恋人よ帰れ!わが胸に

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 ジャック・レモンとウォルター・マッソーの黄金コンビが誕生したコメディ作品。フットボールの試合を撮影中、カメラマンのハリーは選手に激突される。軽症で済んだが、義理の兄にあたる悪徳弁護士の入れ知恵で、重傷に仕立て上げられる。なんと、選手の所属チームなどを相手に損害賠償を請求しよう言うのだ。気の進まないハリーだったが……。弁護士役のマッソーがアカデミー助演男優賞を受賞。

1966年製作/125分/アメリカ
原題:The Fortune Cookie

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 ゴールデングローブ賞(1967年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ウォルター・マッソー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0本当のテーマは黒人公民権運動への応援歌

あき240さん
2018年12月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

邦題名は内容にそぐわないかもしれない
かと言って原題のフォーチュンクッキーではもっとわからない
保険金詐欺のお話のようで、本当のテーマは黒人公民権運動への応援歌をコメディで観せることであった

ビリー・ワイルダー監督お得意のコメディタッチ
ジャック・レモン、ウォルター・マッソーが正に演技というか演芸の域で笑わしてくれる

終盤まではウォルター・マッソーの方が素晴らしく、ジャック・レモンは車椅子に縛られている役のようにいまいちな感じ
しかし、終盤で一気に爆発する
ラストシーンの深夜のスタジアムでの二人だけの試合は最高の終わり方であった
詐欺の片棒を担いで共犯になったような観客のモヤモヤ感を、彼の笑顔が吹き飛ばしカタルシスを持って映画を締めくくっている
ビリー・ワイルダー監督の見事な腕だ

1966年は黒人の公民権運動が全米を揺るがしていた時代であり、その最中に本作は製作されたのだ

ジャック・レモンが私立探偵の黒人差別発言のわざとらしい挑発に我慢できず殴り倒してしまうシーン
そして詐欺事件の犠牲となったフットボールの黒人スター選手との和解シーン
これこそが本作のテーマだったのだ

当然白人だけでなく黒人達も映画館に詰めかけて喝采を送ったことだろう

単なる時節問題としてでなく、人権、モラル、良心の問題として、それをコメディの衣で見事に娯楽作品としてまとめ上げている
正にプロの仕事だ

別れた尻軽の美人妻の話なぞ、それこそ刺身のつまでしかない
第一、元妻であって恋人ではない
その上、主人公は終盤で落ちたコンタクトレンズを探して床に這いつくばる元妻の尻を軽く蹴飛ばして去ってしまうのだ

ひょっとしたら邦題の「恋人よ帰れ!我が胸に」というその恋人の意味は、実は「良心」というという意味として日本の配給会社の宣伝マンがそこまで考えて付けたものなのかもしれない
だとしたら昔の人は本当に凄い人がいたと感嘆するほかない

ジェミニ計画とは、月着陸アポロ計画の前段階の計画、有人宇宙飛行ジェミニ計画からとられたもの
だから、悪徳弁護士がジェミニ計画司令部に連絡しろと私立探偵二人に呼び掛けるのはそういうこと
もちろんジェミニとは双子の意味で、探偵二人が交代の不眠不休で監視するということにかけてある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「恋人よ帰れ!わが胸に」以外にこんな作品をCheck-inしています。