スチュアート・リトル

劇場公開日:

解説

リトル家はやさしいパパとママ、一人息子のジョージ、猫のスノーベルの幸せな4人家族。ある日、弟を欲しがるジョージのために養護施設に訪れたリトル夫妻は、人間の言葉を話すネズミ、スチュアートに出逢い、気に入って養子にもらい受ける。家族を持つという夢が叶って大喜びのスチュアートだが、人間の弟を欲しがっていたジョージは不満顔。スノーベルも自分がネズミのペットになるのが気にくわないのだった……。

1999年製作/84分/アメリカ
原題:Stuart Little
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
劇場公開日:2000年7月15日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 アカデミー賞(2000年)

ノミネート

視覚効果賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0録画が遅れ冒頭を見損なったが、昔に見ていたはずなのでまあいいだろう...

2022年8月9日
iPhoneアプリから投稿

録画が遅れ冒頭を見損なったが、昔に見ていたはずなのでまあいいだろう。
ネズミを養子って…セレブの博愛主義もここまで来たか(純な心を忘れた嫌な大人です 笑)
しかし物語が進むにつれてどんどん家族になっていくリトル家に引き込まれます。しっかりしたストーリー、ミニオンとえらい違い(笑笑)
ファミリーで楽しめる見て損のない映画。優しそうで綺麗な母親が良かった。
TVO吹替版鑑賞

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はむひろみ

3.5かわいかったので許す

2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿

WOWOWでやっていたので鑑賞。
いろいろ突っ込みどころはたくさんあるけど、
スチュアートとジョージがかわいかったので、
それでいいかと。
スチュアートのCG良かったです。
吹替でみたけど、藤原竜也がかわいい声で演じていたのも新鮮でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
リョウコ

2.0原作は児童向けなんだろうな

2020年5月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

個人的な事だがわたしはネズミが嫌いである。
別にドラえもんを崇拝している訳じゃなく、ウィルスや菌の媒介、そもそもの不潔さからどうしても好きになれなかった。

ところがこの作品ときたらネズミを擬人化しており、ディズニーばりにしゃべり動く。

ネズミ嫌いでも観られる数少ない作品と思う。
「マウスハント」もネズミを主人公にした名作ではあるが、此方の方がメジャー感はある。

お暇な時に子どもと観る作品としてはそこそこ楽しめます。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
うにたん♪(何観ても文句書きそうな気分)

3.0実はリアル?

2018年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ネズミとネコがかわいくコミカルに話を展開していくが、明るすぎる親戚や、兄ジョージの葛藤部分がリアルだったので、もしスチュアートを人間が演じていたらとても生々しくてシリアスになってしまっただろう。
そういう意味ではネズミにしたことで子供も楽しく見れる映画になって良かったと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
チンプイ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スチュアート・リトル」シリーズ関連作品