海を飛ぶ夢

ALLTIME BEST

劇場公開日

海を飛ぶ夢
20%
51%
22%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オープン・ユア・アイズ」「アザーズ」を手がけたアメナーバル監督と、「夜になる前に」のハビエル・バルデムのスペイン・コンビによる問題作。25歳の時から事故で30年もの間全身麻痺に陥っている男ラモン・サンペドロが、カトリック社会のスペインで、尊厳死を勝ち取ろうと裁判を起こしたラモンが書いた自伝を映画化。主演のバルデムが5時間にも渡るメイクで老け役に挑戦したことも話題になった。ベネチア映画祭主演男優賞、ゴールデングローブ賞及びアカデミー賞の外国語映画賞を共に受賞。

2004年製作/125分/PG12/スペイン
原題:Mar Adentro
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

受賞

外国語映画賞  

ノミネート

メイクアップ賞  

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ハビエル・バルデム

第61回 ベネチア国際映画祭(2004年)

受賞

審査員特別グランプリ アレハンドロ・アメナーバル
ボルピ杯(最優秀男優賞) ハビエル・バルデム
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0死に向かって邁進する映画は初めてだ。

JYARIさん
2020年1月9日
PCから投稿

主人公がいきなり、悲観的だ。
死にたがっている。
しかし、それは彼の誇りのための死だという。

印象的なのは、尊厳死反対派のキリスト教徒との議論。反対派は
「命を代償にする自由は自由ではない。」
しかし、主人公はこう言い返す。
「自由を代償にする人生は人生ではない。」
それが正解とは言い切れないのが人生であり、その答えを求め行く旅が人生だと個人的には思っている。

「命は自らの所有物ではない。」
この言葉に私は最も感銘を受けた。自分で所有していると思っているのが間違いだと。
なるほど。この命は親のもの。友人のもの。社会のもの。地球のもの。大きなものに所有されているとしたら、生きていく責任はぐっと重くなる。

私個人としては、安楽死には賛成である。
大賛成である。
今の私には、死んでいい理由は見つかるが、生きることを義務とする理由が見つからない。
”生きる義務”
それは私には重すぎる概念であり、憂鬱にさせる一つの原因にもなりうる。
簡単にいうと、そう思いながら生きていくのは、しんどすぎる。
社会の一部、ほんの一握りの恵まれた環境で生きる人間でない限り、常に生き生きと生活するのは難しいんじゃないかと思っている。
そして、死という選択が頭をよぎった経験をほとんどの人が持ち、それらの人々は尊厳死を認めると思う。

まずそういう経験をしてしまう人々が最小限になるような法律を定めたあとで、
尊厳死は認めないと言ってほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

4.0人としての尊厳とは何かと問うてみた

2017年10月27日
iPhoneアプリから投稿

事故で四肢麻痺になり、家族の献身的な愛に支えられながらも、己の生きるという尊厳を貫きたく、尊厳死を選択したラモン・サンペドロの実話に基づく物語。
登場人物それぞれの心情が丁寧に描かれており、立場によって尊厳死の可否が変わるのがよく理解できる。
「生きることは義務ではなく権利だ」と言うラモンの言葉が身につまされる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
苦肉の策子

4.0人生は本当に素晴らしいのか

2014年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きのこの日

4.0視聴者に双方の意見を聞かせ考えさせる

Cape Godさん
2013年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

総合:75点
ストーリー: 75
キャスト: 75
演出: 75
ビジュアル: 70
音楽: 75

 何があってもどんな環境におかれても、生きるということが最優先とする価値観が至上であると決め付ける人も大勢いる。だが一方で「尊厳死」という言葉が生まれ大きな議論を巻き起こしているのは、尊厳死を望む人が大勢いるからでもある。生きることが苦しみである人がいるからである。
 この作品は視聴者に考えることを要求する。同じように首から下の麻痺した人が、それでも生きるべきだと説得にも来る。家族や友人の反対もある。しかし主人公の決意は揺るがない。同時に彼の支持者もまたやってくる。彼らは彼の不幸や苦しみを理解していく。彼は尊厳死を望んだ。だが一方的にどちらがいいかをこの映画は断言しない。最初から結論を決め付けるのではなく、どちらがいいかを考えるのは視聴者である。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る