バニラ・スカイ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
バニラ・スカイ
バニラ・スカイ
15%
41%
33%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

主演・製作のトム・クルーズがアレハンドロ・アメナバール監督の「オープン・ユア・アイズ」に惚れ込み、「ザ・エージェント」で組んだキャメロン・クロウ監督でリメイク。クルーズが、オリジナル作にも出演したペネロペ・クルスと本作で出会い、交際中なのも話題。ニューヨークの大手出版社の株主デビッドは、富と美貌を享受するプレイボーイ。しかし、交通事故で醜い顔になり、生活が激変。しかも彼の周囲で、奇妙な出来事が起こり始める。

2001年製作/120分/アメリカ
原題:Vanilla Sky
配給:UIP映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 アカデミー賞(2002年)

ノミネート

主題歌賞

第59回 ゴールデングローブ賞(2002年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 キャメロン・ディアス
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0バニラ色した世界。人生を生きるとは。

2021年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

難しい

理想の中に挟み込まれる悪夢。
自分が本当に望むものに向かうための潜在意識。

はまる人ははまる。
見返す度に、気づきがあり、考えさせられる。
 「選択」ー自分の人生は自分で選ぶ。
この先にあるのは、希望か絶望か。
 それでも、ラストのデイビットが下す選択を応援したくなり、勇気をもらえる。

1回目日本語字幕で視聴。視聴後、気持ち悪くなった。
 遊園地のアトラクションでグルグル振り回されてかき回された感じ。ディビットの真っ白い仮面に毒されたらしい。顔がグチャグチャになった特殊メイクより気持ち悪かった。何もかもが、白い仮面をかぶせられた人生のような気がしてきて、泣きたくなったのに、泣けなかった。自分自身であるという実感が持てなくなったような気に押し潰された。

2回目日本語吹き替えで視聴。ちょっと余裕が出てきたからか、役者さんの表現に圧倒された。
 キャメロンディアスさんが演じているジュリーの切ないこと。ディビットの誕生日パーティで、ディビットとソフィアを見つめるあの表情。こみあげてきた。他のレビューではジュリーの狂気に焦点が当てられているものが多いが、恋する表情が良い。ただのエキセントリックなだけの女性ではない。抱きしめたいよ。
 対して、ペネロぺクルスさん演じるソフィア。かわいらしくて元気いっぱいで、恋する喜びに輝いていて。そして時に聖母。見ているだけで幸せになれる。
 勿論、トム様も秀逸。1回目で気持ち悪かった白い仮面の場面も、仮面被っているのに、細やかな感情が読み取れる。やっぱりすごい演技力。
 このお三方もすごいが、何気に豪華キャスト。ラッセル氏、スポール氏、テイラー氏、スウィントンさん…。

DVDに付いている監督の解説を拝聴した後、もう一度視聴。
 ああ、ここはこういうことだったのね。ここでこうするか?
 チャーリーズエンジェル VS イーサン・ハントって(笑)。そんな笑える場面じゃなくて、もっと狂気と緊迫感と切なさと悲しみに満ち溢れた場面なんだけれど…。
 DVD解説付きで良かった。2倍3倍楽しめる。観方が深まる。でも全てが解説してあるわけではないから、つい監督に電話して尋ねたくなる。

ディビットの人生は全てを手にして人生を謳歌していたはずなのに、どこかで自分の人生を生きていなかったー離人感ー(バーチャル)感じが漂っていた。
 だのに、〇〇して〇〇の方が、リア充というか現実味が増す。
 正直オチはそうくるかと納得できないところもあるけれど、その対比が見事。

 バニラスカイは、最近はやりの屋内に仮想の空を造るあの空と同じで気味が悪かった。
 すべてを真綿・バニラで包んだ心地よい夢想世界の象徴。

  自分の足で大地に立つって…。

  こういう主題をバニラ色に染め上げて表現した監督に乾杯。エンディングに流れるポールマッカトニーさんの曲もその雰囲気をさらに高める。

甘い題なのに甘くない。自分自身の人生って何なんだろうと考えさせられる作品。

(『Abre los ojos』は未見)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

4.5すごい

2021年2月4日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

怖い

この映画の設定自体もすごくて、で現実主人公は悲しいんだけどね、、と。そして、こわいなと。
あと、すごい怖いキャメロン・ディアスも観られ、改めて、キャメロン・ディアスはすごい演者さんだなと、びっくりさせられます。
メインの感想そんな書けないんですけど、とりあえず凄いんで観ておくべき映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まりえ13

3.5タイトルなし

EizoGさん
2020年10月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

(最後)怖い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
EizoG

3.5金のあるリメイク版

2020年10月8日
PCから投稿

オープン・ユア・アイズの方が好み、チープだけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Oyster Boy
すべての映画レビューを見る(全43件)