ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ

劇場公開日

  • 予告編を見る
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
28%
36%
28%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

歌手・俳優・映画監督・小説家など多岐にわたり活躍し、後世に名を残したセルジュ・ゲンズブールの初監督作品。ゲンズブールが1969年に発表し、性行為を思わせる歌詞など官能的な内容で物議をかもした反面、イギリスや日本など世界各国で大ヒットを記録した楽曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をモチーフに、ゲンズブールが自らメガホンをとり映画化した。ゴミ処理をしながら町を転々とし、仕事仲間以上の強い絆で結ばれているクラスキーとパドバン。2人は立ち寄ったカフェで、ウェイトレスとして働くボーイッシュな女性ジョニーと出会う。クラスキーとジョニーはお互いに興味を持つのだが……。ゲンズブールが監督のほか脚本、音楽も担当。ジョニー役は、モチーフとなった楽曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をゲンズブールとデュエットしたジェーン・バーキン。日本では1983年に「ジュ・テーム…」のタイトルで初公開されたが、赤裸々な性描写のシーンは修正が加えられ、英語版での上映だった。1995年のリバイバル上映およびビデオ発売以降、タイトルは「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」。ゲンズブール没後30年となる2021年には、「4K完全無修正版」でリバイバル公開。

1975年製作/90分/R18+/フランス
原題:Je t'aime moi non plus
配給:セテラ・インターナショナル
日本初公開:1983年12月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)1976 STUDIOCANAL - HERMES SYNCHRON All rights reserved

映画レビュー

2.0今の感覚で言えばよくレンタル屋やネットの成人もの

2021年11月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今はNHKでもジェンダーを議論したり当事者が出演する慣用な時代になりこの作品を再公開に?R18なのでそっち方面も期待したがこの程度なら40年位前ならテレビ東京等で放送されてたレベルで制作時どの程度の評価があったのか気になるが過去の作品を観て評価する作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー

3.5よかった

2021年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦

3.5ゲイとガリガリ女と美しい曲

りあのさん
2021年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

萌える

ゴミの廃棄物運搬を仕事としているゲイのクラスキーとパドバンの2人は立ち寄ったカフェで、ウェイトレスとして働くノーブラ洗濯板のようなガリガリの女性・ジョニーと出会った。クラスキーとジョニーはお互いに興味を持つがゲイのクラスキーは正常なセックスが出来ずアナルで・・・てな話。
ジョニー役ジェーン・バーキンの体を張った演技に尽きる。
あんな洗濯板の様な胸の無いガリガリの女優はあまり居ないんじゃないかな。常にノーブラとタンクトップなのもエロかった。
45年も前にゲイを扱った脚本や全裸でアナルセックスに挑戦したジェーン・バーキンの勇気は素晴らしい。
監督が手掛けた音楽も色っぽくて素晴らしかった。
作品を一言で言えば、ゲイに負けた洗濯板の女なのかな。
一度は観賞したかった作品なので、とても満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

5.0半世紀前には先進的過ぎ。どこまでも明け透けで赤裸々なほぼ洋ピンコメディ

よねさん
2021年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ボロいダンプでゴミ収集業を営むクラスキーとパドバンは仕事帰りに立ち寄った寂れたカフェでウェイトレスのジョニーと出会う。クラスキーに惹かれたジョニーは近所の倉庫で開かれるダンスパーティにクラスキーを誘ったことからお互いに惹かれ合うが実はクラスキーはゲイで・・・。

確かに1969年という時代にしては衝撃的な内容、というかゲイのイケメンとボーイッシュな女子が試行錯誤を繰り返す結構のほほんとしたほぼ洋ピンコメディのプロット。洋ピンの全盛期は私が小学生だった70年代だったはずですので当時このまんま上映していたら洋ピンとしても先進的だったと思います。試行錯誤の上にジョニーが大声を出しては追い出されるという寸劇を延々繰り返すだけなので今同じことをやってもダダスベりするネタですが、これを半世紀前にやっていたということが画期的です。

映画が始まった瞬間に気付いたことですが、本邦初公開版を30年くらい前に深夜テレビで観てました。当時タイトルも何も知らずにぼんやり観てたので断片的な記憶しか残っていなかったこともありますが、本作はセリフがフランス語だというだけで、映像に映るのは広大な空き地やゴミ捨て場、廃墟みたいな倉庫や民宿ばかりでいかにもフレンチなものは何も映っていません。恐らく当時は英語吹替での放映だったでしょうからフランス映画であることすら判っていませんでした。

無修正版ですから無粋なボカシやモザイクはなくなっていますが、だからといって猥雑さが際立っているかというとむしろ逆で、全部何も隠されていないからこそ登場人物達の葛藤も全部見えているわけで、大胆で赤裸々な性描写がむしろ必然でありそれがカットされていたら実につまらないコメディにしかならないと思いますので、当時の記憶があやふやだったのも当然であり、今回本来あるべき形で鑑賞出来たのは光栄だったと思います。

ゲンズブール作品ということで敷居が高いイメージがありますが、本作にはそんな風格はどこにもなく、当時40代そこそこだったゲンズブールが好き勝手やった奔放な作品。馬に乗ってフラッと現れるラリラリのヘンなお兄ちゃんを演じているジェラール・ドパルデューのとぼけた演技も楽しめる結構ほんわかした作品。当時ゲンズブールのパートナーだったというジェーン・バーキンの今にもポッキリと折れてしまうそうなほどに華奢なのにずっしりとした存在感のある佇まいが印象的。

上映直前にバーキン本人によるコメント映像が流れ、当時トリュフォーが自分の作品じゃなくてこっちを観ろと言っていた等のエピソードを披露しながら、なんとなく戸惑っているような表情を浮かべていたような気がしました。それぐらい赤裸々な作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」以外にこんな作品をCheck-inしています。