黒部の太陽

劇場公開日

28%
51%
14%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

木本正次の原作『日本人の記録・黒部の太陽』(毎日新聞社刊)を、「女たちの庭」の井手雅人と、「日本列島」の熊井啓が共同で脚色し、熊井啓が監督した黒四ダム建設のドラマ。撮影は「情炎(1967)」の金宇満司。

1968年製作/196分/日本
原題:A Tunnel to the Sun
配給:日活

ストーリー

関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。間組の国木田と熊谷組の下請会社の岩岡源三は、ともに現場責任者の北川を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。昭和三十一年八月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切った。九月に入って剛は偶然、由紀と会い、親しさを増していったが、彼女が父の北川の身を心配するのを見て、源三の様子を見に黒部に向った。源三はめっきりと体が弱くなっていた。北川の黒四にかける熱意にほだされた剛は父に代ってトンネル掘りの指揮をとることになった。こうして工事が始って半年、犠牲者はすでに十六人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。翌年の四月、北川たちが恐れていた事態が起った。軟弱な花岡岩帯にぶつかったのだ。五月に入ってすぐ、山崩れと大量の水がトンネルを襲った。この危機を切り抜けるため、色々な技術プランが検討されたが、工事は一向に進まなかった。そんな折りも折り、北川は次女の牧子が白血病にかかって入院し、生命はあと一年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。現場は労務者が一人、二人と去っていく状態で、彼らの士気は上らなかった。一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の十二月、ついに難所を突破。翌年十一月、剛は由紀と結婚した。そして二月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和三十八年三月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0日本人の魂の記録

2022年3月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

感動した‼️自然に、人間に、そしてその魂に‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

5.0巨大プロジェクトとそれに立ち向かう親子の葛藤

静葉さん
2022年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

トンネル採掘工事を請け負う親子の話として閲覧すると…
トンネル工事中に事故に巻き込まれた父と兄。兄はその際亡くなり、弟は外国で掘削に関する技術を学んでいる。
その親子がトンネル工事を請け負い、弟は兄の死を親の責任と感じ嫌ってはいるが…という感じだった。
兄の死に関して、親は何も語らず、だからこそ弟はその事故の原因は父にあるとしていたが…

非常に長い映画で、私はこの作品をオンデマンドで視聴していた。なので、いつでも映像を止めて休息することができたわけだが…
しかし劇場公開となると、約200分もある映画なのだ、一気見することは難しかったのだろう、映画中に「休憩」という大きな見出しが出た時はちと驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
静葉

4.0吉村昭の「高熱隧道」もおすすめ

2022年2月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

若い裕次郎の映画を初めて観た。三船敏郎は荒くれ侍のイメージだが、

本作では線が細く、実直なサラリーマンを見事に演じていた。

電力需要の増大に合わせ、水力発電のためのダムが作られる。

そのためにトンネルが掘られるのだが、これが危険を伴う難事業。

人々の豊かな生活の裏には、それだけの血と汗が流されていることを

教えてくれる。以前プロジェクトXにも取り上げられた。

私が印象残ったのは父子関係。親父を否定しながらも、黒部に残り、

親父が現場に出れなくなると指揮を取る息子、息子はトンネルを貫通

させるが、親父は静かに身を引く。息子は親父を理解し、親父は

息子を認める。

この映画は、黒部第四ダム建設の話だが、黒三の話が、吉村昭の

「高熱隧道」。黒四より20年くらい前の話なので、より人に頼る

事業で、より事故も多く悲惨。読んでみてください。

映画の中でも、宇野重吉が黒三を回想するシーンがあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
藤崎敬太

5.0黒四ダム

2022年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スターシステムが崩れた独立プロ系の超大作で、電力会社やゼネコンが前売り券を引き受け、興行も大ヒット、映画もとても面白かった。
今回観たのは完全版で196分、出水のシーンは大迫力だった。
昭和の日本人はとんでもないプロジェクトを成功させていた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る