タオの月

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

封印された怪物を倒すべく、地球人と異星人が力を合わせて戦う姿を描いたSF時代劇。監督は「人造人間ハカイダー」の雨宮慶太。脚本は田中徹、松本肇と雨宮の共同。撮影に「ガメラ2/レギオン襲来」の特技撮影を担当した木所寛があたっている。主演は「樹の上の草魚」の永島敏行。ほかに「30/thirty」の阿部寛、人気チャイドルの吉野紗香、雨宮の「ゼイラム」シリーズでも主演をつとめた森山祐子らが共演している。

1997年製作/96分/日本
配給:松竹=松竹富士

ストーリー

戦国の乱世、浅見忠興の家臣が、野伏りから、石をも一刀両断にできるだけでなく、こぼれた刃も自ら再生してしまう不思議な力を持った刀を奪ってきた。控える合戦のため、この原料となる鉄を手中に収めたいと考えた忠興は、かつての部下である酔狂と、刀の達人・疾風をその調査に送る。野伏りのいる宝剣山に向かった酔狂と疾風は、その途中でれんげという名の少女に出会った。彼女は宝剣山の近くにひとりで暮らし、蜂蜜とりを生業にしていたが、ある晩、3人の異星人が闘うのを森の奥で目撃し、傷ついた異星人のひとりからタオと呼ばれる鈴を預かったという。れんげの案内で、野伏りの里に潜入した酔狂と疾風は、そこで角行と名乗る支配者と対峙した。角行は呪術を操り、不思議な鉄を野伏りたちに採掘させては武器を作り、やがては革命を企んでいる。かねてより角行の悪行を知っていた酔狂は、角行を倒すべく闘いを仕掛けるが、その時マカラガが人々の生き血を吸って甦った。マカラガとは、れんげが目撃した異星人の祖先が作り出した、全ての生物を破滅に導く怪物である。角行のエネルギーを吸って巨大化したマカラガを退治するため、酔狂たちは異星人と力を合わせて果敢にも攻撃を展開した。疾風がやられ、酔狂も異星人も傷つく中、れんげはマカラガを倒せる唯一の手段であるタオを使って、マカラガを封印することに成功する。封印されたマカラガは異星人によって持ち去られ、地球は危機を脱した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る