黒部の太陽

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

木本正次の原作『日本人の記録・黒部の太陽』(毎日新聞社刊)を、「女たちの庭」の井手雅人と、「日本列島」の熊井啓が共同で脚色し、熊井啓が監督した黒四ダム建設のドラマ。撮影は「情炎(1967)」の金宇満司。

あらすじ

関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。間組の国木田と熊谷組の下請会社の岩岡源三は、ともに現場責任者の北川を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。昭和三十一年八月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切った。九月に入って剛は偶然、由紀と会い、親しさを増していったが、彼女が父の北川の身を心配するのを見て、源三の様子を見に黒部に向った。源三はめっきりと体が弱くなっていた。北川の黒四にかける熱意にほだされた剛は父に代ってトンネル掘りの指揮をとることになった。こうして工事が始って半年、犠牲者はすでに十六人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。翌年の四月、北川たちが恐れていた事態が起った。軟弱な花岡岩帯にぶつかったのだ。五月に入ってすぐ、山崩れと大量の水がトンネルを襲った。この危機を切り抜けるため、色々な技術プランが検討されたが、工事は一向に進まなかった。そんな折りも折り、北川は次女の牧子が白血病にかかって入院し、生命はあと一年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。現場は労務者が一人、二人と去っていく状態で、彼らの士気は上らなかった。一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の十二月、ついに難所を突破。翌年十一月、剛は由紀と結婚した。そして二月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和三十八年三月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。

1968年製作/196分/日本
原題:A Tunnel to the Sun
配給:日活

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0・クソ親父にむかむかしてたのは思うツボなのか ・貫通した歓喜を工事...

小鳩組さん
2019年4月25日
iPhoneアプリから投稿

・クソ親父にむかむかしてたのは思うツボなのか
・貫通した歓喜を工事に無関係の私ですら味わえた
・喜びでは終わらせないことにうなる
・加藤武は日本映画になくてはならない人だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小鳩組

3.0完全版を鑑賞。「休憩」の文字にびっくり。それくらい長い。それ故、超...

2016年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

完全版を鑑賞。「休憩」の文字にびっくり。それくらい長い。それ故、超大作って感じで評価も高いようですが、個人的にはやや疑問。正直、もっと短くまとめられる感ありです。
冒頭の転落で危機感をあおり、その後は水攻めだ。この映画の見せ場なのでしょうが、これが長い長い。こちらも洗濯機の中に入れられているような気になります。これからの夏の季節、涼しくなるかも(笑)
2時間20分頃からはいろいろあって楽しめます。
ところで裕次郎、あんたはなぜ坑夫になってるの?とか、おいおいいいとこ独り占め?そりゃないよとか、つっこめます。
樽酒をヘルメットで呑むのはやめましょう(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

2.0●先人達の結晶と、興行と。

2016年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

史実に基づいた黒部ダムの歴史。
昭和だ。今なら工事着工に至らないだろう。
劣悪な環境。先人たちの偉大な功績。

三船プロと石原プロの共同制作。
映画は大ヒットしたらしいが、いわゆる動員映画・前売券映画の先駆け。
テレビの台頭で映画が衰退しつつあった時代。
それでも5社協定などにより、俳優が自由に他社と仕事ができなかった。
関西電力が下請けなどに100万枚のチケットを売りさばくことで、こうした構造に風穴を開けたのだとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うり坊033

5.02011年に気になっていた。

2016年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

幸せ

映画と現在から色々な思いが溢れ出た。
DVDを買おうか迷う作品。

土建業は色々、責められるが至難の連続の業界。
そして、末端の作業員が常に危険に曝されている。
機械化(大型シールドマシーン)、シールド工法が進歩してきたので最近、作業員の死亡を聞かなくなったような気がする。

2016.3.26(土)に北海道新幹線が開通。
貨物線と在来線の4本がそれぞれセパレートできれば
本当はよかったのかも。
貨物との共用だと安全上、340km/hが出せない。
新幹線の意味がない。海外のように貨物車両+普通車両で
走らせるといいのか?

また、震災から5年経つが、除染作業はほぼ50年掛かる。
私も見届けられる自信がない時間。
なぜか、トンネル作業と重なってしまう。

今、東海道リニアの作業(品川〜名古屋)が始まっている。
映画を見た限りでは有毒ガスが出なかった気がする。
新潟の十日町のトンネルでは有毒ガスが出て、作業員が亡くなっている。
水・地熱だけを考えれば、意外とトンネルは抜けるのかなと思った。
「黒部の風」を知るため、もう一度、鑑賞し、トンネル形状を
頭に入れたい。

複雑な人間関係も表現できてあり、感動した。
これまで、3度も黒部に行っているが、やっと映画を見た。
いま、見るからさらに感動が増すのかもしれないと勝手に
思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆとちひろ
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る