カンナさん大成功です!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
カンナさん大成功です!
カンナさん大成功です!
34%
51%
14%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

鈴木由美子の同名コミック(講談社刊)を韓国で映画化したラブコメディ。169センチで95キロの巨体だが、美声と音楽的才能を活かし、スター歌手のコンサートの舞台裏でゴーストシンガーを務めるカンナ。しかし、想いを寄せる音楽プロデューサーは、彼女を女としてみてくれない。彼を振り向かせるため、全身整形を施し、スリムな体形と美貌を手に入れるのだが……。韓国では660万人を動員し06年の興収第1位となる大ヒットを記録。韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞では12部門にノミネートされた。

2006年製作/116分/韓国
原題:200 Pounds Beauty
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2007 KM Culture co, ltd All Rights Reserved/KM

映画レビュー

3.5戦略性

津次郎さん
2021年1月17日
PCから投稿

原作のことは知らない。
また日本版の映画もあるが、見たことがない。
カンナさん大成功です!と言ったばあい、おそらくこの韓国版の映画がもっともポピュラーではないかと思われる。

ストリーミングサービス=Netflixもあり、日常的に韓国のエンターテインメントに親しんでいると、日韓のニュースが気になることがある。

わたしは政治を知らず興味もないが、最悪の日韓関係──そう言われて久しい。

今回は、韓国の裁判所で、従軍慰安婦をめぐって日本に賠償命令の判決が出た。(2021/01)
ネットは、いいかげん断交しろよで盛り上がっている。ニュース自体も、それに対する反応も、いままで見てきた現象であり、これから見るであろう現象である。

そうすると、政治上のこととはいえ、毎度のこととはいえ、なぜ、わたしたち日本人は、敵対視されている韓国がつくったエンターテインメントに夢中になっているのだろう──という矛盾を感じずにはいられないのである。
すごく考えるわけじゃないが、その感じは、いつも漠然とある。

統計上のデータがあるわけではないが、愛の不時着は、日本で、かなりヒットした/している韓国製ドラマではないかと──思われる。個人的な憶測だが、ヨン様で盛り上がった冬のソナタに匹敵するような気がする。

冬のソナタの時代には、Netflixはなかったし、外国製のエンターテインメントを享受する方法も環境も、世代や層も、価格体系も、コンテンツの質や量も、00年代初頭と今とでは、くらべようがないほど変化している。
いま韓国製の映画/ドラマ/アイドル、もっぱんなどのYouTubeは、かつてよりずっと日本人にとって、日常的である。

おそらく、一般人は、かれらや、かれらのやることを、コンテンツとして見てしまっている。
イデオロギーに属せず、また、韓国人から直截に攻撃や迷惑行為をされているのでなければ、韓国は面白い──と見てしまえるからだ。
まさにコンテンツである。

たとえば大統領がやめると必ずタイホされる。歴代みんなタイホされていて、現職もそうなるだろうと推察されている。どこにそんな国があるんですか。それらの上を下への大乱闘は俯瞰して見れば面白い。

社会の壊乱が、どんだけマンガみたいな人たちなんだろうか──の面白さを提供し、現実が完全にエンターテインメント=映画/ドラマ/アイドルなどなどの面白さと重なってしまう──わけである。

すなわち民族の特長として、愛憎と利己と怨嗟の情味が過多すぎるゆえに、エンターテインメントが面白くなってしまうのは必然──と感じてしまうのだ。

わたしも、映画レビューでは日本映画をこき下ろしてばっかりいるのだが、態度としては、保守なので、なにかにつけてよこせよこせ言ってくる韓国はけしからんと思うし、あいトリの主催関係各者なんか刑事罰でいいとさえ思う。それはふつうに思うので、ネット上の紛糾と同じように国交断絶しようのシュプレヒコールに「おう」と応じることはやぶさかではないが、断交したばあい、韓国エンタメの享受に関してはどうなるだろうの懸念がない──わけではない。

