ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ

劇場公開日:

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ

解説

歌手・俳優・映画監督・小説家など多岐にわたり活躍し、後世に名を残したセルジュ・ゲンズブールの初監督作品。ゲンズブールが1969年に発表し、性行為を思わせる歌詞など官能的な内容で物議をかもした反面、イギリスや日本など世界各国で大ヒットを記録した楽曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をモチーフに、ゲンズブールが自らメガホンをとり映画化した。ゴミ処理をしながら町を転々とし、仕事仲間以上の強い絆で結ばれているクラスキーとパドバン。2人は立ち寄ったカフェで、ウェイトレスとして働くボーイッシュな女性ジョニーと出会う。クラスキーとジョニーはお互いに興味を持つのだが……。ゲンズブールが監督のほか脚本、音楽も担当。ジョニー役は、モチーフとなった楽曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をゲンズブールとデュエットしたジェーン・バーキン。日本では1983年に「ジュ・テーム…」のタイトルで初公開されたが、赤裸々な性描写のシーンは修正が加えられ、英語版での上映だった。1995年のリバイバル上映およびビデオ発売以降、タイトルは「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」。ゲンズブール没後30年となる2021年には、「4K完全無修正版」でリバイバル公開。

1975年製作/90分/R18+/フランス
原題:Je t'aime moi non plus
配給:セテラ・インターナショナル
日本初公開:1983年12月

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)1976 STUDIOCANAL - HERMES SYNCHRON All rights reserved

映画レビュー

3.0若きジェーン・バーキンの異常な可愛さが印象的でした。 とてもいい顔...

2022年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

若きジェーン・バーキンの異常な可愛さが印象的でした。
とてもいい顔してました。
それだけで観賞価値あります。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tuna

3.5【中性的なジェーン・バーキンの肢体が印象的な作品。セルジュ・ゲンズブールが愛した女性を美しく描いた作品。小学生時代に、ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュを聴いた時の衝撃は、忘れ難い。】

2022年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

興奮

■トラックでごみの回収をしながら暮らすクラスキーとパドヴァン。
 2人は立ち寄ったカフェバーで酒飲みの主人ボリスに反発しながら働くボーイッシュな少女・ジョニー(ジェーン・バーキン)と出会う。
 その夜、クラスキーとジョニーはダンスパーティで意気投合するも、クラスキーはゲイで、いざというときに男になれない・・。

◆感想

・今作は、2021年に、4K完全無修正版として、劇場で観たが余り心に響かなかった。理由は明確で、物語構成が単調で”無修正”を前面に出しながらも、シンプル過ぎたからである。

・但し、ジェーン・バーキンが当時恋人だったセルジュ・ゲンズブールの初監督の映画だとして、全裸を晒した演技には敬服する。
 更に言えば、日本の大島渚監督の「愛のコリーダ」の湿性溢れる映像とは異なり、同じく全裸なのだが、今作のジョニーと、クラスキーの性交シーンには、乾性があり、エロティシズムの描き方に、フランスと日本では、随分違うものだな、と思ったモノである。

・映画館で観た際にはレートは、R18+であったが、余りそれは感じなかったかな。

■小学生時代に、ジェーン・バーキンの喘ぎ声の入ったジュ・テーム・モワ・ノン・プリュを聴いた時の衝撃は、忘れ難い。(そりゃ、そーだ!)
 当時から女子にはモテていたが(ホント、スイマセン・・)、”別の大人の世界がある!”と思ったモノである・・。

<私は、小学生時代にフレンチ・ポップに嵌り、ジェーン・バーキン&セルジュ・ゲンズブールの娘である、シャルロット・ゲーンズブールの“魅少女シャルロット”に嵌り、それ以来彼女の映画&音楽のファンである。そして、遡って彼女の母親のアルバムを聴いて・・。(以下、自粛)
 今作を観ると、フランスの性分化の習熟度合は、随分前から出来上がっていたのだなあ、と思った作品である。

<2021年6月 センチュリーシネマにて鑑賞>

<2022年8月4日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (0件)
共感した! 1件)
NOBU

2.5セルジュ・ゲンズブール

2022年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

監督は才人、セルジュ・ゲンズブール、主演がスレンダー美女のジェーン・バーキンの歌謡ドラマかな。
歌はいいのだが、映画は裸満載のちんぷんかんぷん。
中性的な魅力のジェーン・バーキンを楽しむだけかな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

2.0いちおう観た

2022年2月27日
iPhoneアプリから投稿

知ってるわりに観たことなかったので。
こんな話だったんだ。

ジェーン・バーキンがほとんど裸で、撮影のとき大丈夫だったんだろうかと心配になった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hyvaayota26
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」以外にこんな作品をCheck-inしています。