今日から俺は!!

劇場公開日

0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ケンカや女の子が好きな不良コンビ、金髪の三橋とトンガリ頭の伊藤が起こす騒動を描く青春コメディ。「週刊少年サンデー」(小学館・刊)で連載中の西森博之の人気コミックを原作に、「悪役パパ」の鹿島勤が監督。既にVシネマで2作作られているシリーズで、3作目にして初の劇場公開となった。脚本はVシネマの同シリーズや「あひるのうたがきこえてくるよ。」の田部俊行、撮影はVシネマの同シリーズの森勝が担当

1994年製作/93分/日本
配給:東映

ストーリー

今日から俺はツッパリになるぜと意気込んで、紅羽高校に転校してきた金髪ギラギラの三橋貴志と、ギザギザ、ウニ頭の伊藤真司。三橋はクラスのマドンナ・赤坂理子と、伊藤は元ツッパリの他校の早川京子と惚れ合うが、理子の前では素直になれない三橋の回りには、紅羽高校の番長・今井や、ストリートバスケットのエース、開久高校の片桐など恋のライバルが目白押し。さらに三橋は小豆組の幹部・香川にスカウトされたり、開久高校のツッパリ軍団に狙われたりとトラブルが続く。その開久高校のツッパリ軍団を陰であやつる裏番こそ、実は片桐であった。三橋はストバスで彼を倒して理子を奪おうとするが、あまりのヒキョーな手にかえって彼女に愛想をつかされた。三橋のことを見かねた京子は理子を呼び出し、片桐の正体を告げるが、理子の前で遂に正体を現した片桐は理子を強引に連れ去る。奮起した伊藤と三橋はカラオケボックスに連れ去られた理子を助け、罠を仕掛けた砂浜で彼らを倒すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0「ずべ公!」と言ってる方がよっぽど下品な件

2021年6月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

『今日から俺は!!』最初の劇場版
東映Vシネマから3作目
94年の作品
当時はきっと元々東映Vシネマして製作したが調子にのって映画館で小規模に公開したんだろう
それが18年の劇場版2作目のおかげで再び脚光を浴びることとなった

18年
賀来賢人
伊藤健太郎
清野菜名
橋本環奈

94年
三橋貴志
中倉健太郎
久我陽子
高橋かおり

洗練されている18年と比較したら94年はメンバーがかなり微妙

三橋貴志役の三橋貴志はこれをきっかけに芸名を三橋貴志にした
三國連太郎とその点は一緒だ

香川照之や塩見三省が学校の先生役として登場しているのが救い
今の2人の迫力ならヤンキーも尻尾を巻いて逃げ出すんだろうけど当時はかなり軽い

モト冬樹演じるヤクザは近藤真彦の「愚か者」がお気に入りでなぜかそれをちょくちょく口遊む謎の演出

18年版に比べるともっさりとしている
94年版はかなりクオリティーが低い
コメディー要素が滑りまくっている

バカボンのママの旧友のようにいまだに海外のものを有り難がり国産を蔑む輩はいつまでたっても滅びない
だが邦画に関しては80年代90年代より今の方が全体的にレベルが上がって面白くなっていることは間違いない

オスカーの会長の娘が海に突き落とされたときはヒヤリとした

クライマックスは鳥取砂丘か

つまらない
つまらない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「今日から俺は!!」シリーズ関連作品

他のユーザーは「今日から俺は!!」以外にこんな作品をCheck-inしています。