十一人の侍

劇場公開日

20%
20%
60%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「牙狼之介」の田坂啓、「神火101・殺しの用心棒」の国弘威雄、「兄弟仁義」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、「女犯破戒」の工藤栄一が監督したアクション時代劇。撮影は「牙狼之介」の吉田貞次。

1967年製作/100分/日本
原題:Eleven Samurai
配給:東映

ストーリー

将軍の弟にあたる館林藩藩主松平齊厚の短気から、忍藩の主阿部正由が殺された。忍藩次席家老榊原帯刀は訴状を老中水野越前守に届け出た。しかし、齊厚の暴虐と知りつつも、水野は忍藩の非とした。このままでは、藩は取潰しにされると、帯刀は仙石隼人に齊厚暗殺を命じた。隼人は同志九人と共に江戸に向い、暗殺計画を綿密に練った。一方、館林藩の知恵家老秋吉刑部は、忍藩の暗殺隊を予知し、吉原に入りびたりの齊厚に警護をつけ、逆に隼人らを救うが、浪人井戸大四郎に妨げられてしまった。やがてある日帰藩するために、齊厚は刑部の率いる五十人の騎馬隊に守られ、日光街道をひた走っていった。それを隼人らが待ちうけていた。しかし、その矢先、水野に踊らされた帯刀は計画中止を命令、隼人らは成功を目前にして涙をのんだ。それは水野が刑部と仕組んだ謀略だった。ことの真相を直ぐに知った帯刀は腹を切って隼人たちに詫び、怒った隼人は、すぐさま行列を追った。やがて齊厚は館林領の手前の房川に到着した。刑部にも、齊厚にも館林を目前にして気のゆるみがあった。房川に焚火をして休憩しているのを、隼人らが狙っているとは知らなかった。折から、天候はくずれ豪雨となっていった。隼人らは、巧妙な作戦を立て、一気に、齊厚を狙って斬りかかっていった。しのつく雨の中に、凄惨な死闘が繰り展げられ、刑部ら五十人を相手に、隼人らも次第に味方を失っていった。しかし、長い死闘に残ったのは、井戸大四郎ただ一人であった。すべては齊厚の短気な気性から生まれた、無意味な死闘だった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0殺陣は十三人の刺客に負けてない。

ちゆうさん
2020年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

雨の中の集団殺陣は七人の侍を思わせ、菅貫太郎の腹から吹き出す血は椿三十郎を思わせ、ラストの爽快感は満足度満点です。
惜しいなと感じたのは、幕府の策略にころりとやられる軽薄さはちょっと残念過ぎるというか、ちょっと痛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

3.0なるほど

2015年7月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

三池崇史監督版、十三人の刺客が面白かったので、その関連作品として観た。内容は十三人の刺客とよく似ているが、コッチはお家断絶という処分の中で起きる葛藤が、より現実的な味わいを出している。お家断絶なら、斉厚暗殺。お家断絶取り下げなら、暗殺中止。という駆け引きが、実に巧妙で面白い。それにしても、相変わらず将軍の弟(松平斉厚)ってのは、ロクな奴じゃないな…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サケビオース

4.0惜しむらくは薄暗い白黒映像

Cape Godさん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

興奮

総合:80点
ストーリー: 80
キャスト: 75
演出: 85
ビジュアル: 60
音楽: 65

 不条理をまかり通す傲慢な江戸幕府に対して、武士のしての本分を命懸けで通す者たちの姿を力強く描いていた。自ら火の上に乗ってわが身を焼きながら自分の義務を全うするなど迫力もあった。単に戦闘の壮絶さや自分の死だけでなく、自分の人生を捨て家族を犠牲にするなどといった背景まで踏み込んでいて、たとえ目的を達成したとしても残る悲惨さも描いていたことに共感が持てた。
 だが多数の人々が出てきて、彼らを認識するのが簡単ではなく、誰が誰だったかを覚えるのがたいへん。そしてその原因の一つは薄暗い白黒映像。顔がはっきりと見え辛い。特に戦闘場面になって遠目の撮影になると、最早個々の区別は困難。一応敵は笠をつけて定型の衣装をつけて識別しやすいようになってはいるものの、敵と味方との区別すら混戦の中ではわかりづらいし、まして味方の中の区別はつきにくい。これが現代の天然色でくっきりと撮影されていたならば随分と違っただろうと思うと、とても惜しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.5こちらのリメイクも検討してほしい

2009年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

工藤栄一監督の「集団時代劇アクション三部作」で、「十三人の刺客」と「大殺陣」は見ていたのだが、「十一人の侍」だけはなぜか見る機会がなかった。それが、今、旧東映直営館で行われている東映時代劇特集企画でようやく見ることができた。新宿バルトさんに深く感謝!、です。

 本作は、長年、心に高めていた期待感を少しも裏切らない、見事な快作だった。「十三人...」は組織的な暗殺計画、「大殺陣」は時代が呼んだテロという見どころがあったが、この「十一人...」は徳川という威厳への挑戦と反抗というところが随所に描かれているのが、とても興味深かった。集団時代劇におけるドラマの側面には、仇討ちモノというのが定番だが、この作品も一種の仇討ちでありながら、徳川側の陰険なやり口などでそこにたどり着けないもどかしさ、というのが丹念に描かれているのは、さすが名匠・工藤栄一監督、とうならされた。

 ラスト三十分近くの集団チャンバラアクションは、他の二本と同じく、凄惨さはすさまじいものだった。ただ、他と違ったラストシーンにちょっと爽快さが感じられたのは、この作品ならではだろう。「十三人の刺客」がリメイクされるらしいが、「十一人の侍」もぜひ、ハリウッドでもいいからリメイクしてもらいたい、と思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こもねこ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る