リオ・ブラボー

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

テキサス州の南端リオ・ブラボーのある酒場で揉め事が起き、無頼漢ジョーが丸腰の男を撃ち殺した。保安官チャンスはジョーを投獄するが、ジョーの兄は殺し屋を雇い、町を封鎖してしまう。孤立したチャンスは僅かな仲間と共に壮絶な戦いに挑むことに……。「赤い河」のジョン・ウェインを主役に選び、多くの古いスタッフたちを集めて作られた、ホークス監督言うところの『本物の西部劇』は大成功を収めた。

1958年製作/141分/アメリカ
原題:Rio Bravo
劇場公開日:1959年4月22日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0保安官の中の保安官‼️

2024年3月17日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

幸せ

強力な無法者一味を相手に、酔いどれの助手デュード、足の不自由な老人スタンピー、若者コロラドの3人を連れて戦う保安官チャンス‼️まともじゃ勝てない‼️そこでアメフトのような連携プレー‼️ホテルの前でチャンスが3人の敵に囲まれ、コロラドが何くわぬ顔で通りがかり、女ギャンブラーのフェザースが窓から植木鉢を投げ、窓ガラスの割れる音に、3人が気を取られた瞬間、コロラドがチャンスにライフルを投げ、チャンスが素早く連射、コロラドは拳銃で撃ち、一瞬でキメる‼️ホントにカッコいい‼️前半は無法者ジョーを酒場で逮捕、それを知ったジョーの兄が町を封鎖、チャンスの親友が殺され、その用心棒であるコロラドをスカウトしたりと、神経戦のサスペンスで見ごたえあります‼️そして捕虜となったデュードとジョーを交換するクライマックスが爆盛り上がり‼️デュードがすれ違いざまジョーを押さえ、スタンピーが投げたダイナマイトをチャンスが撃って、敵の頭上で爆発させて勝負アリ‼️再度の見事な連携プレー‼️それまでの西部劇は、一対一の決闘という個人プレーのカタルシスがあったのですが、今作ではまるでゲームのように、まるでスポーツのように、チームで戦う快感がありますよね‼️ホントに楽しい‼️無法者一味がたむろする酒場から威圧するように聞こえてくるヒット曲「皆殺しの歌」、ディーン・マーティンとリッキー・ネルソンが歌う「ライフルと愛馬」、チャンスとフェザースのロマンスなどなど‼️映画としては、ジョン・フォード監督の「駅馬車」「荒野の決闘」の方が上だと思いますが、娯楽西部劇としてはこの「リオ・ブラボー」がナンバーワンですね‼️

コメントする 1件)
共感した! 2件)
活動写真愛好家

1.0ヒール役が弱すぎる

2024年1月31日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

5.0娯楽作品の教科書

2023年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

主人公(ジョン・ウェイン)は保安官、アル中で苦しむ友人(ディーン・マーティン)がいる。
悪い牧場主の弟が酒場で人を殺したため、牢屋に入れ、口うるさい老人(ウォルター・ブレナン)にみはらせる。
牧場主は多くの殺し屋を雇い、弟を助けようとする。
主人公はイケメンの二丁拳銃使い(リッキー・ネルソン)を仲間に引き入れ、たまたまこの街にやってきた女(アンジー・ディキンソン)に好かれるが、まんざらでもなさそう。
キャラ設定といい、話運びといい、これぞエンターテインメント、という感じ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

5.0終わってみれば爽快!小細工なしの西部劇

2023年4月7日
PCから投稿

平和な町を脅かす悪党たち
町を守る保安官と仲間たち
友を信じ、守り、助言する。

歌と愛と友情が混じった活劇。
会話の妙と信念への姿勢も良く
初めから勝者はわかっているが
どこをとっても嫌味無くスカッとする。

文芸作品でも歴史大作でも無いけど
ストレートな展開に文句も何も無い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
星組
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る