おそらく日本で、愛の不時着を見ている人々は、何にもかんがえていない──のかもしれないが、国交を絶つと、どんなことがおこるのだろうか。が、わたしはけっこう気になる。

ただエンタメに関して日本は輸入超過をおこしているわけではない。

日本のエンタメもアジア市場があるはずで、とりわけAVはアジアに冠たる先進だと思う。
よくあることだし、じっさい海外で感じたりもすることだが、世界中でもっとも知られている日本語とは「やめて」とか「すごぉい」とか「いくぅ」とかのAV中の嬌声であることがひじょうに多い。
わたしは冗談を言っているわけではない。
蒼井そらは中韓の男性にとって公然たる理想の女性像である。かのじょを外交特使にすると、中韓の緊張を一気に緩和できると完全に本気で思っている。

逆にいえばヒョンビンとイェジンが夫婦で外務政務官なんかやれば、庶民は骨抜きになって、もうどこへでも少女像立てて下さい──って感じでヤラれちゃうんじゃなかろうか。とも考えられる。

なにかが映画化される。おなじ原作が、日本でも、韓国でも、映画化される。

サニー、あやしい彼女、鍵泥棒、リトルフォレスト・・・他にもあると思うが、そのばあい、比べるつもりがなくても、どちらが面白かったかを、頭の中で、わたしたちはやっている──はずである。

さいわい、挙げた映画に関しては日本版のクオリティも悪くない。ただし、一般庶民は、映画製作に関しちゃ韓国のほうがうわてかもしれない──を薄々感じてしまっている。

庶民レベルでそのきっかけを提供したのは「カンナさん大成功です!」の韓国版だったと思っている。
個人的な想像にすぎないが、また、日本での興行成績が(すさまじく)よかったからでもあるが、この映画を見て、漠然とにせよ──おや韓国のほうが映画うまいな、と認めた人は多いのではないだろうか。

つまり日本人の自国のエンターテインメントにたいする諦観は、韓国映画が台頭してくる00年代からカンナさんの2008年辺りまでに、確定的なものになった。と個人的には見ている。のである。

じつはこの「カンナさん大成功です!」は日本の漫画家の原作とは似て非なる、舞台/設定/筋書きを持っている。しかし映画は日本で大ヒットした。
ヒットによって、逆に、それが日本の漫画を原作としていることが、知られた──わけである。

どういうことかわかるだろうか。

わたしは未読のこの漫画について、下げるつもりは全くないが、これは韓国の制作陣が、映画として面白く翻案した──ということだ。
そのまま食っても美味しくない話を調理したわけである。このばあい原作は「モチーフ」に過ぎない。ジソプとヒョジュのただ君だけ(2011)をご存じのかたも多いと思うが、あの映画、元ネタはチャップリンの街の灯である。

この、原作よりずっと、ポピュラリティを勝ち得るメディアミックス(映画化等)が出来てしまう現象は、潜在的に、かなり消費者を動揺させる。と個人的には思う。

どういうことかわかるだろうか。

カンナさん大成功です!と聞いて「韓国映画のことですね」と一般に認知されているなら、──もし誰にも「日本の漫画のことですね」と認知されていないのなら、それは韓国らしからぬスマートな外交戦略になり得ている──と言えるからだ。

たとえどうでもいいこと──だとしても、多くの日本国民が、それが日本の漫画であることを知らず、たんじゅんに韓国映画って面白いなあと思ってしまうのなら、これほど平穏で効果的なマスコントロールは存在しない。──と思いませんか?要するにこの映画は日本も原作者も喰ってしまってるわけです。気づいていましたか?

