県警対組織暴力

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
26%
66%
6%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

広島抗争事件を背景に一人の悪徳刑事を通して地方誓察の腐敗、捜査刑事とやくざの癒着ぶりを描く。脚本は「あゝ決戦航空隊」の笠原和夫、監督は「仁義の墓場」の深作欣二、撮影は「まむしと青大将」の赤塚滋がそれぞれ担当。

1975年製作/100分/日本
配給:東映

ストーリー

昭和32年。大原組内紛による倉島市のやくざ抗争は、反主流派・三宅組長の射殺と、大原組長の逮捕で一応終止符を打った。三宅派の友安政市が組を解散後市会議員となってから市政の腐敗が目立ち、友安の可愛がる大阪の流れ者・川手勝美が組を結成して以来、大原組の留守を預る若衆頭・広谷賢次との小競合が頻繁に起こるようになった。昭和38年。倉島署、捜査二課の部長刑事・久能徳松は、暴力班のベテラン刑事として腕をふるっていたが、現在の警察機構では久能がどんなに実績をあげても、昇進試験にパスしない限り、警部補にはなれない。彼の10年先輩の吉浦部長刑事がそのいい見本であった。二人はそれぞれ、やくざを取締るにはやくざの分際まで落ちなければ職務を全うできないと心得ていた。久能は6年前、三宅組長を射殺した広谷の犯行を見逃してやって以来、二人は固い絆で結ばれている。今度も久能は友安が川手組の縄張り拡張のために職権乱用した事をつきとめ叩きつぶした。倉島地区の暴力取締り本部が再編成されることになり、県警本部から若手エリート警部補・海田昭一が赴任した。海田は、法に厳正、組織に忠実、やくざとの私的関係を断つ、と、三点をモットーに本部風を吹かせた。海田のやり方に反撥した吉浦は退職した。時同じくして久能は妻の玲子に離縁状を叩きつけられた。数日後、吉浦は川手組の顧問となり、久能は捜査班から遠ざけられた。翌日、大原組長出所祝いの花会で大原は再び逮捕され、組の解散を迫られた。これらは友安に買収された海田の描いた絵図だったが、追いつめられた広谷は久能を責めた。そして海田に反抗した久能は自宅待機を命ぜられた。一方、窮地に立たされた広谷は、吉浦をホテルに監禁し、海田と取引きした。これを無視した海田は、久能に広谷説得を要請した。自らの意志で広谷に接近した久能は、川手組の解散、広谷等の減刑、という条件で自首を納得させた。「花道じゃけん、カッコつけさせてくれ」と言って久能に手錠をはずさせた広谷は、突然海田の拳銃を奪うと車に飛び乗った。久能は腰の拳銃を抜きざま広谷の頭部を射った……。昭和40年。倉島署内の一派出所の巡査・久能徳松は、バイクで巡回中、接近して来た一台の乗用車にはねられ即死、交通事故として処理された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0鎧を着ている「漢」たち

2019年12月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

興奮

『刑事の衣を借るヤクザ』

「刑事という職業が下司(ゲス)だというのは、戦前では常識であった。最近ではTVドラマの影響で刑事モノが流行りで、そんな感覚は大衆の中から消滅したらしい…それとも現代そのものが、下司(ゲス)の時代に、なってしまっているせいか…」(笠原和夫)

「ハリウッド映画があれほど膨大な資力を費やしても、ある一点に限り、かつての東映ヤクザ映画に勝てないのは、欧米の男たちが本来『鎧』を着ていないからだろう…」(浅田次郎)

「元来、警察官といい、極道といい、元を辿れば小学校や中学校で同窓だったという間柄であり、ひと昔前は同じ土地で就職先が違っただけ…あるヤクザがパクられ、署内に顔見知りはいないかと見回していたら、高校時代に事件を起こした奴がいた。[なんじゃ、わりゃァ、またパクられよったんか?]と声をかけたら…[い、いやぁ、わし巡査になったんじゃ…]と頭を掻いていた」(笠原和夫)

「鎧を着ている男たち」とは1987年に刊行された本作の脚本家・笠原和夫の著書…本作は笠原氏が、実際に取材した話がベースにあり、あの時期、痺れる様な興奮で没頭して来たヤクザ世界への情念と知識はタダ事ではない。

