヴィデオクリップを手がけてきた高橋栄樹で、本作で本篇デビューを飾った。脚本は「Looking For」の小林弘利。撮影監督に、高橋監督とコンビを組んで数々のヴィデオクリップを手がけてきた藤田直樹があたっている。主演は「天使に見捨てられた夜」の村上淳。キネコ作品。

1999年製作/74分/日本
配給:ギャガ・コミュニケーションズ(配給協力 スローラーナー)

ストーリー

先物取引市場で働く松戸。ある日、上司から昇進の話を持ちかけられた彼は切迫した上司の態度に疑問を抱き即決を避けるが、その後、突然の頭痛に見舞われ廊下で倒れてしまう。そんな彼を誘拐する謎の一味。署長や警部、看護婦と呼ばれる彼らは松戸に洗脳手術を施し、彼を意のままに操ろうと企む。必死の抵抗も空しく、次第に自分が現実世界にいるのかどうかも分からなくなっていく松戸は、再び上司から昇進の決断を迫られるが、その時、上司こそが自分を洗脳した張本人であることを知る。同じ頃、警部もまた署長に対し、彼の悪事を暴こうとしていた。実は、警部は松戸の脳内に住むもうひとりの自分だった。悪の道に引き込まれそうになった自分を、意識下の自分が守ろうとしていたのだ。こうして、署長上司の悪巧みを暴くことに成功した警部は松戸の前から姿を消し、松戸も悪夢から解放される。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る