ヲタクに恋は難しい

劇場公開日:

ヲタクに恋は難しい

解説

隠れ腐女子のOLと重度のゲームオタク(ヲタク)の幼なじみが繰り広げる不器用な恋模様を描き、2018年にはテレビアニメ化もされた人気コミックを実写映画化。高畑充希と山崎賢人を主演に、「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズの福田雄一監督がメガホンをとった。26歳OLの桃瀬成海は、転職先の会社で幼なじみの二藤宏嵩と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。そして成海もまた、マンガやゲーム、コスプレ、そして何よりBLを愛する腐女子だった。周囲にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を恐れている成海は、普段は本性を隠している「隠れ腐女子」だったが、ヲタク仲間の宏嵩の前では本当の自分をさらけ出すことができた。やがて、ヲタク同士ならば快適に付き合えるのではないかという宏嵩の提案もあり、2人は付き合うことになるのだが……。

2020年製作/114分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会 (C)ふじた/一迅社

映画レビュー

3.0ヲタクのステレオタイプ

2022年10月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

今や、日本のアニメやゲームは、かなり大きな経済効果を産み、世界からも一目置かれる存在となっています。そして、そのクオリティを見ると、やはりJAPAN〜と拍手したくなるような丁寧さとバラエティ豊かな作品の数々。日本文化において、このアニメやゲームはもはやきってもきれません。

で、そんなアニメやゲームを心から愛してやまない方々を“ヲタク”と呼ぶのですが、そんなヲタクな男女が主役の本作品。

前評判、レビュー読まずに観て、鑑賞後にレビューを確認したらまず驚いたのはレビューの数!めっちゃ多いやん!これはなかなか注目度の高い作品だったのねー。そして、次に驚いたのはそのレビューの星の低さ!!
どうやら原作があって、原作ファンがお怒りの様子。あー、福田監督、、、やっちまったなぁ。

私の感想としては、福田組の要素が散りばめられており、おフザケしながらもキュン詰めました!感があって、最初から最後までそれなりに笑いながれ鑑賞。
ただ、ミュージカルやってみたかった福田さ
んなんだろうなと思う感じは否めなく。高畑充希さんの歌は上手なんやけど、なんせ長い。一回一回が長いから間延びしちゃうのよねー。。。

斎藤工さんと踊るシーンは、ララランド持ってきました〜感が満載で。これは、許可もらってるのかしら?とか、変なザワザワ感を持ちながら観たし(笑)
斎藤工さんは楽しんで演じたんじゃないかなーと思うくらい、キャラがよかった!

ヲタクのイメージは電車男の彼ですが、ヲタクのステレオタイプを変えてしまうくらい山崎賢人がかっこいいのと、これアニヲタの要素がもっと自分にあればもっと楽しめたのかもーとおもうとちょい悔しい。好きなことにとことん夢中になっている人って幸せよなーとよく思うけど、まさにヲタクとはそういうことだもんねぇ。ステキなことや。

原作ファンがめちゃくちゃ文句言ってるのをみて、コレは原作読んでみなくっちゃな!と思えました。どのくらい面白いのかな、、、楽しみ。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
M hobby

2.0ヲタ層と一般層の二兎を追う事の難しさ

2022年9月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

誰に向けた映画なのか。
ヲタ向けだけではヒットしないだろうから、原作に無い要素を入れて一般客も取り込みたい算段か。
しかし二兎追うものは的に、崩壊寸前でレビューも低評価の嵐。。
ヲタ文化を商業的に成功させるには文化の中から生え抜きで出てこないとヒットはしないのかな。
古いが電車男的な。

ヲタ文化を使った金稼ぎと穿った見方をされる事が多い気がする。
あいつはオレが育てた的な要素が必要なのでは。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コブラちゃん

ちょっと好きではない

2022年9月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

正直、ヲタクは見れないと思います。
・俳優陣が好き
・原作を読んでいた
上記理由でいつか見たいと思っていましたが、
劇場に行かなくてよかった。
USJにいるオタクコスをした人たちを見てる気分でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
73

0.5無駄な演出が作品を台無しにしている

2022年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ヲタ恋、原作、アニメ見てなければ面白い作品だと思う。ミュージカル部分は時間稼ぎにしか感じられなかった。監督が偏見寄りに作ればウケると思ってる?って思うようなところが多数。
部長やく?がひたすら鬱陶しい。画面から出ていけカスがって出てくるたびに思った。
あれ、監督が本を生かして作品作ることができないから、無駄に色々付け足してるんでしょうね。厚化粧にして元が崩れた感じ。
坂元とか森田とか不要なキャラ出したのも自身のなさなんでしょうね。
樺倉と花ちゃん早めに出してドタバタさせたほうが良かった気がする。
原作、アニメの出来がいい分、反感が生まれた感じですね。
エンドロールも作中の曲の継ぎ接ぎで作品の作る気の無さが出てましたね

あと、まれいたそってだれ?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
お~い
すべての映画レビューを見る(全439件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る