いのちの食べかた

劇場公開日

いのちの食べかた
17%
24%
40%
14%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

誰もが毎日のように口にしている肉や魚、果物や野菜といった食べ物が、どのようにして食卓へと辿り着くのかを追ったドキュメンタリー。近年、食糧生産の現場では、大量生産のために家畜や魚までも機械で管理せざるを得ない状況となっている。オーストリアのドキュメンタリー作家、ニコラウス・ゲイハルターが2年の歳月をかけてその現場を取材し、作業の様子を淡々と綴ることで、“いのちを食べる”ことの真実を浮き彫りにしていく。

2005年製作/92分/ドイツ・オーストリア合作
原題:Unser taglich Brot
配給:エスパースサロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
ウォルフガング・ビダーホーファー
ニコラウス・ゲイハルター
撮影
ニコラウス・ゲイハルター
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0工場で働く人たちはパンしか食べないのね

kossyさん
2019年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0食べて生きていると言うこと

2018年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会、DVD/BD

難しい

淡々と農場における生産の作業を見せられる作品。
大量の食糧を必要?とする人間が牛、豚、鶏を増やし殺し製品とする。
BGMも無いため、工場内で居るような音の雰囲気はすごい。

これだけ殺して食べているのが罪深いとまでは考えないが、飽食の国と飢餓の国がある現実、命を大量に奪って生きる人間等考えると答えが出にくい。
監督の言いたいことは解らなくもないが、難しいテーマである。

屠殺シーンと解体シーンがあるため、グロ耐性ない人は観ない方がよいでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うにたん♪(新型コロナで巣籠もりDVD観賞)

2.5台詞なしの食に関するドキュメンタリー映画

Kumikoさん
2018年5月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

知的

食糧の生産者から消費者までの流れを撮影したドキュメンタリー映画。当たり前のように、毎日食事しているわけだが、食卓に届くまで、そして、いのちをいただいていることを忘れてはならないと感じた。私は、グロテスクと感じることはなかった。食育に、適していると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kumiko

3.0善とか悪とかの問題ではない

棒人間さん
2017年12月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

単純

人類が種として存在していく為には避けられない現実。
ショッキングな部分を観て非難しようが現実だから仕方ないと受け止めようが関係ない。どう足掻いても繰り返される日常

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
棒人間
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「いのちの食べかた」以外にこんな作品をCheck-inしています。