秋刀魚の味(1962)のレビュー・感想・評価

秋刀魚の味(1962)

劇場公開日 1962年11月18日
15件を表示 映画レビューを書く

小津作品

どれ見てもいっしょーヽ(^。^)ノなんだけど
どれも好きだな~
映像的にはこれが一番好きかな
遠い昔、思い出したくてもあまり記憶にない昭和を無理やり
自分のものとしようとする映像
しかし人の考えることは根源的にに変わってない

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モノクロからカラーとなってもまだまだ続く嫁に行くのか行かぬのか問題...

モノクロからカラーとなってもまだまだ続く嫁に行くのか行かぬのか問題。ってこれ、遺作なんですね。最後までこのテーマを貫いた姿勢は圧巻。

ラストの笠智衆の姿、以前にもあったよね。そういや団地とか、会社も見た記憶があるぞ!使い回しか?(笑)

今回はカラーになったせいか、さまざまなエピソードがあったためか、また新たな感覚で楽しめました。
ヒロインはやはり紀子でいって欲しかった。新ヒロイン、岩下の志麻姐さんがウブです、演技がちょい寒いです(笑)
ところで秋刀魚って何だ?

はむひろみ
はむひろみさん / 2018年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間が引き立つ、日本の映画

1962年の作品。とにかく味がある映画。日本の座敷での生活を表現した超ローアングルの連続。そして、独特の会話(,受け答え)と間。
当時、笠智衆は58歳。劇中では55歳。でも随分とおじいさんに感じる。今の感覚からだと、どう見ても70過ぎに見える。この50年間で、年齢に対するイメージがこんなにも変わるのかなぁ。岩下志麻は当時21歳。とんでもなく綺麗!当時の銀幕の美人ってレベル凄すぎ。

Jeffy Rider
Jeffy Riderさん / 2018年1月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古き良き時代の黄昏を感じてください。

いい時代の予兆。ここから日本が本格的に成長していくんだな。
でも、この時代に残っていた良さは、同時に失われて行く。
そんな感じで黄昏てみました。

主人公の同級生の自宅にソニーのTV5-303があるのが見えて、うれしかったりしました。

かずぴん@cinema
かずぴん@cinemaさん / 2017年3月19日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストの「独りぼっちかぁ」が印象的。トリスバーでの元軍艦の乗組員が...

ラストの「独りぼっちかぁ」が印象的。トリスバーでの元軍艦の乗組員が軍艦マーチで敬礼しながら、行進する姿もキュートで良かった(*´∀`)
打ちぱなしのゴルフ練習場のシーンで長男のゴルフスィングに惚れ惚れした。後エプロン姿の長男に萌え~(*^^*)

もっもしー
もっもしーさん / 2016年7月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●古き良き昭和。

スーツ姿の笠智衆は初めてだ。
高度成長期突入段階の日本。
女性が普通にお茶汲みしてたり、冷蔵庫買おうか迷ったり。
ゴルフクラブやハンドバックに憧れたり。

一方で、戦争の会話も。
「なんで負けたんですかね」「負けてよかったんだろう」
東京物語でも、こういう1コマがあったな。

バーで軍艦マーチをかけてもらう。
ご機嫌に踊り出す。
曲に合わせて敬礼する。

教育ってのは怖いもんで、戦後世代はなんとなく軍歌に抵抗を感じる。
でも彼らにとっては、青春真っ只中の盛りの流行歌なんだろうと実感させられる。
別に軍歌そのものが悪いワケじゃない。

同じように、適齢期が来たら女性は結婚を、とか、
日本人みんながほとんど同じ価値観で生きていた時代。

そうやって見合いでスッパリ嫁に行ったり、
娘がいなくなったらなったで、男たちは生きて行く。

人間がその寿命の中で、それぞれのタイミングを理解して
自然の摂理に抗うことなく生きた時代。

時に窮屈さもあっただろうが、人はリミット決めないと
ダメだなあと感じさせられた。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

鱧の味は? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

娘を嫁に出す寡夫の話…
「晩春」「秋日和」と、また変わり映えしないなぁと思いながら観ましたが、笠さん、東野さん、杉村春子さんの演技がとても良かったです。

やさぐれた一人娘と暮らしながら、中学時代の恩師「ひょうたん」の孤独に酔い潰れる姿を見て、こうはなるまいと急いで娘を嫁に出す主人公ですが、送り出した結婚式の晩、結局「ひょうたん」化してしまいます。

