Love Letter

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の女性のもとへ届き、2人の不思議な文通が始まるのだった。中山美穂が博子と手紙を受け取る女性、樹の2役を演じ話題となった。

1995年製作/113分/日本
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

ノミネート

作品賞  
助演男優賞 豊川悦司
音楽賞 REMEDIOS
新人俳優賞 柏原崇
新人俳優賞 酒井美紀
話題賞 作品部門/俳優部門 豊川悦司
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5情景の映画と言える。

2022年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

岩井俊二監督の代表作。
ストーリーは独特のリズムで進む。そして、情景の映画と言える。
中山美穂が一人二役を演じるが、酒井美紀が、そのうちの一人である藤井樹の学生時代を演じている。
中山美穂と酒井美紀が頭の中でなかなか結び付かず、中山美穂が渡辺博子と藤井樹のどちらを演じているのか、わからなくなる。
どこか謎解きのようで、不思議な時間の感覚に身を委ねるべきなのかもしれない。
青春の軌跡はみずみずしく、いとおしい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
caduceus

2.5『失われた時を求めて』は大変です。僕は4回試みましたが、まだ、読めてません。

2022年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

韓国とか日本人はこういう映画すきですね。
美男美女の恋愛ですからね。でも、僕みたいなモテない男にはファンタジーなんですよね。最初は良いけど、終わり近くに飽きてくる。それで、ベタな終わり方。ヘナヘナって感じですか。主人公の少女時代の女優とのギャプがあったように思えます。僕は少女時代の主人公を演じた女優さんが透明感あって良いと思います。最近はテレビや映画には出ませんね。もっとも、
今は45歳くらいになっているのでしょうが。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

3.0ある意味時代の空気を切り取っていた

2022年7月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

ふとしたきっかけで再鑑賞。
ヒロインの渡辺博子は初鑑賞当時はあんな可愛らしい、守ってあげたくなるようなキャラクターはいないと思っていたのに、今見直すと印象が180°変わっていた。

好きな男性と死別し、忘れられないままその友達のアプローチを受け入れてしまう所、その彼が自分に好意があることを知りながら死別した恋人への愛を事あるごとに口にする無配慮な所、自分の勘違いで全く関係ない他人を巻き込みながらも、その人が同級生だと知るとエピソードを教えろとか、風邪引いてると知りながらグラウンドに行って写真を撮ってこいとか、自分で散々聞いておいてやり取りした手紙を丸ごと送り返してしまう所など、我儘で計算高く、自分の感情の為に他人を振り回す性格が随所に見られます。

しかし一歩引いて考察すると、当時はこういった「何を考えているのかわからない」「落とせそうで落とせない女性」「落とせないのにキスは受け入れる、押しに弱い女性」が世の男性にとてつもなく人気の時代だった事を思い出します。ちょうど裕木奈江などが全盛期の頃です。

そう言った意味では時代の空気を切り取った、興味深い作品だな、と改めて感じました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
chao2suke

4.0映像美

2022年6月4日
スマートフォンから投稿

最初の5分で映像の美しさに引き込まれていた。
冷静に考えるとあり得ない話だし、セリフも???となる部分はあるけど、小樽の街並みや工房の風景、図書館、雪山、中山美穂など都会生活とは全く違う人や時の進み方、光、匂いなどでとっても満たされてます。
私にとっては、朝散歩に近いくらいリフレッシュできるので、またみたくなる映画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
miozou
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る