『お茶漬けは血の味』

「暴力と飲食と馬鹿笑い」…破綻に次ぐ破綻、どんどんブッ壊れていく男たち…看板に偽りなしの暴力、あわてて喰う寿司、邦サンと遠藤サンのキモカップル、茶漬けをすすりあげる松方サン、叩き割られる一升瓶、床に払い飛ばされる梅宮サンのカレーライス、向田邦子のドラマと真逆な佐野サン、ハレンチ山城の酔っぱらい暴走、引きずり回される川谷サン、車で拉致りカップルリンチ、極めつけはヤクザ警察仲良く入り交じりドンチャン騒ぎ…。

一番壊れかけてたのは、深作監督自身かも?…本作と同年に「仁義の墓場」「資金源強奪」「新・仁義なき戦い/組長の首」…当時の深作監督は、一寸先は狂気と言っても過言じゃない、尋常ならざるボルテージ、才能とパワーが耳から溢れ、魂が抜ける一歩手前だっただろう…さらに神がかりな恐ろしさは、この後、何度も監督としてのピークを迎えている事…。

あれだけの壮絶なメンツを自在に操る監督に、島田紳助は「監督、それ猛獣使いですやん」(「CLUB紳助」で深作監督との対談で)…「深作組で、重要なシーンを無事撮りあげた後、役者たちは興奮が収まらず、夜通し飲み歩いた揚げ句、喧嘩、スピード違反、女とのスキャンダルに溺れたりする。兎に角一般の囲いというものを破らない事には、余熱が引かないのである。最近はそんな事をマスコミが騒ぐ傾向が深まり、役者たちは皆常識人になってしまい、無味乾燥だ」(笠原和夫)

…あと、実現してほしかった松田優作版「海燕ジョーの奇跡」を夢想する…あらゆるフォロワーが生まれたが…笠原和夫とタッグを組んだ、70年代の深作には勝てないし、勝負にならない。特に「仁義なき戦い」最初の4作+本作「県警対組織暴力」は、魑魅魍魎なる人間社会をサバイブするヒントと勇気を与え続けてくれる…作品に関わった全ての方へ、感謝と黙祷を捧げます🎬🙏

※引用&参考文献
「鎧を着ている男たち/笠原和夫」
「別冊宝島/ヤクザという生き方②
「破滅の美学/笠原和夫」
「映画秘宝/03年4月号/生涯絶対深作主義」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
地蔵菩薩

4.5「仁義なき」チームがあぶり出す警察とヤクザ癒着の実態

2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

「仁義なき戦い」のスタッフやキャストが再集結し、警察とヤクザの癒着をあぶり出した東映実録路線。久々に鑑賞。

笠原和夫氏の社会派な脚本と深作欣二監督のリアリティ溢れる演出が見事な融合を見せ、重厚で隙のない完成度の高さが印象的だった。

東映俳優陣の演技も圧巻。特に主演の菅原文太の脂の乗り切った演技は素晴らしすぎた。

流石「仁義なき戦い」を作り上げた黄金チームといった感じ。警察とヤクザの癒着の実態を見事に描ききった傑作実録路線だった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アントキのバンデラス

4.5梅宮辰夫の棒演技以外は素晴らしい

たまさん
2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

ヤクザ映画に燦然と輝く作品。川谷拓三のリンチされっぷり、金子信雄のとんでもねえ狸親父っぷり、そして菅原文太の警察とは思えないようなワイルドさ。何遍観ても飽きがこない。
警察とヤクザは根っこは同じだというテーマを描き切った名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たま

4.5松方弘樹の旗を振るマル暴刑事菅原文太

2019年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

昭和38年倉敷からスタート、すぐに32年に。終わりは40年。
松方弘樹の馬乗りバックシーンが強烈
梅宮辰夫班長が31歳設定とは驚愕
成田三樹夫がいうほど活躍しない
金子信雄は仁義なき戦いと同じようにいやらしい役どころ
松方弘樹に心酔する室田日出男。幼馴染みの山城新伍を撃って男泣き
川谷拓三が裸にむかれて人が狩りでシバかれる
実録モノカラーは濃いがこれはフィクションとか

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る