当の結婚する娘の立場からすると、以前の作品では、結婚するのか、恋愛と結婚は別か、といった辺りまででしたが、今回娘はあえて?間接的にフラれてからのお見合い結婚です。

気の強い長男の嫁や娘の家庭での態度は、戦争に負けて少しずつ生活も意識も欧米化し、女性がものを言い、色々な意味で女性の立場が向上してきた変化を物語るようでした。

everglaze
everglazeさん / 2016年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔の池上線とかトリスバーとか、トマトを借りる団地の付き合いとか。5...

昔の池上線とかトリスバーとか、トマトを借りる団地の付き合いとか。50年経つと世界って変わりますね。
娘が嫁に行く頃になったらもう一度観たいと思います。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2016年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めての小津作品鑑賞。 有名な構図や、お父さんの佇まい、そして岩下...

初めての小津作品鑑賞。
有名な構図や、お父さんの佇まい、そして岩下志麻の美しさがすばらしかった。

m
mさん / 2016年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

秋日和と日をあけず観たせいか前半は笠智衆と佐分利信の設定が違うだけ...

秋日和と日をあけず観たせいか前半は笠智衆と佐分利信の設定が違うだけの同じ映画のように似た空間でストーリーがゆっくり進んでいく。何気ない日常の積み重ねを描きながら人生の深さを感じる風情ある映画だった。小津作品にはいつも人間の孤独を感じる。

tsumumiki
tsumumikiさん / 2016年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軍艦マーチのシークエンス

 元駆逐艦の艦長である笠智衆が、当時の乗組員だった加東大介とバーへ行くシークエンス。この部分は映画の本筋とは直接関係のない話であるのに、わざわざ挿入されたのはなぜだろう。
 軍艦マーチに合わせて敬礼をする加東に応えて、笠とバーのマダムの岸田今日子が掌を顔にかざす。この時の岸田の表情のなんと可愛らしいことか。控えめに微笑みながら頭を左右に揺らす彼女からは、後年のおどろおどろしい役柄にぴたりとはまる女優を想像することはできない。
 そして、敬礼をしながら行進を始める加東のコミカルな姿は、どこまでが冗談で、どれくらい真面目なのか見当がつかない。この人の芝居にどこまで本気で付き合えばいいのか分からない状況を観客はしばし楽しむことができる。こうした演技はこの人をおいて他に出来ないだろう。主役の笠ももちろんだが、加東もオンリー・ワンの俳優だ。
 考えてみれば、他にも代替えのきかない俳優が何人も出ている。中村伸郎だって、あの冷めた毒舌と下ネタで友情を温め合う芝居など他にできるものがいるだろうか。杉村春子だって、あの行かず後家の品格を保ったやさぐれ感を他のどの女優が出せるというのか。
 しかし、このシークエンスで重要なのは加東や岸田の魅力ではない。彼らの仕事の素晴らしい出来映えとは本来関係のないところにこのシークエンスの意味がある。
 笠と加東が「もしも戦争に勝っていたら」という話をする。もし日本がアメリカとの戦争に勝っていたら、今頃はニュー・ヨークにいるかも知れないと夢想する加東に対して、負けてよかったのではないかと応じる笠の会話。
 下らない連中が威張り散らすことがなくなっただけ、戦争に負けて良かったのではないか。
 これがこの二人の結論であった。
 戦争を経験してきた者たちのこれが感想なのだろう。家が焼けた、食べ物に不自由をした。そんなことよりも、バカが大威張りだったことのほうが嫌な思い出だったのである。
 だからこそ、お道化て軍艦マーチのリズムに乗ることができるのだ。あれを偉そうに押し付けた者たちを茶化すことで、嫌な思い出を笑い飛ばしたいのだ。
 遺作となった小津安二郎監督はどうしてこのような戦争への回顧を映画に差し挟んだのだろうか。きっと鉄筋コンクリートの団地で核家族という物語を始めた人々に、憶えておいてほしかったのだろう。

