帝都物語

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
帝都物語
11%
31%
36%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

明治45年から昭和3年にかけて帝都・東京を壊滅しようと企む超能力者・加藤保憲と当時の著名人、渋沢栄一、寺田寅彦、幸田露伴らの戦いを描く。荒俣宏原作の同名小説第1巻から第4巻までの映画化で、脚本は「夢みるように眠りたい」の林海象が執筆。監督は「ウルトラマン(1979)」の実相寺昭雄、撮影は「蜜月」の中堀正夫がそれぞれ担当。

1988年製作/135分/日本
配給:東宝

ストーリー

明治45年。実業家・渋沢栄一は土御門家の陰陽師・平井保昌や物理学者・寺田寅彦らに協力を求め、ある計画を進めていた。それは「東京改造計画」といい、帝都・東京を軍事的にだけでなく霊的にも守護しようとするものだった。しかし、謎の魔人・加藤保憲がその計画の前に立ちふさがっていた。加藤は1000年前関東に独立国を築こうとして失敗し、謀反人として討伐された平将門の霊を呼び醒まし、東京を壊滅させようと企んでいた。そして加藤は将門の末裔・辰宮由佳理を霊媒として選んだ。平井や文豪・幸田露伴の努力により加藤の企みは潰えたかに見えたが、由佳里の胎内には恐るべきサイキック・パワーを秘めた生命が宿っていた。加藤との闘いに敗れた平井は大正12年9月1日を帝都壊滅の日と予言し、明治天皇崩御の日、自刃する。大正12年9月1日。大地震は起こったが幸田は死闘の末、加藤に傷を負わせた。結局、将門の怨霊は目醒めず、帝都破壊は不完全に終わった。そして東京は渋沢らの手により急速に復興していった。昭和2年。日本初の地下鉄道が開通しようとしていたが、加藤の放った魔物が妨害していた。寺田はその解決策として西村真琴が作った日本で最初のロボット“学天則”を利用。加藤は力を回復し再び帝都破壊を企むが、新たな宿敵が現われた。将門の命を受け、由佳里の兄・辰宮洋一郎へ嫁いで来た目方恵子である。加藤は由佳里に産ませた雪子を銀座の雑踏で誘拐し、将門の霊を呼び戻そうとする。しかし、実は雪子は加藤の子ではなく洋一郎と由佳里の間に産まれた子だった。洋一郎は自らの霊力で将門の霊を封じ、恵子はサイキック・パワーで加藤と死闘を繰りひろげた。春。銀座では“帝都復興式典”が開かれ、賑わっている。花見客のあふれる神田明神では易者姿の泉鏡花が加藤に似た軍服姿の男を見つけドキッとするが、人ごみにまぎれて行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
林海象
原作
荒俣宏
製作総指揮
一瀬隆重
企画
村井美登
宇田川和雅
花田良知
企画協力
西洋環境開発
製作
堤康二
製作協力
ウイズ
大王製紙
プロデューサー
飯泉征吉
ビジュアルプロデューサー
久里耕介
アニメーター
真賀里文子
撮影
中堀正夫
美術監督
木村威夫
美術
内田欣哉
装飾
安田彰一
コンセプチャル・デザイナー
H・R・ギーガー
イメージ・デザイン
椋尾篁
音楽監督
石井眞木
録音
瀬川徹夫
照明
牛場賢二
編集
浦岡敬一
衣裳デザイン
合田瀧秀
アソシエイト・プロデューサー
和田康作
助監督
服部光則
スチール
原田大三郎
特殊美術
池谷仙克
特美デザイナー
大澤哲三
特殊効果
菅野幸光
視覚効果
中野稔
ビジュアルスーパーバイザー
大木淳吉
スペシャル・メーキャップ
原口智生
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0加藤保憲=嶋田久作という適材適所

2019年9月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい

3.5狙われた帝都

近大さん
2018年10月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

難しい

千年の昔から平将門の怨念宿る帝都・東京。
将門の霊を目覚めさせ、帝都壊滅を目論む謎の魔人、加藤。
加藤の魔の手から帝都を守ろうと闘う人々…。

荒俣宏の小説を映画化した1988年の作品。
特撮SF、陰陽道や魔術を散りばめた伝奇、ホラー、ミステリー、明治末期から昭和初期のロマン溢れる時代を舞台にした大河要素…。
個人的にそそられるジャンルや要素がてんこ盛り。
関東大震災などの実録事件や当時の実在の著名人も絡め、史実と空想の、スケール大きいエンターテイメント。

しかし残念ながら、傑作にはなり損ねた。
ストーリーがいまいち分かり難い。
大長編小説の1~4巻を2時間強に収めるのには無理があったようだ。
本来ならもっと各々エピソードは広がり、数多い当時人物も深く描かれている筈が、相当はしょられ、巧く纏まっているとは言い難いのは原作未読でも感じてしまう。

それでも本作は、鬼才・実相寺昭雄監督の手腕あってこそ。
『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などで特撮に造詣深く、江戸川乱歩の怪奇ミステリーも手掛け、本作の監督適任者に実相寺を置いてそうは居ない。
奇っ怪でありながら何処か魅力的な、独特の世界を創り上げた。

関東大震災シーンはほんの一瞬だが、崩壊した東京のミニチュア・セットは本作の特撮最大の見せ場。
H・R・ギーガーのデザインによる魔物などのクリーチャー、当時の最新のSFXを駆使した妖術なども見物。
明治末期、大正、昭和初期を再現した木村威夫によるこだわりの美術やオープン・セットは見事の一言に尽きる。
多用されているクラシック音楽も作品にマッチ。

そうそうたる名優、当時の人気俳優揃い踏み。
中でも、加藤と対する巫女・原田美枝子の凛とした美しさが光る。
だけど何と言ってもキャストでは、

嶋田久作!
嶋田久作=加藤、加藤=嶋田久作というくらいのハマり役!
今やベテラン俳優の嶋田久作だが、この時ほぼ無名の新人。それでこの圧倒的存在感、強烈インパクトは恐るべし…!
嶋田久作の怪演と共に、魔人・加藤は邦画屈指の名悪役!

総じて、
ストーリー的には今一つ。アクションのキレやスリルの盛り上がりは欠け、テンポも鈍い。所々チープでもある。
が、実相寺監督の演出と作風、嶋田久作の怪演がそれらを補い、個人的には嫌いじゃない。

人々が未来へ夢と希望を持ち、東京が栄え続ける限り、加藤の野望は襲い来る。
…しかし、ご安心下さい。このお話は、架空の東京の物語なのです。
え? 何故ですって?
現実の東京は今、加藤に狙われる以前に、崩壊しているようなものですから。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

2.0競っていた特撮技術

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

・マント姿の学徒の格好をした嶋田久作演じる加藤が超能力を操り、少女を小脇に抱えて走り去る
・コマ撮りで小鬼や巨大な金剛阿修羅像がカクカク動いてるのが懐かしい技術
・なにかと口から黒い液体を吐く
・明治、大正、昭和の街並みなどは見てて楽しめるが話を追うのは開始50分位で諦めた

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
mimiccu

0.5スーパーバカ映画

2016年8月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーの意味が分からない
全ての台詞の意味が分からない
キャラの行動原理の説明がない
全てのキャラに感情移入できない
観客置いてきぼり

脚本は崩壊しており、音楽はダサい
観ているのが恥ずかしくて汗をかいた

これは撮影年代のせいではない
ふざけて作ったとしか思えない

この映画に関わった奴は全員バカ

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shadow-81
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る