鬼畜

劇場公開日

38%
44%
11%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

父を思い続ける息子と、環境に押し流されて正気を失う弱い父親、大人と子供の世界を較べながら、切っても切れない親子の絆を描く。松本清張の、昭和32年に事実をもとに書き下ろした原作の映画化。脚本は「ダイナマイトどんどん」の井手雅人、監督は「事件」の野村芳太郎、撮影は「事件」の川又昂がそれぞれ担当。

1978年製作/110分/日本
原題:The Demon
配給:松竹

ストーリー

竹下宗吉と妻、お梅は川越市で印刷屋を開いていた。宗吉は小金が貯ったところで、鳥料理屋の菊代を囲い七年間に三人の隠し子を作った。おりあしく、火事と大印刷店攻勢で商売は凋落した。手当を貰えなくなった菊代は、利一(六歳)良子(四歳〉庄二(一歳半)を連れて宗吉の家に怒鳴り込んだ。菊代はお梅と口論した挙句、三人を宗吉に押しつけて蒸発した。お梅は子供達と宗吉に当り散らし、地獄の日々が始まった。そして、末の庄二が栄養失調で衰弱した。ある日、寝ている庄二の顔の上にシートが故意か偶然か、被さって死んだ。シートのあった位置からお梅の仕業と思い乍ら宗吉は口に出せない。「あんたも一つ気が楽になったね」お梅の言葉にゾーッとする宗吉だが、心中、ひそかな安らぎをも覚えるのだ。その夜、二人は久しぶりに燃え、共通の罪悪感に余計、昂ぶった。その後、宗吉は良子を東京タワーへ連れて行き、置き去りにして逃げ帰った。長男の利一には「よそで預かって貰った」といい訳した。お梅は利一を一番嫌っている。兄弟思いで利口な利一の白目がちな目が、お梅夫婦のたくらみを見抜いているようだ。何日か後、宗吉は、こだま号によろこぶ利一をのせ、北陸海岸に連れて行った。断崖上の草原で蝶採りに遊び疲れ眠りこけた利一を宗吉は崖下に放り出した。翌朝、沖の船が絶壁の途中に引掛っている利一を発見、かすり傷程度で助けだした。警察の調べに利一は父親と遊びにきて、眠っているうちに落ちたと云い張った。名前、住所、親のことや身許の手がかりになることは一切いわなかった。しかし警察は利一の服のメーカーのマークが全部切りとられていたことから、事故ではなく、利一は突き落とした誰かをかばっていると判断した。利一の黙秘に警察はお手上げになった時、偶然、入ってきた名刺屋が、利一の持っていた小石に注目した。利一が“いしけりの石”と話すそれは、石版用の石で、インキをこすれば、消えた版が再現できるかもしれない。警察の捜査が開始された。移送されてきた宗吉が警察で親子の対面をした。「坊やのお父さんだね?」警官の問いに利一が激しく拒否した。「よその人だよ、知らないよ、父ちゃんじゃないよッ」手錠がかかった手を合掌するように上げて、涙を流して絶叫する宗吉の声が部屋いっぱいに響いた。「利一ッ……かんべんしてくれ!」

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第2回 日本アカデミー賞(1979年)

受賞

監督賞 野村芳太郎
主演男優賞 緒形拳
技術賞 川又昂

ノミネート

作品賞  
脚本賞 井手雅人
助演女優賞 小川眞由美
音楽賞 芥川也寸志
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0永久保存版🙆‍♂️

2022年6月15日
iPhoneアプリから投稿

ずっと前から気になっていた作品。とうとう鑑賞したが、想像以上に衝撃的な内容だった。無力な子供達が悲惨過ぎて気持ちが落ち込んだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
@Jankichi@

5.0怖い話

kenさん
2022年6月14日
iPhoneアプリから投稿

この当時こんな役を岩下志麻姉がやるとは驚きだった。
緒形拳は皆承知の通り名役者。二人絡んで、更に小川真由美絡めりゃ恐ろしい物語になるに決まってる。世にも恐ろしい物語。