自国でも、他国にたいしても、すぐれたエンタメの波及が、庶民感情と無関係なはずがないのである。だからいい映画つくんなきゃいけない──と思うわけです。

わたしのようなアンチ日本映画人種はむかしから山ほどいる。のは知っている。だが、つまらんものをつまらんと言っているだけで、別に日本の悪口を言っているわけではありません。

この映画の白眉は、キムアジュン扮するカンナ(ハンナ)さんが、やせてきれいになって、ショーウィンドウにあるすてきな服を見初めて、さっそくそれを着て、街を闊歩するシーンだ。

われわれはふだん闊歩をしない。闊歩ってどんな歩きを言うんだろうか。おそらく下妻物語のいちこ(いちご)が代官山を歩くシーン、もしくはこの映画でカンナさんが自意識過剰状態で歩くのを闊歩というのではなかろうか。

きれいになった、それを誇りたいとして、ひとはどうするだろうか。
いや、もちろんコメディなんだが、街を「わたしはきれいなのよ!」と、まるで絶叫しているように仰々しいモーションで歩く──のではなかろうか?
それをやっている。
わたしは当時さえかなりエンタメに慣れていたはずだが、爆笑した。

もちろんキムアジュンの全方向な超絶コメディエンヌっぷりが映画の楽しさの素因だが、やはり映画は韓国のほうがうまいなあ、と、当時つくづく思った──ことを覚えている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0キム・アンジュ可愛い

Kyonさん
2020年10月3日
iPhoneアプリから投稿

MARIA、梨花がcoverしてたのダウンロードしたな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kyon

3.5マンガ原作だが内容は別物

2020年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作と全然違う。しかし、この映画は映画で楽しめた。原作と別物としてみるとよし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.0ムリ~ヤ~♪そりゃ、ムリ~ヤ~♪

kossyさん
2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 衝撃のBefore&After。Beforeのカンナさんは誰が演じているんだろうと調べてみたら、なんとキム・アジュン本人じゃございませんか。顔だけじゃなく、体重も半分にして、胸にはシリコン、とにかく“全身整形”です。これは本年度のジョン・トラボルタの特殊メイクを完全に上回ってます!

 男にとって女は三種類・・・綺麗な女はブランド品、普通の女は既製品、あなたは返品よ!といきなりどぎつい言葉で攻めてくる友人ジョンミン(キム・ヒョンスク)でしたが、そんなカンナさん(キム・アジュン)にも取り柄があった・・・(テレクラテクニックも持ってましたが)それは歌!人気歌手アミのゴーストシンガーとしてなくてはならない存在だったのだ。

 整形美女になることは本当に幸せなのかと考えるよりも、『ヘアスプレー』よりも先にこっちの映画を見たかったと思う。化粧する感覚のプチ整形とは極端に違い、明らかに人格までもを変えてしまいそうな全身整形。手術後は人の視線が痛いほど突き刺さり、改めて美人になったのだと実感すると同時に、過去の自分とどう決別すべきかを悩む姿。一途な恋心も別人としてのアプローチをすることによってちぐはぐな行動をとってしまう微妙な心理まで見事に描かれてました。とにかく主演のアジュンの演技力と歌唱力には注目なのです。

 「したいことはできるのは神だけ。できることをするのが人間だ」という父親の口癖のおかげで、新しい自分ジェニーがカンナなのだとバレそうになるし、犬のサランもなついてくる。友人ジョンミンにだけは打ち明けてあったのですが、友人の立場とすれば本当のカンナを取り戻してもらいたいと願うばかり。それでも極端に性格悪くなってるわけじゃないし、ストーカーにだって優しいし・・・

 コメディとしては『猟奇』を抜いて韓国映画史上NO1。これは納得。笑いと恋愛のパート、そしてコンサートで盛り上げる部分、とバランスがいいのです。脇を固める俳優もイ・ボムスやイ・ハヌィ(金森似のおっさん、今年よく見るな~)が笑えるし、人気歌手から介護士になってしまったアミ役のソユンも面白かったりする・・・。鈴木由美子の原作も読んでみたくなりますなぁ。

 ラストのコンサートシーン。涙ながらに「やめます」と宣言し、友人ジョンミンが代わりに歌う。そして観客の“ケンチャナ”コールが良かった。涙・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「カンナさん大成功です!」シリーズ関連作品

他のユーザーは「カンナさん大成功です!」以外にこんな作品をCheck-inしています。