極道記者

劇場公開日:

解説

酒と博打と女に目がない競馬記者の生き様を描くギャンブル・ドラマ。塩崎利雄の原作(白夜書房・刊)をもとに、「スキンレスナイト」の望月六郎が監督。脚本は望月と前川洋一が担当し、「ありふれた愛に関する調査」の奥田瑛二が主演する。

1993年製作/100分/R/日本
配給:大映
劇場公開日:1993年7月19日

ストーリー

関東スポーツの競馬記者・松崎、人呼んで“極道記者”。いきつけのスナックの飲み仲間・梅崎から競馬のノミ屋をはめる企てに加わるよう頼まれた松崎はレースを予想し、見事に成功するが、いざ金をせしめる段になると相手はヤクザを雇ってきた。困り果てた梅崎は再度松崎に泣きつき、彼は仕方なく腐れ縁のヤクザ・前川に介入してもらい、事なきを得る。そんなある日、いつものように朱美の部屋を訪れた松崎は待ち伏せしていた妹の由紀と寝てしまう。その事を知った朱美は自暴自棄になり、前川に誘われるまま手本引きの博打に手を出し九〇〇万も取られてしまった。その金を松崎は肩代わりしようとするが、逆に博打に負け五〇〇万の借金を作る。そんな松崎に競馬のカモを紹介し、手を組んでひと儲けしようと持ちかけた前川は、だがチンピラとのいざこざで足を刺され、出血多量であっけなく死んでしまった。松崎や博打の仲間たちは、前川が死の間際に予想したマティリアル杯の馬券枠番1―6を弔いの意味も込めて買い、それは見事に的中する。だが松崎は感傷に留まることなく、また次のレースにと向かうのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る