女衒

劇場公開日

20%
20%
50%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

明治後期から昭和初期にかけて東南アジアを舞台に活躍した女衒・村岡伊平治の半生を描く。『村岡伊平治自伝』にフィクションを加えて映画化、脚本は今村昌平と岡部耕大の共同執筆。監督は「楢山節考(1983)」の今村昌平、撮影も同作の栃沢正夫がそれぞれ担当。

1987年製作/124分/日本
原題:Zegen
配給:東映

ストーリー

村岡伊平治が大志を抱いて故郷・島原を捨ててから早や八年が経っていた。伊平治が長太、源吉と香港の港に降り立ったときの格好は髪は長くボサボサ、服はボロボロでまるでルンペン。もちろん金もなければ家もない。しかたなく大日本帝国領事館へ駆け込んだ。明治三十五年正月のことである。伊平治はそこで上原大尉から満州密偵としての役をもらい、シベリア大雪原へ向かった。やがて彼は奉天の女郎屋でトメという島原の女と出会い、幼馴染みのしほがシンガポールに奉公に出ていることを知った。香港へ戻った伊平治は越前屋の朝長という知り合いを訪ねたが、なんとしほは朝長の女房となっていた。朝長がシンガポールで身受けしてきたのだ。愛しいしほを買い戻した伊平治は、香港の海賊に捕まっている日本人の娘たちを助け出したのが縁で女衒を始めることになった。オナゴの貿易は国のためと張り切る伊平治は、南洋の島々に渡っては商売に励んだ。一方、しほはかつて海賊で今は英領マラヤのポートセッテンハムに力をもつ王に掛け合い、この地に女郎屋を開くことを許可させた。明治三十七年二月、対露宣戦布告の頃には伊平治は多くの子分を抱え、商売も繁盛、四つの娼館を経営するまでになった。明治四十五年、夏、伊平治は天皇の逝去に際し、切腹を試みたか失敗した。すぐに立ち直った伊平治は再び仕事に精を出すが、次第に反日感情が強くなり日本娼館も苦しい立場に立たされた。大正八年六月の廃娼制度の誕生は伊平治に決定的な打撃を与えた。世の中は大きく変わろうとしていた。多くの女たちは日本に帰ることを希望し、しほは王と愛し合うようになり伊平治の元を去った。このような時制に、王は伊平治の持つ娼館のすべてとしほを二十万ドルで手に入れたのである。昭和十六年十二月、大平洋戦争が始まる頃、伊平治もすでに七十歳に達していたが、彼の女衒根性はそう簡単に消えるものではなかった。日の丸を先頭に上陸してくる日本軍の隊列に向かって伊平治は「兵隊しゃーん、オナゴのことは俺に任しんしゃーい!」と叫んだのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 カンヌ国際映画祭(1987年)

出品

コンペティション部門
出品作品 今村昌平
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0すり替えてくるテクニックはさすがとしか言いようがない

あき240さん
2021年7月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今村昌平監督の実力の程はようくわかった
海外ロケの効果は高い
よくぞものすごい映画を撮ったものだと感嘆した

だがそれだけだ
一体何をいいたいのか
戦前を全否定するための題材を選んで、終盤に軍靴の響きを映像化したかっただけではないのか

それ故に、生理的に拒絶反応を起こさせるように、女性の人身売買を執拗にリアルに描いてみせるのだ
「サンダカン八番娼館」を思いださせ、その嫌悪感をさらに増幅させるためだ

その狙いは主人公を通じて戦前の政治体制と映像的に結びつけて、その嫌悪感を戦前の日本の政治体制へとすり替えることだ
そのテクニックは見事で、さすがとしか言いようがない
手品のように入れ替わっている
手口は「豚と軍艦」、「にっぽん昆虫記」とおなじだ

で、それで?
何がいいたいの?
何がメッセージなの?

戦前の日本をディスりたい
全否定したい

それだけではなかったのか
それだけの映画ではないのか

がっかりだ
今村昌平監督こそ、女性の性を政治利用しているのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0レビュー一番乗り‼笑

Jolandaさん
2021年3月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jolanda
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る