赤穂城断絶

劇場公開日

29%
42%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本人にとって民族の大ロマンとして語り継がれ、小説、演劇、映画など多くのジャンルで数々の名作を生んできた“忠臣蔵”の25回目の映画化。原作・脚本は「野性の証明」の高田宏治、監督は「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE」の深作欣二、撮影監督は宮島義勇、撮影は仲沢半次郎がそれぞれを担当している。

1978年製作/159分/日本
配給:東映

ストーリー

元禄十四年三月十四日早駕篭が“浅野内匠頭長矩は、吉良上野介に対し、場所がらもわきまえず、刃傷に及び不届につき、即刻切腹なり”の報を持って赤穂に向かった。三月十九日、赤穂に入ったお家断絶、ご領地お召し上げの報に、即刻城中で大評定が行なわれ、篭城、殉死、仇討、解散と話は続いた。そして大石内蔵助は、お家最後の評定に集まった家臣の者から覚悟の上の誓紙血判を集め、時節到来まで隠忍自重することを約し、ひとまず開城のむねを発表する。六月二十四日、亡君百ケ日の法要を営んだ大石は翌二十五日、一介の素浪人として山科へ立った。表向きは遊興三昧に明け暮れつつも、大石の画策は続いていた。また江戸へ散った浪士たちは、それぞれ吉良の動きをさぐろうと、飛び廻った。元禄十五年二月中旬、亡君一周忌を済ませた大石は、妻子と別れ、十六歳の長男のみを元服させ主税とし、手元に置く。そして同年十月七日、大石は江戸へ発ち、仇討決行への第一歩を踏み出した。十月二十三日には鎌倉に、十月二十六日には川崎平間村に、そして十一月五日、日本橋石町三丁目、小山屋弥衛方に大石父子は偽名を使って討入当日まで滞在した。同年十二月十四日、赤穂浪士四十七名は、敵吉良邸へ討入る。一同は、上野介を炭小屋で発見、ただちに首を打ち落し、吉良邸を引き上げた。一同は泉岳寺に入り、浅野内匠頭長矩の墓前で礼拝した後、細川、毛利、久松、水野家のそれぞれ大名家へ、お預けの身となった。元禄十六年二月四日、一同それぞれお預け大名邸にて切腹。尚吉良家一統このたびの仕方不届につき、領地召し上げ、お家断絶。この知らせを聞いた一同の顔に感動の涙が伝わり落ちた。そして浪士全員作法通り立派に死んでいった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5切腹で始まり、切腹で終わる

kossyさん
2021年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 細かいエピソードはすっ飛ばし、浅野内匠頭(西郷輝彦)の松の廊下刃傷事件と切腹、赤穂城に早駕籠が到着してから開城・籠城や切腹などという意見が飛び交う中での大石内蔵助(錦之介)の決断。そして内蔵助と柳沢吉保(丹波哲郎)との交渉、大学の処遇を軸とする駆け引きが中盤での見どころとなり、おなじみ吉良邸討ち入りが終盤のメイン。

 単に主君に対する忠義のみならず、公儀に対する反発というテーマが大きい。腐敗する江戸幕府の体制に対して一石を投じたメッセージは他の忠臣蔵作品よりも顕著だった。内蔵助の遊郭遊び、浪士たちの疲弊ぶり、暴発的な暗殺未遂も描かれてはいるけど、お涙頂戴の部分はほとんどない。

 ただ、脱藩者でもある橋本平左衛門(近藤正臣)のパートはちょっと悲しい。脚色はされているが、原田美枝子演ずる妻が遊郭に出されたり、うかつにも内蔵助が江戸に入ったことをもらしたりと、『忠臣蔵外伝四谷怪談』へと繋がるようなエピソードだった。

 遅ればせながら、追悼:千葉真一の意味も込めて鑑賞したのですが、以前に2回ほど見てたことに気づいた!赤穂城に浪人として参じた不破数右衛門。雑炊みたいなのを食ってたり、山科ではひっそりと大石家を見守り、人形などを作ってあげる。そして剣の腕も竹林の中での稽古や、いざとなったら内蔵助をとことん守る頼もしい存在。大石以下では最も目立っていた。