 それにしても、ゴルフの練習をする佐多啓二のフォームはきれいだった。実生活でもかなりやり込んでいたんだろう。

よしただ
よしたださん / 2015年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

間のぬけた演技が面白い

笠智衆の芝居はジブリっぽい。となりのトトロのお父さんや、耳をすませばのお父さんのような感じ。男はあのくらいがちょうど良い。

ツクモ
ツクモさん / 2014年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゆっくりと時は流れて

日本で繰り返し描かれてきたテーマ。

娘の嫁入りに憔悴する父と、その家族について。

定番中の定番だからこそ、ごまかしはきかない。

ドキュメントに近いような、飾りたてない演技。

ゆっくりと時は流れていく。

少し色あせた灰色の映像に、赤や黄色の差し色が効いている。

なんとも、美しい・・・

この時代に自分も生きている様に感じる、リアルな世界観。

だから一度観だすと、深く引き込まれてしまう。

ニッポン・ノスタルジーに支配される、心地良さに身を任せてみては?

momogaria-no
momogaria-noさん / 2013年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古き良き映画、でも自分好みではないかも

総合:60点
ストーリー: 65
キャスト: 65
演出: 55
ビジュアル: 65
音楽: 65

 人々のありきたりの日常と彼らの抱えるささやかな問題を、しっかりと話としてまとめて映画化するという点において、本作は独自の位置を確保している。やたらと派手な出来事や目を引く映像がなければ映画化にならないことが多いであろう娯楽産業において、この位置づけは興味深い。その中で、恩師とその娘の人生の「失敗例」としての描き方はなんとも厳しい。
 しかしこのころの映画の特徴なのか小津安二郎監督の特徴なのか知らないが、科白は互いに重なることもなく交互に順番で行儀よく喋られる。映画の中の会話というよりも舞台演劇の科白回しのようだ。しかも淡々と棒読みをするだけである。現代の映画を見慣れていると、それがいかにも演技という感じを受けてあまり自然な演出には思えない。セットもたいしたことはない。
 この不自然な演出も含めて、なんとなく良さはわかりつつも、それほど好きな作品とも言い難い。やはり昔の映画だなと感じるし、のんびりしたなかなか進まない話にもちょっと退屈を覚えることもある。世間の評価も高いし古き良き映画なのだろうが、もしかすると自分の世代の好みではないのではないかと思う。いやでも若い世代もこの映画を支持しているようだから、ただ単に自分の趣味にぴったりとは合わなかったということか。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あっ、わかってる、わかってる、しっかりおやり。幸せにな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「秋刀魚の味」(小津安二郎監督)から。
今更、私がわざわざ書かなくても・・と思うくらい、
驚くほどの人たちが、この作品の感想をネット上に書いている。
そしてまた、全編を通して、一度も登場しないのに、
タイトルが「秋刀魚の味」だから、その推測も多くの人が・・。(笑)
一度、「秋刀魚の味」で検索して欲しい、本当にビックリするから。
さて、私は私の方法で・・とメモした台詞を振り返って眺めていたら、
ひとつ気付いたことがある。
1回の台詞が非常に短く、NGを出すような長い台詞は無いに等しい。
それが、ひとつのリズムとなって、画面の切り替えに繋がっている。
日常生活の家族の会話って、こんなもんだよなぁ、と感じた。
最近、1人の台詞が長くて、走り書きでメモをするのに苦労するが、
この作品は、そんなことは1度もなかった。
だから今回の「気になる一言」は、あえて長い台詞を選んでみた。
岩下志麻さん扮する娘が、結婚式を前に、父親役の笠智衆さんに、
お決まりの挨拶をするシーン。
「おとうさん・・」と口にした途端、その後の彼女の台詞を遮って
「あっ、わかってる、わかってる、しっかりおやり。幸せにな」。
これが、娘を嫁にやる父親の気持ちであり、
「長い間、お世話になりました」というフレーズは耳にしたくない、
父親の本音が伝わってきた。
ニュースになるようなことは何も起こらない、
どこにでもある日常生活なのに、こんな温かい胸を打つ作品になるのは
「魔法」を使っているとしか、言いようがない。
そう「オズの魔法使い」ではなく「小津は魔法使い」です。

shimo
shimoさん / 2011年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi