天下御免

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

渡辺邦男と本山大生の共同脚本を、「風来物語 あばれ飛車」の渡辺邦男が監督した娯楽時代劇で、撮影も「風来物語 あばれ飛車」の渡辺孝が担当。

1960年製作/87分/日本
配給:松竹

ストーリー

八代将軍徳川吉宗の頃。紀州感応院の坊主・宝沢は、育ての親の死後その遺品に葵の紋入りの短刀と天一童子なるお墨附を発見、父徳太郎に会いたさの一念で旅に出た。道中、豊臣家の残党山内伊賀亮らに捕われた。徳太郎が吉宗の幼名と知る伊賀亮は、宝沢を落胤に仕立て天下を取る陰謀をたくらんだ。宝沢を教育、近畿一円に名のりをあげて江戸へ上った。天一童子もその母の将軍側室沢の井もすでに死んだと知っての上でだ。南町奉行大岡越前守は天一坊の正体に不審を抱いた。腹臣を紀州及び八ツ山邸に送って天一坊の身元をたしかめようとした。が、証拠の短刀お墨附は本物で、密偵は殺されてしまった。越前守は吉宗に閉門を言いつけられた。だが、城中での唯一人の擁護者中納言のとりなしで御対面が十日間延期された。越前守は禁をおかして紀州へ発った。沢の井の墓のある光照寺を訪れた越前は、天一坊とその生母沢の井がすでに世になく、このことを知る寺男が殺されたのを目撃して、天一坊が偽者だとの確信を深くした。親子対面の前日、伊賀亮は越前邸を訪れ、面会を求めた。伊賀亮にふみこまれ窮地におちた時、紀州から急ぎ帰った越前が現われて救われた。御対面の当日、天一坊を押したてた伊賀亮は江戸城にのりこんだ。伊賀亮と越前との対決は火花を散らした。越前は紀州で発見した天一童子の墓石をつきつけ、事件は解決した。伊賀亮は越前に斬りつけたが捕えられ、極刑に処せられた。天一坊は利用されたにすぎぬことが分り軽罪、吉宗は己の不明をわびて越前にねぎらいの言葉をかけた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る