 藤岡琢也演ずる大野九郎兵衛も目立っていたし、なんと言っても圧巻は三船敏郎演ずる吉良邸隣の土屋主税。『忠臣蔵花の巻雪の巻』でも意外な役柄だったし、存在感ありすぎなんですよね~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0錦之助と深作の忠臣蔵

2021年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

蔵之介が萬屋錦之介、上野介が金子信雄など東映のスター総出演で、監督の深作欣二もオーソドックスな演出で安心して見ていられる。
皆んなを見せるだけでも大変で、主役の場面が減っている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0初めて忠臣蔵、赤穂浪士をみるならどれを観たらいいの? そう聴かれたなら、迷わず本作をお勧めします!

あき240さん
2021年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いや~、面白かった~!
これはいい!
時代劇を堪能しました、もう満腹!、サイコー

忠臣蔵は日本映画の始まりの頃からの超人気コンテンツですから、映画やテレビドラマで80作以上あるといわれています
その一本も観たことない人でも、だいたいのお話は知っているはず

じゃあ、初めて忠臣蔵、赤穂浪士をみるならどれを観たらいいの?
そう聴かれたなら、迷わず本作をお勧めします!

巨匠溝口健二監督の戦前の白黒映画「元禄忠臣蔵」には心から感動しましたし、1961年の片岡知恵蔵の「赤穂浪士」もスタンダードとしてお勧めです
1994年の市川崑監督、高倉健主演の「四十七人の刺客」も面白い

だけども忠臣蔵を初めて観るなら、本作が一番面白く楽しめると思います

「四十七人の刺客」のように変化球のストーリーでなく、1961年版「赤穂浪士」ではさすがに古すぎ
まして「元禄忠臣蔵」は白黒の上、前後編合わせて4時間弱もあります

本作も2 時間40分ありますが、起伏もあり全く長く感じません
深作欣二監督は当初かなりの変化球の忠臣蔵を目指したようですが、前作の「柳生一族の陰謀」と同様に萬屋錦之介の本格を目指す姿勢と衝突して、オードソックスな忠臣蔵として完成しています
しかしながら味わいは現代的なもので、テンポも展開もスピーディーです

つまり「柳生一族の陰謀」と同様に、その衝突が良い方向に化学反応を起こしたのです

いきなり松の廊下から始まり、切腹のシーンで終わります
題名から赤穂城明け渡しにクローズアップしているのかと思いましたが、そうでは無く全くスタンダードな忠臣蔵となっています

クライマックスの討ち入りシーンは他の作品よりも圧倒的に長め、しかも大迫力!
さすが深作欣二監督です

カメラは宮島義勇
人間の條件、切腹、飢餓海峡を撮った人です
どれもこれも白黒映画の屈指の映像を撮影した人です
1961年版「赤穂浪士」のような明るい色彩の煌びやかなものでは全くありません
薄暗く、彩度も幾分落とされているかのように感じるほどです
しかし深作欣二監督の目指した現代的感覚の忠臣蔵の撮影ならこれで正しいと納得の映像です

予告編に日本映画演劇陣総出演とありましたが、70年代のスターが本当に総出演
そしてその討ち入りシーンでは名も無き大部屋俳優達の目を見張るような斬られかたをタップリと堪能できます

渡瀬恒彦と千葉真一との一騎打ちは手に汗を握る伝説のシーンです

近藤正臣の鬼気迫る演技も心に残ります
峰岸徹もまた素晴らしい
何より藤岡琢也のコメディリリーフの見事な仕事ぶり
スターそれぞれに見応えのある印象の残るシーンがあります

忠臣蔵の新しいスタンダードとしてお勧めいたします!

本作を出発点にそれぞれの気にいるベストの忠臣蔵を探されるのが良いと思います

また年末に観たいと思いました

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

4.0藤岡琢也

2020年4月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

オールスターのなかでも、九郎兵衛役を務め、コテコテの関西弁で存在感を放った藤岡琢也さん! かっこ悪い! たまらなく情けない! あなたが好きです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
filmpelonpa
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る