ボーン・コレクター

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ボーン・コレクター
8%
49%
35%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨーク市警の刑事ライムは優秀な犯罪学者だったが、4年前に負った脊髄の損傷により寝たきりの身体となっていた。一方、青少年課への異動を控えた警官アメリアは、最後のパトロール中に受けた無線で一人現場へ急行、無惨な男の死体を発見し、現場に残された意味不明な証拠を素早くカメラに収める。アメリアの的確な判断に感心したライムは彼女を助手に任命。以後彼女はベッドから無線で指示を送るライムの手足となり、事件の捜査にあたる。

1999年製作/117分/PG12/アメリカ
原題:The Bone Collector
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.5デンゼル・ワシントン、肩から上だけの名演技

mittyさん
2019年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mitty

4.02019 BD/DVD 43

2019年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

久しぶりに観たから内容忘れてました。だけど犯人途中でわかりますね。
今や名優&女優の2人が若い(笑)
デンゼルは細い!
寝たきりのデンゼルでもやっぱ演技力うまいですね。
今度はデンゼル作品を見返そうかなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん13

4.0やっぱり2人が痺れるほど上手いなぁ。見応え十分。

Marikoさん
2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

怖い

久しぶりに観てみたら、初めて観た前回よりもとてもガッツーン!ときました(映画って、その時の自分の感性とか経験値がもろに影響して、数年経って同じ映画を再び観ると、また違う感動や発見があって、ほんと面白い)。

19年前だから、主演のデーゼル・ワシントンもアンジーも、若い。アンジーは今も綺麗だけど、20代のこの頃は、妖精並みに透明感溢れ、ほんとに見惚れるほど美しい。そして演技力はこの頃からピカイチ。
新米警察官ながら、たまたま最初に通報現場に駆けつけた事で、天才的な犯罪分析官のワシントンにその才覚を見出され、街を脅かす連続猟奇殺人事件の解明に挑むことになったアンジー。
ワシントンは、4年前の仕事中の事故で首から下を動かせず、ベッドから動けない。
初めはワシントンに対して警戒しツンツン尖ってたアンジーが、悪戦苦闘しながらもチームとなって、ワシントンの手となり足となり犯人を追ううちに、何かが、変わる。

ワシントンがアンジーの過去を知り、ある魔法の言葉をかけると・・・
パチンと指を鳴らして呪文から覚めたように、アンジーは大粒の涙と共に過去の囚われから解放されて。次第に心を開き、自分の力を信じて全力で前に進む姿に、今回はすごく、ビビッ!ときて。

(今の私にも少しリンクするのでしょうか?わかりませんが…)
ワシントンがアンジーにかけた言葉、ぜひちゃんと聞いてください。グッとくる。

一方でそんなワシントンの方も、脊髄の損傷により時折酷い発作に見舞われ、いつかは植物人間になると宣告されている身。そうなる前に、安楽死を考え、その時期をそう先ではないと、自ら準備もしている。
この事件を解決するまでは、死ねない…
なんとしても、ホシを挙げてみせる…という執念と、その頭脳明晰ぶりには周りも下を巻く。

そう、最強のタッグを組んだ2人。

さぁ、ラスト、全く予想のつかない犯人に見た人は驚くことでしょう。

凄惨な連続殺人事件の結末は・・・
そして、2人の運命は・・・

この2人が出逢って良かった。
心からそう思う。
2人の人生が、180度変わった。

ラストシーンのアンジーの幸せそうな顔!
ワシントンの、優しい笑顔!

これ以上書きませんが、残酷な描写もあって基本的にはクライムサスペンスだけど、ドラマチックな終盤がとても好きです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mariko

3.0寝たきりでも謎解き

kossyさん
2018年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 119と4の数字。剥き出しの骨と結婚指輪。鉄のボルトとアスベスト。現場写真だけで推理できるほどの犯罪研究家。電話でアンジェリーナ・ジョリーに指示して手がかりを得る。

 ハラハラする展開。ミスリードさせるテクニック。面白いのだけど、観客はかやの外。時系列そのまま進むサスペンスも最近になっては珍しいのかもしれませんね。だから、推理する余地を与えてくれない(警察関係者が怪しいということくらい)し、被害者が死ぬかどうかくらいのスリルくらいしかないのです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ボーン・コレクター」以外にこんな作品をCheck-inしています。