秋刀魚の味(1962)

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

名匠・小津安二郎の遺作となった作品。老いと孤独をテーマに、妻に先立たれた初老男性と結婚適齢期を迎えた娘の心情を、ユーモラスかつ細やかに描き出す。サラリーマンの平山周平は妻に先立たれ、長女・路子に家事の一切を任せて暮らしている。友人に路子の縁談を持ちかけられても、結婚はまだ早いと聞き流してしまう。そんなある日、中学の同窓会に出席した平山は、酔い潰れた元恩師・佐久間を自宅に送り届ける。そこで彼らを迎えたのは、父の世話に追われて婚期を逃した佐久間の娘・伴子だった。それ以来、平山は路子の結婚を真剣に考えるようになり……。父を笠智衆、娘を岩下志麻が演じる。2013年には松竹と東京国立近代美術館フィルムセンターの共同作業によってデジタル修復され、第66回カンヌ国際映画祭クラシック部門でプレミア上映された。

1962年製作/113分/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5チャンソバ屋=瓢箪 魚編に豊=秋に刀の魚

2022年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

知的

内容は、娘を嫁に出す前の父親の気持ちと主人公家族を中心とした群像劇。作品の中に、人生の後悔。真実と嘘。時代錯誤。脆弱己。葛藤と時代性。諦観と希望。絶望と夢。様々なテーマを盛り込んだ小津安二郎作品最後の作品。好きな言葉は『一人になってしまったなぁ…』主人公が嫁に出した娘を思いやる台詞が時代性を感じる。戦後間も無く生きた時代を懐かし見るような言葉は常に繰り返されて監督の諦観に似た言葉だったのかもと感じる所があったからだ。好きな場面は『燕来軒』ひょうたんの経営するソバ屋の屋号を背景に、杉村春子が嫁に行き遅れた後悔と絶望で、酔って老いた父を横目に右向きで涙を🥲流すシーンと対をなすシーンで主人公が餞別を持って来て帰った後『燕来軒』の看板を背後にしつつ、ひょうたんが仕事着のまま深い溜息と絶望に沈んだ目で、右向きに同じ位置に腰掛けるシーンに唸りました。…‥その名前も『燕来軒』嫁に行き遅れた娘に若い燕が飛んでくる様にとの父の思いもあったのかと思うと寂しさが倍増して味のあるシーンだなぁと感じました。その他にも様々なメッセージが豊富にあります。戦後間も無く傷跡深く残る時代の背景もよく分かります。海岸式の敬礼(恥を立てない甲板の上では邪魔になる為)支持する場面は長く戦争の辛さと懐かしさを思う時代だったのかもと思いつつ良い歴史的資料になりました。冒頭の工場の🏭が5本がこの主人公の家族の様で、父に借りた5万円の様でそれぞれ煙に巻く思いが複雑に絡み合いお互いに人の気持ちが分かり合えない事が、人間として社会生活上で過去にも現代にも通じる問題だと思います。お互いの分かり合えない寂しさのと結果人は『ひとりぼっちになってしまった…』そうなのかもと言う監督の思いが込められてる様で深い考えには感慨深い物があります。ミッドポイントで岩下志麻が兄さんの部下と駅で🚉話する場面も折り返しにはピッタリだと思いました。その後に工場の🏭と煙に気持ちの揺らぎが感じられ素直に目に入る表現は素晴らしい。最後の階段下で左向きで寂しげに、でも娘の幸せを切に願う父親の気持ちとそれでも俯きながら座ってしまう背中には様々な思いが飛来し切なくなりました。見る人により様々な思いがあるかもわかりませんが、自分としては非常に見応えのある作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コバヤシマル

4.0秋刀魚出てきた?

としさん
2022年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2022年6月24日
映画 #秋刀魚の味 (1962年)鑑賞

#小津安二郎 監督の遺作

妻に先立たれた初老男性と結婚適齢期を迎えた娘の組み合わせ

#岩下志麻 さんが綺麗なこと

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

4.0東野英治郎

kossyさん
2022年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ひょうたんとあだ名された先生・東野英治郎の泥酔演技はさすが。素面の時の平身低頭姿勢も哀愁を漂わせていい雰囲気だ。掃除機、冷蔵庫、高度経済成長期における三種の神器と呼ばれる家電と生活臭が懐かしさいっぱい。といっても知らない時代ですが。

 見合いでもなく、周りでどんどん縁談をすすめる昭和の良き時代。兄の同僚の三浦にちょっと気があっただけだったのにすれ違いで・・・と、その後があっさり決まってしまう。子どもたちの目線はほとんどなく、父親と親友2人の描写が中心。

 「(人生は)ひとりぼっち」という言葉で、小津の人生観を象徴する。結婚させた方が娘の幸せになるんだという思いが伝わってくるが、それよりも寂しく死に行く前に身辺整理をしただけのような気がしてならない。日本の敗戦についての考察も興味深いところだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

5.0笠さん素敵☆彡

さん
2022年1月5日
iPhoneアプリから投稿

あんなお父さんいいなぁ!

会社の上司でも良いなぁ!

セリフも洗練されてて無駄がない

とってもいいですね☆彡

又、見たくなる小津安の作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
花
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「秋刀魚の味(1962)」以外にこんな作品をCheck-inしています。