椿姫(1988)

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オペラが好きなタクシー運転手と芸者の情熱的な愛を描く。ベルディの歌劇「椿姫」をモチーフに「男はつらいよ 寅次郎物語」の山田洋次と朝間義隆が共同で脚本を執筆。監督は「二十四の瞳(1987)」の朝間義隆、撮影は同作の花田三史がそれぞれ担当。

1988年製作/96分/日本
配給:松竹

ストーリー

北海道・釧路のタクシー運転手、格次郎は、ある日客としてオペラ歌手の水原智絵子と弟子の美紀を乗せた。格次郎が熱狂的なオペラ・ファンだったことから話がはずみ、彼は道すがら自分の恋物語を語った。格次郎は4年前、タクシー業者の忘年会で芸者の小雪と会った。彼女は二次会の席で意外にもオペラ歌手なみの声で「乾杯の歌」を歌い、格次郎を驚かせた。小雪はオペラを習ったことがあると言い格次郎と意気投合した。格次郎は数年前に妻と別れ、二人の子供と暮らしていた。実兄の福太郎から再婚を勧められるが、小雪のことが忘れられない。ある日、格次郎は札幌駅で小雪とパトロン風の男を乗せてしまう。格次郎と知らず二人は口喧嘩するが、目的地で男が降りたすきに彼は車を発車させた。格次郎は小雪と恋の逃避行を続けるが、兄に連れ戻された。小雪は優柔不断な格次郎に愛想を尽かして去った。しばらくして小雪が札幌に店を出し、格次郎はいつか約束したオペラ「椿姫」のチケットを持って訪ねたが、小雪は病気で休んでいた。オペラの当日は店の若いホステスが代わりにやって来た。小雪が入院していると聞き、格次郎はオペラを見ずに病院へ車を走らせた。再会した小雪はやつれていた。水原智絵子と美紀は格次郎の話に聞き入り、悲恋話に涙ぐんでいた。目的地が近づき、結末を聞くと、なんと小雪は元気になり、格次郎と結婚して今は子供の面倒をみているという。水原智絵子のステージの日、客席には仲睦まじい格次郎と小雪の姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

受賞

音楽賞 三枝成彰

ノミネート

脚本賞 山田洋次 朝間義隆
主演女優賞 松坂慶子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0オペラ【椿姫】をモチーフに、バツイチの真面目なタクシー運転手とナン...

伝馬町さん
2015年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

オペラ【椿姫】をモチーフに、バツイチの真面目なタクシー運転手とナンバーワン芸者の恋愛を描いた作品。

「松坂慶子」がイイのよ〜
そりゃ好きになっちゃうよね。
久々の視聴に、いろいろ伏線があるのを発見。
やっぱ良いなぁ…
泣いちゃった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伝馬町
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「椿姫(1988)」以外にこんな作品をCheck-inしています。