愛についてのキンゼイ・レポート

劇場公開日

愛についてのキンゼイ・レポート
0%
25%
67%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1948年、セックスについての統計をまとめた「キンゼイ・レポート」を出版して全米にセンセーションを巻き起こしたインディアナ大学の助教授キンゼイ博士。著作はベストセラーになるが、キンゼイには苦難の日々が待っていた。実在したキンゼイ博士と妻クララの絆を描く人間ドラマ。監督・脚本は「ゴッド・アンド・モンスター」のビル・コンドン。ゴールデン・グローブ賞の作品賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネート。

2004年製作/118分/R15+/アメリカ
原題:Kinsey
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) リーアム・ニーソン
最優秀助演女優賞 ローラ・リニー
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0エポックメイキング

kossyさん
2018年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0性のお勉強

2010年2月18日
PCから投稿

単純

興奮

たまたまツタヤでしゃがんだら
見つけた作品。

研究にのめり込み
ひたすら性についてのデータを集める。
何が許されて、何が許されないか。。
世間の常識と自分の倫理感がだんだんとずれていく・・・

あと5年前に観ていたら、
あと5年後に観ていたら、
何かをキッカケに
これを観て感じることが
全く変わってくると思う(・ω・)!!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あんでぃjjjjj

4.0ビル・コンドンからキンゼイ博士へのラブ・レター

2009年2月4日

泣ける

笑える

本作の監督のビル・コンドンは、ゲイであることを既にカミング・アウトしているが、彼が自身の作品の題材として、あらゆる性癖に対する偏見と誤解を取り除くことに心血を注ぎ、性の持つ大らかさや素晴らしさを訴えたキンゼイ博士を取り上げたのは、必然のことだろう。

 映画全編を見渡してみても、コンドンのキンゼイ博士に対する愛情が至るところに溢れている。例えば世間からの激しいバッシングを受け、研究への資金援助も断たれ、自分の研究が無為なものであったのかと打ちひしがれたキンゼイ博士の元を訪れたレズビアンの女性が博士に語りかけるその言葉は、まさにコンドン監督からキンゼイ博士へのラブ・レターそのもの。それは、性別や性癖の壁を超えて感動的なのだ。

 と、ここまで堅い話をしてきたが、この作品は、もちろんノンケの人が観ても楽しめる作品(私もノンケです。あしからずw)。中でも、内に秘めた同性に対する興味に目覚め、自分の愛弟子とベッド・インしてしまうキンゼイ博士の猪突猛進ぶりは、自分の家族に持ったら困り者かもしれないが、観ていて何とも微笑ましいのだ。ちょっときれいにまとめ過ぎたきらいもあるが、そこら辺は好みの問題。秀作であるのは確かだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダース平太
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「愛についてのキンゼイ・レポート」以外にこんな作品をCheck-inしています。