クルタ 夢大陸の子犬

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オーストラリアを舞台に、一匹のゴールデン・レトリバー犬の冒険を描く動物映画。日本とオーストラリアの合作で、監督は「ザ・ドリーミング」のマリオ・アンドレアキオ。日本語版の監督を「子猫物語」の畑正憲が担当している。青少年映画審議会推薦。

1995年製作/91分/日本・オーストラリア合作
原題:The adventure of a GOLDEN DOG
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

オーストラリアのシドニー。ここに一匹のゴールデン・レトリバー犬・クルタが生まれた。臆病なくせに好奇心旺盛なクルタは、風船のついたバスケットをいたずらしているうち、それに乗って空高く飛んで行ってしまう。もう少しで大洋の彼方へ流されるところを助けてくれたのは、モモイロインコのディンプルだった。浜辺に降りたクルタは、入り江の遥か向こうに見えるシドニーの町へ帰るため、一人冒険の旅に出発した。暗い森の中で野生ネコ・サターンに襲われたり、ゴシキセイガイインコたちに意地悪されたりするが、クルタはコアラじいさんに、オオカミで迷える者を導く広野の魂・ディンゴが帰り道を教えてくれるだろうとアドヴァイスをうける。そして、ディンゴを探し続けるクルタは鉄砲水に流されている子犬を助けるのだが、実はそれがディンゴの子供だった。ディンゴによって帰り道を教えてもらったクルタは、カンガルーの袋に入って初めに降り立った浜辺へ連れて行かれた。ここにいればやがて“船”が来るとディンゴに告げられたクルタは、フェアリーペンギンたちとその船の到着を待った。しかしその時、クルタをずっと狙っていたサターンが、ペンギンたちを襲った。自分より体の小さいペンギンを守らねばならないと使命感にかられたクルタは、勇気を振り絞ってサターンと戦い勝利を収める。次の日、浜辺にディンプルを背中に乗せた一匹のアオウミガメがやって来た。それこそが、ディンゴが言った“船”だったのである。ウミガメの背中に乗ったクルタはこうして海を渡り、お母さんの待つシドニーへ、少し大人になった自分を実感しながら帰って行くのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る