劇場公開日

0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

恋人の手さえ握れず、通勤電車の中で痴漢行為に耽ける青年の姿を描く。脚本、監督はこの作品がデビュー作となる横山博人、撮影は高田昭がそれぞれ担当。

1980年製作/88分/日本
配給:東映セントラルフィルム

ストーリー

漫画家志望の純は遊園地の修理工場で働いている。彼には洋子という恋人がいるが、手ひとつ握ることが出来ない。洋子はそんな純が好きだが、また優柔不断なところに歯がゆいものを感じている。一方、純にはもう一つの顔がある。職場に向かう電車の中でやる痴漢行為だ。さまざまな女性が一見純真そうな純の魔手に侵される。女教師風の娘、子連れの女、OL、黒ブーツの女等々。そんなある日、純は洋子に痴漢行為を目撃されてしまう。ショックを受けた洋子は純の前から姿を消し、行き場を失った純は、故郷のことを想いだした。「そうだ親父の墓参りでも行ってみよう」こうして、純は東京を離れ、故郷、長崎の軍艦島に渡るが、そこは既に無人島になっていて、父の墓も見つからなかった。すべてに絶望した純は、再び故郷を棄て、東京に向かった。車中、純のとなりに美しい女が座った。純はフラフラと女に手を伸ばす。すると、女はいきなり立ち上がり、純の腕を引っばってトイレの中に連れこんだ。女の頬につたわる涙。純は、女に誘われるまま、オトコにされてしまうのだった。女が去ったあと、純は列車内を狂気のように走り続ける。翌朝、純はあえぎながら東京の下宿に辿りついた。そこには聖母のように安らかに眠っている洋子の姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.570年代青春映画を締めくくる暗い内容

colt45SAAさん
2019年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

自分が出会った70年代の青春映画は、概ね暗い内容の映画が多かった。決して不幸な身の上の主人公が迎える末路ではなく、普通の生活を送りながら、ちょっとしたハズみで自分の人生を多いに狂わす結果に至る映画が多かったなぁ。
そんな中でこの作品は漫画家志望の主人公がキレイな彼女がいるにもかかわらず、奥手で今ひとつ恋人と深い関係になれず、その鬱憤を通勤時の電車での痴漢行為で気晴しするといった体たらく・・・
何か自分としては共感できない展開。
主人公の故郷は世界遺産にもなった軍艦島。
当時の軍艦島の風景が堪能できる。軍艦島マニアにはおすすめかも。(そんなマニアいるのか・・・)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
colt45SAA
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「純」以外にこんな作品をCheck-inしています。