さびしんぼう

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
40%
47%
9%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

尾道を舞台に、少年の淡い恋、彼の前に突然現われた少女時代の母親“さびしんぼう”と少年との交流を描いたファンタジー。山中恒原作の「なんだかへんて子」の映画化で、脚本は「天国にいちばん近い島」の剣持亘、内藤忠司、大林宣彦の共同執筆。監督は「天国にいちばん近い島」の大林宣彦、撮影は同作の阪本善尚がそれぞれ担当。

1985年製作/112分/日本
原題:Miss Lonley
配給:東宝

ストーリー

寺の住職の一人息子・井上ヒロキは、カメラの好きな高校二年生。母タツ子は、彼に勉強しろ、ピアノを練習しろといつも小言を言う。ヒロキのあこがれのマドンナは、放課後、隣の女子校で「別れの曲」をピアノで弾いている橘百合子である。彼は望遠レンズから、彼女を見つめ、さびしげな横顔から“さびしんぼう”と名付けていた。寺の本堂の大掃除の日、ヒロキは手伝いに来た友人の田川マコト、久保カズオと共にタツ子の少女時代の写真をばらまいてしまった。その日から、ヒロキの前に、ダブダブの服にピエロのような顔をした女の子が現われるようになる。彼女は“さびしんぼう”と名乗り、ヒロキと同じ高校二年生だという。ヒロキ、マコト、カズオの三人は、校長室のオウムに悪い言葉を教え停学処分を受けた。その際中、ヒロキは自転車に乗った百合子を追いかけ、彼女が船で尾道に通って来ていることを知る。冬休みになり、クラスメイトの木鳥マスコが訪ねて来た。そこに例のさびしんほうが現われ、タツ子に文句を言いだす。そして、タツ子が彼女を打つと何故かタツ子が痛がるのだった。お正月、タツ子の高校時代の友人・雨野テルエとその娘・ユキミが訪ねてきた時もさびしんぼうが現われ、高校時代のテルエの悪口を言いだし、タツ子も加わって大喧嘩となる。節分の日、ヒロキは自転車のチェーンをなおしている百合子を見かけ、彼女の住む町まで送って行った。自分のことを知っていたと言われ、ヒロキは幸福な気分で帰宅した。バレンタインデーの日、さびしんぼうが玄関に置いてあったとチョコレートを持って来た。それは百合子からで、「この間は嬉しかった。でもこれきりにして下さい」と手紙が添えてあった。さびしんぼうは、明日が自分の誕生日だからお別れだと告げる。そして、この恰好は恋して失恋した女の子の創作劇だと答えた。翌日、思いあまってヒロキは、百合子の住んでる町を訪ね、彼女に別れの曲のオルゴールをプレゼントした。雨の中、家にもどったヒロキをさびしんぼうが待っていた。彼は濡れた彼女を抱きよせる。気がつくとさびしんぼうは消えていた。翌朝、タツ子が道におちていた自分の16歳の時の写真を発見した。ヒロキがのぞくとそれはあのさびしんぼうだった。そして、数年後、寺を継いだヒロキの隣には百合子がいた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5大林監督を偲んで

ミカさん
2020年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

父が映画好きだったので、大林監督の作品を鑑賞したのは小学生の時。特に尾道3部作である『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』は大のお気に入りで、父と一緒に尾道を訪れたこともあります。

今作はもう何回目かの鑑賞ですが、大林監督を偲んで改めて大林作品を見直しています。

とにかく、監督はとてもロマンチスト。『異人たちとの夏』でも若き日の母親と主人公が同じ時を過ごしていましたが、今作もそれは同じ。監督は、一生自分とは恋愛関係にならない母親と作品を通して恋愛しているのかな?と思います。それくらい、愛しているのですね。

35年も前の作品なので、今鑑賞すると?なところもあり評価は色々と割れていますが、私はこの時代の尾道の風情と文化を残した貴重なフィルムだと思います。『奥ゆかしい』が分からなければ、百合子みたいな子と言えばいいかもしれません。

別れの曲を初めて聞いたのも、今作です。小学生ながらとても悲しい気持ちになりましたが、今では大好きな曲です。監督のおかげですね。

『男の子っていつでも母親に恋してるものなのよ』

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

3.5木魚と別れの歌

Kjさん
2020年9月9日
iPhoneアプリから投稿

ラストの解釈。木魚のリズムに合わせて、別れの歌を弾くシーンがあるが、ヒロキは後に木魚を叩くと別れの歌を連想するに至るようになる。周りから何を考えているかわからんオッサンとなった坊主は、ポクポクと叩きながら頭の中では、青春の若い切ない想いが溢れかえっているようだ。オッサンでもそんなもんだという監督の自白かな。
コメディであるが、藤田弓子は出てくるだけで笑えた。樹木希林と小林聡美の親子コンビは空前絶後。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

5.0富田靖子さん、最高です。

2020年9月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハリソン

4.0昔数えきれないほど見返した

2020年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画が好きで何度も何度も見返した。
あの当時はノスタルジックな雰囲気が好きで見てたが、
内容は今ひとつ理解してなかったと思う。

今日数十年ぶりに見てようやく話を理解した。
モヤモヤしていた部分がすっきりして懐かしい気持ちと同時に
あの時強烈に感じたノスタルジックな気分はだいぶ薄れてしまった。
純粋な気持ちで見ていたあの頃と違い歳を取ってしまったのかな?

因みにこの映画が好きで尾道もわざわざひとりバイクに乗って旅したっけ。
とても素晴らしい景色で料理も美味しかった。
夕焼けに照らされた寺院が映画の様に綺麗だったのを思い出しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジュリエッタ
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る