Love Letter

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の女性のもとへ届き、2人の不思議な文通が始まるのだった。中山美穂が博子と手紙を受け取る女性、樹の2役を演じ話題となった。

1995年製作/113分/日本
配給:日本ヘラルド映画
劇場公開日:1995年3月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

ノミネート

作品賞  
助演男優賞 豊川悦司
音楽賞 REMEDIOS
新人俳優賞 柏原崇
新人俳優賞 酒井美紀
話題賞 作品部門/俳優部門 豊川悦司
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0過去と現在進行形のラブストーリー

2024年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 4件)
共感した! 13件)
Don-chan(Daisuke.Y)

3.5まるで少女漫画の世界

2024年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

「青春18×2 君へと続く道」を観たら「love letter」が題材になっていて、そういえば「love letter」を観ていなかったなと鑑賞。
さすがの岩井俊二、少女の描き方が秀逸です。
少女漫画の世界だよ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
キブン

3.0懐かしい映像

2024年5月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

別の映画を理解するために鑑賞。若かりし頃の豊悦はやっぱりよい。今は今でよいのだけど。配信でみたので、映画館で観たら、景色など、また違った印象になったかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カジ

4.030年前の岩井俊二作品

2024年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

岩井俊二作品が好きになって過去作に遡ろうと思いつつ、なかなか見る機会がありませんでしたが。ほかの作品でラブレターの話が出たので良い機会なので鑑賞です。

スタートからちょっとねじれていて、これがどういう意味なのか考えてしまいます。時間軸がズレている?想像しているキャラクターが入れ替わってる?死んでる人間が死んでない?逆に他にも死んでる?
などなどいろいろ考えてしまいますが、そんなに複雑ではありません。もっとピュアな物語です。
そういえば、あの岩井俊二監督の30年前だもの。

30年前のストーリーと絵作りは、ノスタルジックで今風ならエモい。昭和っぽい演技で、上手いとかそういうものでは無い。今ならもっと違った演技になるかと。

「ラブレター」の2つの意味と、、最後の終わり方。良かったですね。

前半は、昭和演出と演技の下手さに目が行きましたが、後半は泣けました。

多分、今夜ベットで噛み締めて、、明日はもっと良くなるのでしょう。岩井俊二監督作品ですから。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
だるまん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る