レザボア・ドッグス

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

クエンティン・タランティーノの監督第1作で、宝石店強盗計画に失敗した男たちがたどる運命を、独特の語り口で緊迫感たっぷりに描いたクライムドラマ。

宝石店を襲撃するため寄せ集められた黒スーツ姿の6人の男たち。彼らは互いの素性を知らず、それぞれ「色」をコードネームにして呼び合う。計画は完璧なはずだったが、現場には何故か大勢の警官が待ち伏せており、激しい銃撃戦となってしまう。命からがら集合場所の倉庫にたどり着いた男たちは、メンバーの中に裏切り者がいると考え、互いへの不信感を募らせていく。

キャストには本作の制作にも尽力したハーベイ・カイテルをはじめ、ティム・ロス、スティーブ・ブシェーミ、マイケル・マドセンら個性豊かな顔ぶれが揃った。2024年1月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

1991年製作/100分/PG12/アメリカ
原題:Reservoir Dogs
配給:鈴正、フラッグ
劇場公開日:2024年1月5日

その他の公開日:1993年4月24日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5四半世紀を経た今だからこそ見直したくなる傑作

2017年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この衝撃作の誕生から早くも25年が経つ。冒頭、”like a virgin”について本筋とは全く異なる持論が展開されるが、まさにこの瞬間、タランティーノの作風を決定づける「脱線」要素が芽を吹いたと言っていいだろう。今更ながら映画を再見すると、最初のダイナーシーンが10分続き、その後も約10分刻みで展開が押し寄せる、極めて計算された構成となっていることに気づく。タランティーノをして「この脚本だけは売りたくない。自分で監督したい」と強く願わせ、結果的に「10代後半から20代後半まで何も良いことがなかった」という彼の人生に、その代償を還元するかのように数々のチャンスとラッキーとサクセスをもたらした本作。おそらくはハーベイ・カイテルが脚本と出会い「一緒にやろう」と声をかけた時、本作をめぐって最高の俳優陣が顔を合わせた時に、成功は約束されたのだ。舞台裏のエピソードも含めて全ての細部を堪能すべき一本。

コメントする (0件)
共感した! 22件)
牛津厚信

4.0めっちゃバイオレンス

2024年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
じきょう

4.0何といってもマイケルマドセン

2024年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
北枕寝二

4.0屯する腹をすかせた野犬たち

2024年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

誰もが知ってる映画変態マニア、クエンティン・タランティーノの、監督脚本出演デビュー作。

【ストーリー】
ロサンゼルスを拠点とするマフィアのボス・ジョーの元に、息子エディと選りすぐりの6名の悪党たちが宝石強盗チームとして集められた。
彼らは互いをホワイト、オレンジ、ブロンド、ピンク、ブルー、ブラウンと色分けした偽名をつかい、互いの過去を詮索するなと命じられる。
周到な用意がなされた犯罪計画は、だが初手からトラブルにみまわれ、その後のミスも重なって完全に破綻してしまう。
ブラウンが頭を撃たれて死に、オレンジが腹部に弾を受けるという最悪の状態におちいり、リーダー格のホワイトは市民から車を奪っての逃走を余儀なくされる。
どうにかたどり着いた倉庫でも状況は暗澹たるもので、悪党たちの口論と仲間割れがくり返される。

暴力映画ならこの人、クエンティン・タランティーノのデビューにして出世作。
のっけからベラベラベラベラ無意味なこと喋りまくるタランティーノ本人からはじまる、その後の作品群を思い起こさせるオープニング。
さあ計画の始まりだ、と思わせて次のシーンですでに失敗してからの逃走、メイン舞台の倉庫へ。
そこから中間の場面や彼らの過去がフラッシュバックし、何故こうなったのか、そもそも男たちはどのような人物だったのかが倒叙的に語られます。
多用されるフラッシュバックの方が物語の本筋というほど長い独特の構成は、その後あちこちで見かけるようになり、近年では進撃の巨人でも使われた手法ですね。
銃を向けあう「メキシカン・スタンドオフ」という映画用語をメジャーにした作品でもあります。
犯罪映画なのにストーリーよりも存在感に重きをおいたキャラクター主導の作劇は、タランティーノ節というしかないスタイル。
場面の撮り方もスタイリッシュかつ暴力的で、VHS版のパッケージには「この映画、気に入ったぜ!」とあの深作欣二からの推薦の言葉もありました。
ヤクザ映画の大ファンだったタランティーノ監督、深作欣二と出会ったその夜に2人で日本酒三升空けたとか。
さすがバイオレンスの巨匠同士、命がけで飲んでます。

格好いいシーン続出、生々しい暴力が縦横に行使される、バイオレンス映画の傑作です。

コメントする 8件)
共感した! 24件)
かせさん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る