フレディVSジェイソン

劇場公開日:

解説

84年の「エルム街の悪夢」から計7作で恐怖を与えてきたフレディ・クルーガーと、80年の「13日の金曜日」から計10作で殺害を続けてきたジェイソン・ボーヒーズ。フレディ役は全作通して演じてきたロバート・イングランド、ジェイソン役は89年の「13日の金曜日Part8/ジェイソンN.Y.へ」でスタント・コーディネーターを担当、俳優としても活動するケン・カージンガー。監督は「チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁」のロニー・ユー。

2003年製作/98分/PG12/アメリカ
原題:Freddy vs. Jason
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0古き良き80年代テイスト

2022年4月18日
iPhoneアプリから投稿

80年代ホラーを代表する2人が対決するとなって興奮しない男は居ない。

ストーリーも単純なのだが上手くフレディ・ジェイソンをホームandアウェイで対決させてくれた事に感謝。
後に続く◯◯バースの先駆けとしての功績が大きく、この映画が成功しなければ「アベンジャーズ」も無かったかも知れないし、ゴジラも猿と会う事は無かったかも知れない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
成龍

2.0ドタバタ・ホラー

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ホラーは、あまり好きではない。しかし、『キャリー』や『シャイニング』等の名作と言われる作品は、そのシチュエーションと脚本により、優れた恐怖を植え付ける。

本作のフレディもジェイソンも,ホラー映画の二大巨頭のキャラであり、上映当時は、観る者を恐怖のドン底に突き落とした。しかし、本作は如何なるものか、と疑問が残った。

ホラー映画の恐怖とは、見えない敵や暗闇の中から,ヒタヒタの忍び寄り、振り向けばそこに、鋭利な刃物を振り翳し、凄惨かつ残忍な殺人を犯すところにある。

しかし本作は、最初からフレディもジェイソンも姿を表して、フレディがジェイソンを操るというのも解せないシチュエーション。それに,ラストは、獲物である人間を放ったらかして、殺人鬼同士が、血飛沫あげて闘うというのは、なんかリアリティに欠ける。

まぁ,互いに殺しても,殺しても死なないわけだから、キリがないのだが…(笑)それに、フレディのメイクは、あまりに嘘臭くて、こちらも怖さを感じずコメディのよう。

制作陣は、2人の殺人鬼を闘わせて、2倍の恐怖を企んだのだろうが、これでは、ホラーとしてのストーリーも怖さもB級以下だった。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
bunmei21

1.5遊び過ぎ

2021年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ちょっと遊び過ぎだよなあ。
企画そのものがプロレス的な発想だし、客はそれを承知で楽しめばいいんだけど、これはだいぶズレてると思う。
両作品とも所謂、B級ではない、と個人的には思っているので、そこの違和感かな。。これは端からB級でおとすつもりで作ってる。(ジョーク、っていうほうが適当かな)

時間の無駄、と途中で悟ったのでスキップ。エイリアンプレデターのほうがまだマシ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
okaoka0820

4.0夢でも現実でも殺される・・・

2020年8月29日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る