レザボア・ドッグス

ALLTIME BEST

劇場公開日

34%
48%
15%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クエンティン・タランティーノの監督第1作で、宝石店強盗計画に失敗した男たちがたどる運命を、独特の語り口で緊迫感たっぷりに描いたクライムドラマ。宝石店を襲撃するため寄せ集められた黒スーツ姿の6人の男たち。彼らは互いの素性を知らず、それぞれ「色」をコードネームにして呼び合う。計画は完璧なはずだったが、現場には何故か大勢の警官が待ち伏せており、激しい銃撃戦となってしまう。命からがら集合場所の倉庫にたどり着いた男たちは、メンバーの中に裏切り者がいると考え、互いへの不信感を募らせていく。キャストには本作の制作にも尽力したハーベイ・カイテルをはじめ、ティム・ロス、スティーブ・ブシェーミ、マイケル・マドセンら個性豊かな顔ぶれが揃った。

1991年製作/100分/アメリカ
原題:Reservoir Dogs
配給:ヘラルド・エース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.5四半世紀を経た今だからこそ見直したくなる傑作

2017年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この衝撃作の誕生から早くも25年が経つ。冒頭、”like a virgin”について本筋とは全く異なる持論が展開されるが、まさにこの瞬間、タランティーノの作風を決定づける「脱線」要素が芽を吹いたと言っていいだろう。今更ながら映画を再見すると、最初のダイナーシーンが10分続き、その後も約10分刻みで展開が押し寄せる、極めて計算された構成となっていることに気づく。タランティーノをして「この脚本だけは売りたくない。自分で監督したい」と強く願わせ、結果的に「10代後半から20代後半まで何も良いことがなかった」という彼の人生に、その代償を還元するかのように数々のチャンスとラッキーとサクセスをもたらした本作。おそらくはハーベイ・カイテルが脚本と出会い「一緒にやろう」と声をかけた時、本作をめぐって最高の俳優陣が顔を合わせた時に、成功は約束されたのだ。舞台裏のエピソードも含めて全ての細部を堪能すべき一本。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

3.5会話劇

marさん
2022年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

たしか初めて見たときはVHSテープだったなあなんて考えながら鑑賞。
それぞれの思惑を抱えた人間が集まって、欲とか見栄とか、そして信念とかが交錯する話。

登場人物の全員がまーよく喋る喋る。
会話劇と言っていいくらいセリフの多い、それでいてしっかりまとまった良作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mar

0.5タランティーノ監督の絶賛されまくり映画! なんだけど個人的には極度に眠かった・・・

2022年2月20日
PCから投稿

うーん・・・30年前の上映当時は衝撃的だったということなのだろうか???

個人的な現在視点では1.3倍速でもえらくかったるくスローテンポ。
台詞の掛け合いなどに知的に刺激される要素は見いだせず(これは単に理解力不足かもしれないが・・)
映像的な斬新さも見当たらず(これまた〝視力”が弱いだけかも・・・)

序盤10分ほどから脳の血流が停滞し始め、立って見ていても頭がぐらぐらして本当に辛かった・・・・・。

映画のあらすじでは殆ど手放しの絶賛モードだったので、これはどうしたことかと目を丸くしている状態。

書き込んだ後に情報調べてみます。

追記
他レビューとか映画解説を拝見し〝映画通”であればこの映画は相当に斬新かつ画期的だったみたいですね。
ですからこのレビューは〝映画が分からない人間”のものとしてスルーなさってください。

極度に眠かったのは過食とか低血糖の可能性も考えられましたが、鑑賞後のレビュー書き込み中に頭すっきりしたのでそうではなかったようです。
実は他のタランティーノ作品でも同じような脳血流停滞の経験があるので単純に「波動的な相性」が悪いのでしょう。笑

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
resuwisshu311

3.5熱くて格好良くて残虐で、がギュッと詰まった100分間

2022年2月5日
スマートフォンから投稿

サングラスに黒スーツできめたオープニング、メチャメチャ痺れました。

編集等の事はよくわからないのですが、時系列を巧みに繋げ、全体が少しずつわかってくる見せ方が上手いなと思いました。

あの血の量や耳切はしんどいですが、彼らの情の厚さも意外というか印象的でした。
ホワイトは自分の身よりも常にオレンジの事を案じていたし、ジョーやエディも古い馴染みや昔の恩義を大切にしている。血も涙も無い事をやっているわりには、仲間を信じたり、義理人情を重んじたりと、意外とピュアで熱い一面もあるのだなと思いました。あのラストもそんな熱い気持ちがあっての事だと思うと複雑です。(ピンクは最後までピンクでした…)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
セロファン
すべての映画レビューを見る(全77件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る