大巨獣ガッパ

劇場公開日

解説

渡辺明の原案を「放浪のうた」の山崎巌と「殺るかやられるか」の中西隆三がシナリオ化し、「日本仁侠伝 花の渡世人」の野口晴康が監督した怪獣特撮もの。撮影はコンビの上田宗男。

1967年製作/81分/日本
原題:Gappa,the Triphibian Monster
配給:日活

ストーリー

雑誌記者黒崎浩はカメラマンの小柳糸子と共に、船津社長の命を受けて南海諸島の探検に出かけた。二人には生物学助教授殿岡が同行したが、たまたま、ある火山島に上陸した三人は薄気味悪い洞窟を見つける。その奥には巨大な卵があって、島民の話ではガッパの卵だという。ガッパとは身長七〇メートル以上、ワニのような鱗のある太い胴体と四本の足、そして前足から尾にかけて大きな羽根のある爬虫類である。ちょうど卵が割れてガッパの子供が現われたが、思わぬ獲物に喜んだ黒崎はガッパの怒りを恐れる島民の反対を押し切って、日本へ連れて行くことにした。三人が日本へ帰った後、子供が連れ去られたことを知った親ガッパは怒りに荒れ狂って島の集落を踏み潰した。一方、東京へ着いた黒崎たちは子ガッパの能力テストをしているうちに、この怪物が現在地を遠くにいる仲間に伝える能力があることを知り、不安そうに顔を見合わせた。その頃、二匹の親ガッパは凄まじいスピードで東京に向っていた。そしてある日、ガッパはその巨体を相模湾から富士五湖に現わしたのである。このニュースで日本中が大騒ぎになり、対策本部がたてられ、自衛隊が出動したが、効果はなかった。ガッパは口から吐き出す熱光線でジェット機を落し、戦車を踏み潰して東京に向う。このままでは東京は全滅してしまうと頭をかかえた対策本部や黒崎たちは、島から来たサキ少年の「子ガッパを返せは親ガッパはおとなしく帰る」という言葉通り、子ガッパを羽田空港に放した。やがて現われた親ガッパは、嬉しそうに吼えまわり、親子3匹揃って南を目指して飛び去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0おとなしく『怪獣ゴルゴ』を見たほうがいい

因果さん
2022年4月11日
iPhoneアプリから投稿

かの『怪獣ゴルゴ』の翻案なんだけど、もともと微妙な本家をそのままコピペしただけなので特に目新しさはない。原作の物語展開をあまりにも意識しているせいで登場人物が物語に奉仕するだけの機械人形のように思えた。肝心の物語も「人間は愚か」みたいな未加熱の問題意識を乱雑に投げつけてるだけなので、いやそれもう数十年前に『ゴジラ』がやったじゃん、とシラけてしまった。本作が怪獣映画の中でもかなり影が薄いのもなんとなくわかる気がする。『大巨獣ガッパ』って字面だけ見ればかなりいい線いってるだけ余計に惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
因果

モスラを見に行こうと思ったので

マサシさん
2021年12月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

大戦後20年が過ぎて、こう言った映画を作っていたんですね。ガキの頃見た記憶がある。稚拙すぎるシナリオは低予算なので仕方ないが、ベトナム戦争が激烈化しだす時期。世界に対する空気が全く読めていない、そんな映画だと思った。その後の日活の未来を見る様である。
しかし、モスラも設定は同じ故見に行くのを回避することにした。まぁ、僕にとって、サンダ対ガイラを超える怪獣映画は無い。だって、カバニズムそのものでしたから。小4のガキだった僕は恐れおののいた。それまで、フランケンシュタインは優しい怪物と思っていた故。ミツバチのささやきのアナと同じ様にフランケンシュタインはやさしいと思っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

3.0日活唯一の怪獣映画

としさん
2020年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原住民の役は日本人が顔を黒く塗って演じている。今ではありえない。怪獣の親子愛が感じられる映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

4.0ガッパの子供は、ミニラの原形です

あき240さん
2020年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1967年3月にガメラ対ギャオス、宇宙大怪獣ギララ
そして4月に本作
これで東宝特撮に大映、松竹、東映、日活と当時の日本の映画会社全社が出揃いました

特撮監督は渡辺明です
1964年のモスラ対ゴジラまで東宝に在籍して円谷英二の懐刀としてミニチュアセットなどをハワイマレー沖海戦の時から力をふるっていた人です
東宝特撮には退社後も1965年年末の怪獣大戦争まで関わっています
本作は彼の所属する日本特撮映画株式会社が特撮を担当しており、これは宇宙大怪獣ギララと同じです
つまり同じ特撮部隊がこの1967年の3月と4月と連続して怪獣映画を送り出したと言うわけです

なので特撮技術は東宝特撮と同じルーツであり、ほぼ同等レベルです

熱海のホテル街と熱海城のミニチュアセット破壊するシーンはとても良い出来です

またサンダ対ガイラ、ガメラ対ギャオス、本作と連続して羽田空港が舞台になります
誰もが知っているランドマークで、見栄えもする
しかしミニチュアセットは作り込みが少なく済むということなんでしょう

内容は特撮ファンならご存知のとおり、イギリスの1961年の怪獣映画、怪獣ゴルゴが元ネタですが
そもそもキングコングも元ネタになってミックスされています

ガッパの子供は、ミニラの原形です
この1967年年末の東宝特撮の怪獣映画は、怪獣島の決戦ゴジラの息子なのです
疑いようもなく本作の怪獣の子供というアイデアを本家が拝借したのだと思います

内容は基本青春映画ぽいトーンなのですが、子供を配して子供が置いてけぼりにならないようにしています

監督の野口晴康は日活のベテラン監督で、ドラマパートはギララやガメラより数段上の腕前です
演出も編集も絵作りも断然勝っており安心して観ていられます
本多猪四郎監督よりレベルか正直上かも知れません

結局ガメラ、ギララ、ガッパの勝負はどうだったか?
大映、松竹、日活の怪獣代理戦争は、ガメラの大映が圧勝の結果に終わりました

子供に取ってのカタルシスがあるのはガメラだけだったのです

しかもギララもガッパもシリーズとしての発展性がなかったのです

日活は本作を最後に特撮から離れていきます
日活はこの後急速に経営が悪化していったからです
また野口晴康監督がなんと本作公開僅か1ヵ月後に急死されてしまったのも原因のひとつかも知れません

ともあれ東宝特撮に対抗する映画会社の予選大会の様相を示した1967年春の怪獣映画対決は大映の勝利が確定したのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る