菊次郎の夏

劇場公開日

10%
58%
24%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

遊び人の中年男と母親を探す小学生、不釣り合いなふたりが繰り広げる一夏の冒険を描いたロードムービー。監督・脚本は「HANAーBI」の北野武。撮影を柳島克己が担当している。主演は、「残侠」のビートたけしと映画初出演の子役・関口雄介。99年度カンヌ国際映画祭正式出品作品。

1999年製作/121分/日本
配給:日本ヘラルド=オフィス北野

ストーリー

幼い頃に父親を亡くし、今はおばあちゃんとふたりで浅草に暮らしている小学校3年生の正男にとって、夏休みはそんなに楽しいものではなかった。学校の友達はみんな家族で旅行に出かけてしまうし、サッカークラブもお休み、おばあちゃんも仕事で昼間は家にいないのだ。そんな時、彼は遠くの町にいるお母さんに会いに行く決心をする。絵日記と宿題と僅かな小遣いをリュックに詰めて、家を飛び出した正男。そんな彼の気持ちを知った近所のおばさんが、夫で遊び人の菊次郎を同行させることにした。目指すは愛知県豊橋市。ところが、根っからの遊び人の菊次郎は競輪場に寄り道したり、タクシーを盗んだり、トラックの運ちゃんとトラブルを起こしたり、ホテルの人たちに迷惑をかけたりと、行き当たりばったりの旅を展開。それでも、ふたりは漸く正男の母親の住む家を見つけだすのだった。しかし、正男の母親は既にそこで違う家庭を築いていた。幸せそうな母親一家を見て落ち込む正男。そんな彼に、菊次郎は二人組のバイカーから奪い取った天使の鈴を渡し、「お母さんはもう別のところに引っ越してしまい、正男が来たらこれを渡してくれと言っていた」と精一杯慰めるのであった。さて、東京へ帰ることになった菊次郎と正男。ふたりはその道々、知り合ったバイカーたちや作家志望の青年とキャンプをして、楽しい時間を過ごすことにした。大人であることを忘れてはしゃぎ回る菊次郎。だが、そんな彼にもひとつ気になることがあった。それは、近くの老人ホームに入院している母親のことだった。ホームをこっそり訪ねる菊次郎。しかし、彼は老いた母親に声をかけられなかった_。夏も終わりが近づき、菊次郎と正男は浅草に帰ってきた。別れ際、菊次郎は「またお母さんを探しに行こう」と正男と約束する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

受賞

助演女優賞 岸本加世子
音楽賞 久石譲

ノミネート

作品賞  

第52回 カンヌ国際映画祭(1999年)

出品

コンペティション部門
出品作品 北野武
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5とにかくほっこり笑える作品で、良かった。少しホロリとするところもあ...

おれさん
2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿

とにかくほっこり笑える作品で、良かった。少しホロリとするところもあり、夏休みの儚い感じもあって、ノスタルジーーな感じだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

3.0ヤクザな中年男の優しさを視つけるロード・ムービー

Gustavさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

夏休みにどこにも行けない一人ぼっちの少年を慰めるべく孤軍奮闘するヤクザな中年男菊次郎の優しさを視つけるロード・ムービー。単純なストーリーの大筋だけの創作動機に、即興的な演出を試みて、その積み重ねで面白さが表現できないかと出来上がったような映画。そのところどころに、北野監督の人間性が溢れ、心優しい気持ちになって観てしまう。相変わらずの、場面展開やシークエンスの切り方にある独特なタッチと決め過ぎない構図で、北野監督らしいシーンが楽しめる。残るは、そこから感動を与えられるかの最後の決めであろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

5.0菊次郎は形を変えて現れた救世主だったのかも知れません

あき240さん
2020年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

処女作は他人の脚本、急遽監督として撮ったもの

第2作、3-4x 10月は、監督として撮りたいことのショーケース兼実験作

第3作、あの夏、いちばん静かだった海
第4作、ソナチネ
第5作、みんな〜やってるか!
第6作、キッズ・リターン
第7作、HANA-BI

ここまでは、第2作の3-4x 10月でやってみせたショーケース的な要素をそれぞれ展開した作品だったように思います

本作は、いよいよ北野武監督が初めて取り組む要素に挑戦している作品だと思います

子役を使って、人間性と成長の物語を自分が語れるのか、監督が自分へ挑戦をしているのだと思います

成功したと思います

久石譲の音楽をどう使うかまで最初の構想に入れて注文していたそうです

正男の見る二つの悪夢のシーンは特に心に残る素晴らしいシーンでした
麿赤兒の素晴らしい舞踏、美しい幻想的なセットと照明と撮影
ため息がでました
天狗のダンスも見事でした

正男と菊次郎の二人共に旅を終えて成長して、何かが変わっています
ロードムービーとしての本質を見事に達成していたと思います

正男の青いナップザックには天使の羽の飾りが付いています
ラストシーンで隅田川の橋を走って渡る正男の背中にあり天使が飛び立とうと走っているかのようです
旅で貰った天使の鈴が音を立てています
ちいさくとも教会の鐘です
彼の悲しい気持ち、寂しい気持ちは、救われて天上に登って行ったのです

菊次郎は形を変えて現れた救世主だったのかも知れません

素直に感動しました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0おじさんと少年の“ひと夏の冒険”!

2020年1月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

寝られる

 KBS京都「新春シアタースペシャル」を録画して鑑賞。

 展開が読める…言い方を変えれば王道。それ以上でも以下でも無い作品だなと思いました。特にめちゃくちゃ感動するということもありませんでした。

 久石譲の音楽の力は絶大。
 それと、“キタノブルー”の美しさも…。
 名作なんじゃないかと錯覚させる効果がすごい(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る