ざ・鬼太鼓座

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ざ・鬼太鼓座
100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「瞼の母」(1962)や「緋牡丹博徒」シリーズなど数々の娯楽映画を世に送り出し、85年に他界した加藤泰監督の遺作となったドキュメンタリー。新潟・佐渡島で太鼓を鳴らし続ける芸能集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」の若者たちを撮影し、約2年の歳月をかけて製作された。雪の積もる町や海岸を走って肉体を鍛え、和楽器の演奏に没頭する鬼太鼓座の若者たち。「鬼剣舞」「佐渡おけさ」「津軽じょんがら節」などを力強く奏でる彼らの姿を、櫓や火山を模した美術セットを背景に、加藤監督独自のスタイルで映し出した。映画完成後は、限定的な公開やイベントでの上映のみで披露されてきたため、長らく幻の映画とされてきた。加藤監督の生誕100年となる2016年、35mmネガフィルムからのデジタルリマスター作業が行われ、同年のベネチア国際映画祭クラシック部門で上映。日本でも第17回東京フィルメックスの特別招待作品として上映される。

1981年製作/105分/G/日本
配給:松竹メディア事業部
日本初公開:1994年10月22日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1989「ざ・鬼太鼓座」製作委員会

映画レビュー

5.0ミュージカル

花火さん
2016年12月21日
Androidアプリから投稿

 純粋に太鼓を叩き、音を奏で、舞い踊っている彼らと相似して、映画そのものがリズムをもって躍動してる。同録でカットを割りながら、音が繋がっている技術的巧みさと執念。予告に使われた「臨界点」という言葉に相応しい演奏シーンは必見。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花火
すべての映画レビューを見る(全1件)