追憶(1973)

劇場公開日

16%
50%
25%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード共演による恋愛ドラマ。1937年、大学の創作クラスで出会ったケイティ(ストライサンド)とハベル(レッドフォード)の、その後20年にわたる愛の変遷を激動の時代を背景に描き出す。監督は「雨のニューオリンズ」「ひとりぼっちの青春 」のシドニー・ポラック。共演はロイス・チャイルズ、ブラッドフォード・ディルマン。

1973年製作/118分/G/アメリカ
原題:The Way We Were

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

受賞

最優秀主題歌賞

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) バーブラ・ストライサンド
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0リメイクするにも人材がいないスターの時代への郷愁

2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

キャンパスではアイドル的存在の文武両道の美形大学生ハベルと、政治活動に余念がない頑固なユダヤ人女子大生ケイティ。何から何まで両極端なふたりが恋におち、結婚し、第二次大戦や"赤狩り"を潜り抜けていく過程で、どうしても超えられない壁にぶち当たる。それは、生き方の違い、もしくは価値観の違い。愛をも凌駕する断絶を描いた本作は、ラブロマンスと呼ぶにはあまりにも痛々しい。けれど、演じるロバート・レッドフォードの美しさと、バーブラ・ストライサンドのコミカルで達者な演技によって、たとえ行き着く先は違っても、ふたりが辿った時代への郷愁を掻き立てて止まない。それは同時に、すべての映画ファンをスターの時代への回帰させる時間でもある。もしリメイクするとしたら、仲睦まじかった頃のブランジェリーナ(ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー)が適役かと思ったこともあった。しかし、時代はさらに移ろい、もはや、今のハリウッドにはレッドフォードとストライサンドに代わる存在はいないことに気づいた。タイトルの「The Way We Were(私たちが辿った道)」は、そのままハリウッド映画が辿った約半世紀と重なるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
清藤秀人

4.0戦争はこんなところにも

2022年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

難しい

戦争はどんなところにも影を落としてしまう。
こういう映画を観ることで、いわゆる世界の指導部にも反戦意識を持ってほしい。

恋愛と政治思想や活動が絡んでくると、しなくていい諍いが生まれる。
この映画を観て、相手が対応に困るほどの政治活動は、相応の覚悟をもってやらなければと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずジー

1.5テーマソングは珠玉

tatechanさん
2021年12月12日
スマートフォンから投稿

でもラブストーリーとしては最悪。なにしろ惹かれ合うはずのない二人の恋物語だからリアリティがない。女性脚本家みたいだが、モテない理屈っぽい女がイケメンと恋する自分を夢見て書いた脚本のよう。
せっかくハリウッドきってのイケメンと芸達者の取り合わせなのに勿体無い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tatechan

3.5キャスティング成功

越後屋さん
2021年10月5日
スマートフォンから投稿

優柔不断な自信不足の男に、優等生な正統派二枚目のレッド君、くそ真面目で直情突撃型の女に、ちょっとズレてユーモラスなストラ君。
役とキャラクターの微妙なハズレ方が微妙な味わいを感じさせます。
要は二人の演技ではなく、二人の役者を観る映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
越後屋
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る