子役がね、最後は良かったんだけど。。棒読みでね。。。気になった。

まぁ必見な作品、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ken

3.5追い詰められた貧しい父親が取った最悪の行動心理が痛いほど伝わってくる

2022年2月24日
PCから投稿

松本清張原作。検事から聞いた実際の事件がベースとのこと。

緒方拳・岩下志麻・小川真由美、3名のキーとなる役者がそれぞれの役割を「これしかない!」という入魂の演技で魅せてくれた。これに尽きよう。

だからこそ、各々の心理もビンビン伝わってきて、そして子供たちのあどけない演技も相まって、こちらも心を痛めながらの視聴となった。

現代ではニュースになるのはほぼ虐待死であり映画と同様のケースがあるかは何とも言えないが、自分だって状況が悪い方へ傾けば加害親側になる可能性を秘めていた(る)わけだから、反面教師の一つとして本映画「鬼畜」を記憶にとどめておきたい。

音楽はマッチしていたもののやや過剰気味とも感ず。音楽無しのバージョンがあれば悲痛度合いがもっと高まったかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
resuwisshu311

4.0名優緒形拳の名演による男の未熟さを徹底的に突き詰めた社会派映画の傑作

Gustavさん
2021年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

原作は昭和32年に起こった事件を基に松本清張が書き下ろした短編小説。映画では、その時代設定を現代に変えているが、内容的には差し支えないものだった。既婚の男が経済力で女性関係を自由奔放にするのは、いつの時代にもあるし、多くの小説や映画の題材になっている通俗的で普遍的なものだからだ。ただこの映画の主人公は、妻を裏切る形で外に愛人を作り子供まで儲けている。しかも本妻には子供が居ない。この場合だと、その秘密を隠し通せるか否かで状況は一変する。男の甲斐性なしが許されるのは、妻と愛人の双方が納得した特殊な場合だけで、そこに至るまでは修羅場が続くだろうし、男と女と言う以前に人間が出来ていないと、絶対無理である。
事件は、主人公が自営業として成功させてきた印刷工場が火事に遭い、同時に大印刷店の攻勢で商売が思わしく無くなって始まる。生活費を貰えなくなった愛人の行動から、誰もが予想できない最悪の結果を生む悲劇が展開する。そこに人間の怖さや愚かさ、愛情を失った人間の醜さが描かれ、強烈な印象を残す作品となった。

愛人菊代が子供3人を連れて主人公宗吉の本宅に押し掛ける場面の、大人3人のエゴイズムがぶつかるところが凄い。本妻と妾の間に立たされた亭主の立場の無さを演じる緒形拳の演技が兎に角素晴らしい。善人めいた立ち居振る舞いがユーモラスに見える緒形拳の演技は、このシーンを限りなくリアリティーのあるものにしている。この名優のなせる絶妙な演技に対して、妻梅の岩下志麻の怒りが抑えきれず理性を捨てた異様なまでの表情も凄い。殺意のある視線を子供に向ける不気味さ。女優としての芯の強さを、このような演技で発揮できる機会はそうそうないであろうが、この緒形拳とのバランスは見事である。子供を棄てる形で宗吉に復讐を果たす小川真由美の演技も堅実だ。母親の愛情をいとも簡単に超えた女の復讐により、宗吉が追い詰められる流れは説得力がある。突然他人の子供を預けられた妻梅の心情を思えば、冷酷にならざるを得ない立場にした夫宗吉が全ての責任となり、結局は父親としての宗吉のその後の行動が悲劇を回避する唯一残されたものであったはずなのだが。
末っ子の庄二が栄養失調で亡くなるのは、原作の食糧難の時代背景が影響しているという。その為曖昧な表現になったのは、この脚色の唯一のミス。それ以外は、人間失格の宗吉の惨めな行為を的確に描写していく。野村芳太郎の演出も迷いがなく、ラストの利一の台詞まで、作品が抱える問題提起に丁寧かつ真正面から対峙していて好感持てる。大人になれなかった大人とそれを知った子供を対比した日本映画の新しい切り口を持った社会派映画の傑作であった。脚本井出正人、監督野村芳太郎、主演緒形拳、岩下志麻其々の力量の証しに感服する。

  1979年 1月22日  飯田橋佳作座

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る